大学受験本番で緊張しないための12の方法

受験 緊張しない方法 メンタルマネジメント




模擬試験や、検定の試験などなど、試験を受ける時って緊張しますよね。

 

模試を受けるときでも試験用紙が配られてから、試験監督の「はじめ」の合図があるまでの、1秒1秒が何倍にも引き伸ばされたような張りつめた空気で嫌でも緊張してしまいます。

 

大学受験当日の緊張はそれよりもはるかに強いものでしょう。口がぱさぱさして、おなかが痛くなるような緊張感に試験どころではない状態になってしまうかもしれません。

 

緊張のあまり頭が真っ白になって自分の実力が全然出せないなんてことにならないためにも緊張しない方法を知っておきましょう!

 

緊張をしないためには、当日にすることと同じくらい事前の準備も大切です。

 

・試験で緊張しないための前準備

・試験当日にすること

今回の記事ではこの2つにわけて紹介していきます。

 

はじめに:緊張は悪いことではない

緊張は必ずしも悪いことではありません。むしろ、適度な緊張は集中力を上げてくれ、成果を出しやすいです。

緊張感が一切ない状態で試験を受けてしまっても、だらだら解いてしまい時間に間に合わなかったり、注意力が散漫となりミスが出てしまったりしてしまいます。

 

もちろんガチガチに緊張してしまっては本来の実力が出せませんが、ある程度の緊張は必要なのです。

試験の時に適度な緊張は必要

緊張しすぎて受験本番で失敗…とならないための前準備

試験本番の時に緊張しないで100%の力を出し切るためには事前準備が必要です。

事前準備の4つの方法をみていきましょう。

 

過去問を解いて本番を意識しよう

緊張しない方法「過去問を解く」

人間はよく見知ったものや人に対しては緊張しないものです。

反対に、何が起こるかわからないという状況や初めて話す人と会話するといったときは緊張しますよね。

 

これは試験でも同じで、どのような問題がどのような順番で出るのかを知っていることは緊張を和らげてくれます。

緊張しないためにも、普段の勉強のなかでしっかり過去問を研究することを必ずしておきましょう。

 

模試を受けて本番慣れしておこう

人間は何回もしていることには緊張しなくなっていくものです。

そこで、試験を受けることを何回もしておくことで本番の緊張を抑えることができます。

 

模試を何回もうけておくことも大事です。

また、私立の大学で試験日程の早い大学を受験して試験本番の空気を体験しておくこともいいですね。

 

また、模試をうけるときに必ずすることを決めていると、本番の時もその行動をすることで

「いつもと同じだから大丈夫」

と思えるので普段通りの調子で試験を受けることができますよ。

当日の道のりやスケジュールを確認しておこう

試験会場までの道順や、試験当日のスケジュールを知っておくと緊張感が減ります。

事前に一度試験会場に訪れておきましょう。

また、試験当日は何時に起きて、何時に家を出て、何時頃に試験会場に着くかを想定しておき、当日に乗る電車の時間などもしっかりと確認しておくようにしましょう。

 

夜は早く寝よう

受験で緊張しない方法「前日は早く寝る」

夜遅くまで起きていると自立神経が不調になってしまったり、ホルモンバランスが崩れたりしてしまい、感情面に大きな影響が出てきます。

 

健全な心は健全な体に宿るという言葉通り睡眠や食事のバランスが良くなると気持ちも前向きになります。逆に睡眠や食事のバランスが悪いと不安感強くなったり過剰な緊張を引き起こしたりします。

 

受験勉強の期間は規則正しい生活をするようにしていきましょう。

 

普段の勉強が緊張をほぐしてくれる

普段の勉強をしっかり行っておくことで試験の時に「あれだけ頑張ってきたから大丈夫」と思えます。計画をしっかり立てて日々努力をすることは成績だけじゃなくてメンタル面の支えにもなってくれるのです。

 

