センター試験に失敗した人がすべきこと

センター試験に失敗してしまった!そんなときに受験生がするべきこととは? メンタルマネジメント




「センター試験に失敗してしまった。」「思ったようにセンター試験を解くことができなかった。」「目標の点数に届くことができなかった。」受験生の中にはこのように思う人もいます。

 

センター試験に失敗してしまうと、すごく落ち込んでしまいます。しかし、次の行動がとても大切になってきます。

 

センター試験が終わってから約1か月間、大学の二次試験のために時間を使うのです。センター試験後の期間は、あまりうかうかしていられないのが現実です。

 

この記事ではセンター試験に失敗した人に向けてアドバイスや対策のお話をしていきます。

大学受験のセンター試験で失敗してしまったひとへ

大学受験のセンター試験で失敗してしまったひとへ

センター試験に失敗してしまった・・・

 

もう人生終わってしまったような感覚になるときがあります。

 

センター試験の結果は志望校をほぼ決定するほど重要な試験です。センター試験に失敗したら、志望校に行けない可能性がすごく大きくなります。

 

一番重要なのは、センター試験が終わってから、あなたがどのように行動するかです。

 

センター試験が終わっても、二次試験が残っています。二次試験の対策をしなければ、本当に大学に合格することはできません。

 

二次試験まで勉強をする余裕がなく、諦めてしまう受験生もいます。余裕がないからといって、試験を諦めてはいけません。

 

決して諦めないでください。諦めても何かが変わるわけではありません。大事なのは次の行動に移すことなのです。

いまからやるべきことは

センター試験を失敗したらやるべきこと

センター試験が終わったあとは次の行動に移すことが重要だといいました。では、どのような行動を取っていけばよいのでしょうか?

 

行動次第で、大学受験の結果も変わってくるのです。ここでは、センター試験が終わってから、すぐにできる行動を紹介していきます。

 

気持ちを切り替える

センター試験に失敗すると、心の中がどんよりと暗いものになります。

 

この先、本当に進路をどうしたらいいのか、分からなくなる人もいます。心がモヤモヤして、二次試験対策などに手が付かない場合もあります。

 

失敗すれば、誰もが一度は立ち止まってしまいます。

 

しかし、立ち止まっていても仕方ありません。センター試験と二次試験との期間は1か月くらいなのです。

 

ボヤボヤしていても、時間が過ぎるだけです。気持ちを切り替える必要があります。気持ちを切り替えるポイントは行動を起こすことです。

 

志望校変更について考えたり、センター試験の点数の結果から二次試験の対策を始めてみましょう。まずは、今できることを一つ挙げてやってみることが大切です。

 

二次試験で必要な最低点数を知ること

センター試験が終わったあと、センターの自己採点をすることになります。センター試験の自己採点を行い、結果を確認してから、二次試験をどの大学で受験するか考えていきましょう。

 

大学の二次試験は、大学によって合格するための点数が異なっています。センター試験と二次試験の配分が半分ずつのところもあれば、二次試験の配当点数の方が多い大学もあります。

 

大学ごとの必要最低点数を確認し、対策を立てていきましょう。

志望校や学部を変更する

センター試験で失敗したとき志望校や学部を変更する

センター試験で失敗してしまうと、志望校の合格ボーダーラインに届かない場合があります。

 

センター試験に失敗したときは、志望校を変えるのも一つの手です。いまさら志望校を変えるのはとても罪悪感を感じたり、悔しい気持ちの受験生も少なくはありません。

 

センター試験で失敗して気持ちが落ち込むとは思いますが、一番重要なのは今の状況で、どの大学なら合格できる可能性が高いのかを探ることです。

 

今のセンター試験の点数で行くことができる他の大学を探すことも大学合格の戦略の一つです。

 

まずはセンター試験の結果をチェックし、他の大学の二次試験の点数の配分のチェックや合格できそうな大学を探してみることをしてみましょう。

 

第1志望の大学を受験する

センター試験に失敗したら、第1志望の大学には絶対入れないのでしょうか?このような質問を受けたことがあります。

 

もちろん、第1志望の大学に受験することはできます。第1志望の大学を受験せずに後悔するなら、受験した方がいいです。

 

しかし、センター試験で失敗しているので、二次試験で取り戻す必要があるということをしっかりと認識して欲しいです。

 

