センター試験に失敗した人がすべきこと

センター試験に失敗してしまった!そんなときに受験生がするべきこととは? メンタルマネジメント




センター試験に失敗し目標の点数に届かない受験生は毎年います。

この時、すごく落ち込んでしまいますが、次の行動がとても大切になります。

約1か月間、大学の二次試験のために時間を使うためあまりうかうかしていられません。

この記事では失敗した人に向けてアドバイスや対策のお話をしていきます。

センター試験で失敗してしまった人へ

大学受験のセンター試験で失敗してしまったひとへ

センター試験に失敗すると、志望校に行けない可能性が高くなるために人生が終わったような感覚に陥ります。

しかし、一番重要なのは、終わった後にあなたがどう行動するかです。

まだ、二次試験が残っている以上は対策をしないと、大学に合格できません。

二次試験まで勉強をする余裕がなく、諦めてしまう受験生もいますが余裕がなくても試験を諦めてはいけません。

決して諦めないでください。諦めても何も変わりません。大事なのは次の行動に移すことです。

センター試験に失敗した人が今からやるべきことは

センター試験を失敗したらやるべきこと

センター試験が失敗したらは次の行動に移すことが重要だといいました。では、具体的にどんな行動を取ればよいでしょうか?

行動次第で、大学受験の結果も変わりです。ここでは、センターの後すぐにできる行動を紹介します。

気持ちを切り替える

センター試験に失敗すると、心の中がどんよりと暗いものになり、進路をどうするのか分からなくなる人もいます。

心がモヤモヤして、二次試験対策に手が付かない場合もあります。

しかし、センター試験と二次試験との期間は1か月くらいなのです。

ボヤボヤしていても時間が過ぎるだけなので気持ちを切り替える必要があります。このコツは行動を起こすことです。

志望校変更について考えたり、二次試験の対策を始めてみましょう。まずは、今できることを一つ挙げてすることです。

二次試験で必要な最低点数を知ること

センター試験が終わった後は自己採点ですが、ここで失敗に気付きます。

この時、結果を確認してから二次試験をどの大学で受けるか考えましょう。

大学の二次試験は、合格するための点数が異なっています。センター試験と二次試験の配分が半分ずつのところもあれば、二次試験の配当点数の方が多い大学もあります。

大学ごとの必要最低点数を確認し、対策を立てましょう。

志望校や学部を変更する

センター試験で失敗したとき志望校や学部を変更する

センター試験で失敗してしまうと、志望校の合格ボーダーラインに届かない場合があります。

この時は志望校を変えるのも一つの手です。

罪悪感や悔しい気持ちを感じる受験生は少なくないですが、一番重要なのは今の状況でどの大学なら合格できる可能性が高いか探ることです。

今の点数で行ける他の大学を探すことも大学合格の戦略の一つです。

まずはセンターの結果をチェックし、他の大学の二次試験の点数の配分のチェックや合格できそうな大学を探しましょう。

第1志望の大学を受験する

センター試験に失敗したら、第1志望の大学には絶対入れないのでしょうか?という質問を受けたことがあります。

もちろん、第1志望の大学に受験することはできます。受けず後悔するなら、受けた方がいいです。

しかし、二次試験で取り戻す必要があることをしっかりと認識して欲しいです。

それだけ二次試験で力は求められますし、本当に自分に強い気持ちがないと合格には届きません。

今のセンター試験の結果では、あなたが目指している学部では難しい場合があります。本当に今の結果で大丈夫なのか見極めましょう。

もし、それでも第1志望の大学に行きたいなら、他の学部に合格する可能性がないか調べてみるのも手です。

第1志望の大学を目指すには、本当に強い意志が必要です。本当に強い意志があれば、あなたの努力次第で結果を変えることができます

センター試験に失敗した人が二次試験までにするべきこと

センター試験に失敗した受験生が二次試験までにするべきことのうち特に重要な3つをご紹介します。

大学の過去問を解く

センター試験に失敗した人は二次試験対策をより念入りに行う必要があります。

二次試験対策で一番有効なのが、大学の過去問を解くことです。問題の傾向をつかむことができます。

また、よく出る分野をしっかりと把握し対策すれば、合格に近づくためのステップとなります。

過去問を解く目安として、最低5回以上は解きましょう。暗記するくらいのレベルまで解いて初めて勉強の力が付きます。特に苦手な分野は10回でも復習を行い、確実に解けるようにしましょう。

模試で苦手な分野の演習

センター試験が終わった後に二次試験の過去問を解くのは十分な対策になりますが、違った角度から問題を出されると対応出来ず失敗する場合があります。なぜなら、本番も同じ形式で問題が出題されるとは限らないからです。

過去問で良く出る分野を問題集で繰り返し解くと更に勉強の力を付けられます。問題集も最低は5回は解いて問題への対応力を上げましょう。

体調管理は引き続き万全に

センター試験前はインフルエンザにかからないように予防接種をしたり、早寝早起きを心掛けていた受験生が多くいます。

二次試験でも、センター試験と同じように、失敗しないよう体調には気を付ける必要があります。2月に受験する二次試験の期間は真冬の時期なので、まだまだ風邪を引きやすい時期です。

しっかりと3食ごはんを食べ、体調を常に万全にしましょう。

センター試験に失敗しても二次試験に逆転合格する人の特徴

センター試験で失敗しても二次試験で逆転できるのはどんな人でしょうか?その特徴を紹介します。

部活がギリギリまであり時間が取れなかった人

センター試験を失敗した原因が部活を高校3年生までずっと続け勉強時間が取れなかったからという人は二次試験で逆転しやすいです。

何故なら、部活をしていた人は集中力がとても高い傾向があり、勉強も集中して短期間で取り組めるからです。

夏まで部活していた人は他の受験生に比べ勉強時間が少ないと感じるので、追いつこうと必死に努力する傾向があります。

部活を続けていても、他の受験生に負けたくないという気持ちが強いなら逆転合格も夢では無いです。

センター試験が苦手な人

センター試験を失敗した受験生の中には、マーク式は苦手でも記述問題を解くのは得意な人もいます。もし、あなたがそのタイプなら二次試験で逆転合格する可能性が高いです。

多くの受験生はマーク式の試験の方が得意なため、記述問題を解くのが得意ならその分アドバンテージがあります。

センター試験の配点が低い人

センター試験に失敗しても二次試験の配点が高いと逆転のチャンスは十分あります。

もし、あなたが受ける大学の二次試験の配点が高いなら、今から赤本や参考書で何度も問題演習を行い対策を立てましょう。

まとめ

センター試験で失敗すると、次の行動が起こしにくく大学受験のモチベーションが下がります。

しかし、これで大学が決まるわけではなく、二次試験に向けしっかり対策を立てることが重要です。

ベストを尽くすことで未来は切り開けます。今回ご紹介した方法を実践しましょう。