まとめると、次のようになります。

・過去問を解こう
・模試や試験の早い大学の入試を受けよう
・当日の道のりやスケジュールを確認しておこう
・夜はしっかり寝よう
・日々の努力をしっかりしよう

試験本番の時に行う緊張のほぐし方

ここでは試験本番の時に行えば緊張が和らいでいって、自分の実力を出し切れるような方法を紹介していきます。

朝ごはんはしっかりと食べよう

朝ごはんは脳を活性化させて、試験の時に頭が動いた状態を作るために必要だというのはもちろんなんですが、朝ごはんを食べることによってメンタル面も変わってきます。

 

緊張や不安というのは一種の脳が出す信号で、この量は体のコンディションによって大きく変わってきます。

 

朝しっかりとご飯を食べることで、体のコンディションを整えておくことは非常に重要です。

 

こちらの記事に当日の朝に食べるべきものを特集してるので見てみてください!

受験生と食事は切り離せない!?

2018.02.11

使い慣れた筆記用具を使おう

入学試験だからと気合が入るのはわかりますが、すべて新しい文房具で試験を受けると余計に緊張してしまう原因にもつながります。

 

使い慣れないペンが痛くて集中できなかったというような事態も避けたいですし、試験の時は普段から使っている文房具を使うようにしましょう。普段と同じものを使っていることは少なからず安心感を持つことが出来ます。

 

周りを見渡してみよう

問題用紙から意識を少し外して落ち着くためにも周りの景色を見てみましょう。

(もちろんカンニングにならない程度にですよ。)

 

「試験開始」の合図までの間に問題用紙を凝視しているとどんどん試験に対する不安が出てきます。視線を問題用紙から外して、斜め前の人を見てみるとか、試験監督を見てみるとかしていると徐々に緊張が和らいでいきますよ。

 

音楽を聴こう

緊張をほぐすにはリラックスをするのが一番です。リラックスするために休み時間や試験開始までの間など音楽を聴くのもいいでしょう。

 

好きなアーティストの曲や、受験応援ソングを聴くと勇気が湧いてくるので試験に前向きに立ち向かえるようになりますよ。

 

注意事項などの説明が聞こえないと大変なので時間があるときだけにしておきましょう。

 

深呼吸をしてみよう

 

深呼吸は気持ちを落ち着かせる効果があります。いつでもどこでもできるので、試験時間中でも一度気持ちを落ち着かせたいときなどに非常に有効な手段です。

 

5秒間吸って5秒間吐くことを2回繰り返すだけでもかなり気持ちが落ち着くので意識してやってみるようにしましょう。

 

体を少し動かそう

体を動かすと血液の流れがよくなるので、頭も働きやすくなるし、緊張もほぐれておすすめです。前に向かって伸びをしたり、体を少しひねるようにして動かしたりして体をほぐすようしましょう。

 

また、休み時間は積極的に立ち歩くようにして、ずっと座りっぱなしにならないようにしましょう。

 

試験は全問題解く必要はないことを思い出そう

試験中にできない問題が出てくると途端にパニックになってしまう人がいます。パニックになってしまうと、本来解ける問題も解けなくなってしまうかもしれません。

 

そこで、思い出してほしいのですが、大学受験は全問正解しなくても大丈夫なんです。

解けない問題があっても合格点を取れたらいいのです。

 

試験中にわからない問題が出てきたときにはこのことを思い出して焦らないようにしましょう。

 

まとめると、

・朝ごはんをしっかり食べる
・使い慣れた筆記用具を使う
・周りを見渡してみる
・音楽を聴く
・深呼吸をしてみる
・体を動かしてみる
・試験は全問題解かなくてもいい
となります。

まとめ

いかかでしたか?
受験までにしておく準備として
・過去問を解こう
・模試や試験の早い大学の入試を受けよう
・当日の道のりやスケジュールを確認しておこう
・夜はしっかり寝よう
・日々の努力をしっかりしよう
受験当日にすることとして、

・朝ごはんをしっかり食べる
・使い慣れた筆記用具を使う
・周りを見渡してみる
・音楽を聴く
・深呼吸をしてみる
・体を動かしてみる
・試験は全問題解かなくてもいい

 ということを紹介してきました。
これらを実践して、受験本番で緊張しないで100%の力を出し切って志望校に合格してくれると嬉しいです。