それだけ二次試験で力は求められますし、本当に自分に強い気持ちがないと合格には届きません。

 

今のセンター試験の結果では、あなたが目指している学部では難しい場合があります。本当に今の結果で大丈夫なのかしっかり見極めましょう。

 

もし、それでも第1志望の大学に行きたいときは、他の学部に合格する可能性がないのかを調べてみるのも手です。

 

第1志望の大学を目指すには、本当に強い意志が必要です。本当に強い意志があれば、あなたの努力次第で結果を変えることができます

 

二次試験までにするべきこと

センター試験に失敗したら二次試験までにするべきこと

二次試験までにするべきことは多々ありますが、その中でも特に重要な3つをご紹介します。

 

二次試験までにやっておくべきことはとてもシンプルで取り組みやすいですが、意外にきちんとできていない受験生が多いので、ここで差をつけていきましょう。

大学の過去問を解く

二次試験対策で一番有効なのが、大学の過去問を解くことです。大学の過去問を解くことで、問題の傾向をつかむことができるようになります。

 

また、よく出る分野をしっかりと把握し対策をすることで、合格に近づくためのステップとなります。

 

過去問を解く目安として、最低5回以上は解くようにしましょう。暗記するくらいのレベルまで解くことで、初めて勉強の力が付きます。特に苦手な分野は10回でも復習を行い、確実に解けるようになりましょう。

 

模試で苦手な分野の演習

過去問を解くだけでも十分な対策になりますが、違った角度から問題を出されたときに対応できない場合があります。なぜなら、本番でも同じ形式で問題が出題されるとは限らないからです。

 

過去問で良く出る分野を問題集で繰り返し解くことで、さらに勉強の力を付けることができます。問題集でも最低は5回は解くようにし、問題に対応できるように頑張りましょう。

 

体調管理は引き続き万全に

センター試験前はインフルエンザにかからないように予防接種をしたり、早寝早起きを心掛けていた受験生が多くいます。

 

二次試験でも、センター試験と同じように、体調には気を付ける必要があります。2月に受験する二次試験の期間は真冬の時期なので、まだまだ風邪を引きやすい時期です。

 

しっかりと3食ごはんを食べ、体調は常に万全になるように心がけましょう。

 

二次試験に逆転合格する人の特徴

二次試験で合格する人の特徴

それでは、どのような人がセンター試験で失敗しても二次試験で逆転できるのでしょうか。その特徴を紹介します。

部活がギリギリまであり時間が取れなかった人

野球、バレーボール、陸上、サッカーなど、部活を高校3年生までずっと続けており、勉強ができなかった人は二次試験で逆転する人が多いです。

 

その理由として、部活をしている人は集中力がとても高い傾向があります。部活をしている人は勉強も集中して短期間で取り組むことができるからです。

 

夏まで部活していた人は他の受験生に比べて、勉強時間が少ないと感じるので、他の受験生に追いつこうと必死に努力する傾向があります。

 

部活を続けていても、他の受験生に負けたくないという気持ちが強いのであれば、逆転合格も夢ではありません。

 

センター試験が苦手な人

マーク式の試験は苦手だけれど、記述問題を解くのは得意な受験生もいます。もし、あなたがそのタイプなら二次試験から逆転合格の可能性は高まります。

 

多くの受験生は、記述問題よりもマーク式の試験の方が得意です。記述問題を解くのが得意なのであれば、他の受験生よりもアドバンテージがあります。

 

センター試験の配点が低い人

大学によって、センター試験と二次試験の配点は異なります。二次試験の配点が高いとセンター試験で失敗したとしても、逆転のチャンスは十分にあります。

 

もし、あなたが受ける大学の二次試験の配点が高いのなら、今から赤本や参考書で何度も問題演習を行い、対策を立てていきましょう。

 

まとめ

センター試験で失敗してしまうと、次の行動ができなかったり、大学受験のモチベーションが下がる場合があります。

 

しかし、センター試験だけで大学が決まるわけではありません。二次試験に向けて、しっかりと対策を立てていくことが重要です。

 

自分を追い込み過ぎず、今のベストを尽くすことで未来は切り開くことはできます。今回ご紹介した方法はセンター試験後に役に立つポイントなので、しっかりと実践していきましょう。