大学受験を独学で攻略するための勉強法

大学受験を独学で攻略するための勉強法 勉強法




今回は塾や予備校へ通わず独学で受験勉強を進めたいと思っている人向けに、独学で大学受験をクリアするための勉強法や、独学のメリット・デメリットについて紹介していきたいと思います。

 

大学受験を独学でやっていくことは可能か

そもそも、大学受験を独学でやっていくことは可能なのでしょうか?
この問いに対しての答えは「可能」です。塾や予備校に通うことなく、独学で志望校に合格している受験生は毎年たくさんいます。

 

ベネッセ教育総合研究所の学習塾・予備校の利用調査によると、全国の高校生の過半数が塾や予備校に通っていないことが分かっています。このことからも分かるように、塾や予備校に通わなくても受験勉強を進めて行くことは可能なのです。

 

ただ、独学にはメリット・デメリットや注意点がいくつかあります。独学での受験勉強を考えている受験生はこの記事をしっかり読んで、独学のメリット、デメリット、注意点や勉強法を理解してほしいと思います。

 

独学で勉強するメリット・デメリット

独学のメリット

自分のペースで勉強を進められる

 

独学の最大のメリットは自分のペースで勉強を進められることです。塾や予備校に通うとカリキュラムに沿った勉強の進め方を求められることがあります。

 

対して独学は、自分の理解度に合わせた問題集や参考書を使用し、自分に最適な勉強の計画を立てることが可能です。

 

また、苦手分野や苦手科目の勉強に時間を取ることができ、受験勉強において必須である自分の弱点を補うための勉強が容易にできます。

経済的負担が小さい

 

独学で勉強するのは経済的負担が少ない

 

塾や予備校に通うと当然、通塾代がかかります。さらに通常の授業料に加え、テキスト代、春期講習・夏期講習・冬季講習などの講習費や交通費などもかかります。

 

金銭面を気にせず受験に最適な環境を整えられることが理想ですが、家庭の経済的事情で厳しい人も多いでしょう。その点独学では経済的負担が極端に小さく済むというメリットがあります。

 

通塾の時間がかからない

 

塾や予備校に通わず独学で勉強していくなら、おそらく自宅か学校で勉強をする人が多いかと思います。その場合は、通塾した場合にかかる移動時間を勉強時間にあてることができます。

 

一回の通塾にかかる時間はそこまで多くないとしても、長い期間で見た時に移動時間を全て勉強時間にあてると考えるとかなりの差ができます。通塾にかかる時間を勉強時間に回すことで、トータルの勉強時間を大幅に増やすことができます。

 

独学のデメリット

 

勉強計画を全て自分で立てる必要がある

独学では自分の学力を客観的に把握して、自分に合った勉強計画を全て自力で立てる必要があります。

 

どのような参考書や問題集が自分に合っているのか、どのようなペースで勉強を進めていけば良いのかなどの、勉強計画を立てるために必要な情報も自分で収集する必要があるのです。

 

モチベーションを保ちにくい

 

塾や予備校に通えば、あなたの隣には一生懸命勉強をしている受験生がいます。その姿に触発されてやる気が上がることもあると思います。

 

独学ではそのような環境に身を置くことが、通塾している場合に比べると少し難しいかもしれません。モチベーションに左右されやすいという自覚がある人は注意が必要です。

 

自己管理が必要

 

独学の勉強法では自己管理が必要

 

通塾すれば塾の授業や講習が入っている時間には半強制的に勉強に取り掛かる必要があるのに対して、独学では自分で勉強時間の管理をしなければいけません。

 

独学では勉強時間も休憩時間も自分で決めることができますが、そのことがアダとなって怠けることがないように自己管理を行う必要があります。

 

独学での勉強法

 

以上のメリット・デメリットを踏まえた上で、独学での勉強法を紹介します。

ネットで情報収集する

 

ネットがこれだけ普及している現在、ネットを有効活用することで有利に受験勉強を進められます。

 

志望校のレベルにあった問題集、各大学の出題傾向や頻出分野、効率的な勉強法、大学受験の体験談など。塾や予備校に通わないことで少なくなる情報量をネットの情報で補うことができます。

 

また、「Yahoo!知恵袋」や「教えて!goo」などの質問サイトを積極的に活用すれば、通塾することなくわからない問題や苦手分野の対策ができます。

 

このように受験の情報をネット上からかき集めることで、独学での受験勉強を有利に進められるのです。

模試で自分のレベルを把握し、勉強計画を立てる

 

独学では自分の学力を客観的に把握して勉強計画を自力で立てる必要があります。模試は自分の学力が偏差値として結果に現れるため、自分の学力を図ることができる最も大きな判断材料になります。

 

模試で自分の苦手分野・科目を把握して、そこを優先して勉強計画を立てて行くと良いです。

モチベーションを保ち、自己管理を行う

 

独学ではモチベーションを保つことが難しいため、徹底した自己管理を行う必要があります。

 

モチベーションを保つ方法としては、音楽を聴く、やる気の出る名言を見る、仮眠をとるなど、いろんな方法があるので自分にあった方法をなるべく早く見つけましょう。

 

しかしまずは、モチベーションが下がっても勉強せざるを得ない環境に身を置くことが最優先事項です。カフェ、高校、図書館など、勉強以外の選択肢が少ない環境で勉強するようにしましょう。

 

自己管理の方法としては、1日の初めにその日勉強する内容を決めて、それらに優先順位をつけて勉強を進めて行くと良いです。「〇時〜×時までにこの勉強を終わらせる」と言ったように、時間に区切りをつけることで自己管理がしやすくなります。

 

まとめ

以上が独学で大学受験を攻略する際のポイントになります。独学での受験勉強を考えている人はこれらのことを抑えることで、効率的に勉強を進めて行くことができると思います。

 

勉強方法をもっと知りたいという人はこちらの記事に勉強の進め方と、科目別の勉強方法をまとめているので参考にしてください。

各科目の勉強法はこれで完全網羅!大学受験プロ式勉強法まとめ

2018.01.14