【2018年版】古文のおすすめ参考書・問題集・単語帳15選

古文のおすすめ参考書・問題集 参考書




古文を勉強しようとして、どんな参考書を選べばいいのかわからないというように悩んでいる人は多いです。

また、古文単語をいくら覚えても、アウトプットをしないと実際に覚えた知識を試験に活かすことができません。

問題集や参考書選びは勉強の効率につながるので自分のレベルにあったものを選ぶ必要があります。

今回は参考書や問題集、単語帳を15冊紹介していくので自分にとってのベストの参考書を見つけてみましょう。

古文入門 読解と演習23

古文のおすすめ参考書・問題集『古文入門 読解と演習23(Z会)』

まず紹介するのは草土力著『古文入門 読解と演習23』です。

近世の比較的わかりやすい文章から、古代の独特な文章まで幅広く扱っているので入門レベルの人が最初の1冊として使ったり、古文嫌いの人が古文嫌いを治すのに使いやすいです。

この1冊で文章をじっくり読み込んで、単語の意味や品詞を確認する癖をつけましょう。

富井の古典文法をはじめからていねいに

古文のおすすめ参考書・問題集『富井の古典文法をはじめからていねいに』

次に紹介するのは富井健二著『富井の古典文法をはじめからていねいに』です。

この参考書は古文が苦手な人や、一から古文を学び始める人でも嫌にならないで読めるように会話調で丁寧に書かれています。

短い時間でとにかく文法事項をさらいたい人にはうってつけの一冊です。

大学入試 全レベル問題集 古文

古文のおすすめ参考書・問題集『大学入試 全レベル問題集 古文基礎レベル』

次に紹介するのは伊藤 紫野富著の『大学入試 全レベル問題集 古文基礎レベル』です。

こちらは4つのレベルからなるシリーズの最初のレベルです。

このシリーズは解説がとにかく詳しいです。古文をこれから始める人なら上の参考書を使いその問題演習として使うのがいいと思います。

 

 

 

マーク式基礎問題集 古文

古文のおすすめ参考書・問題集『マーク式基礎問題集 古文』

 

センター形式の演習をしたい人や、一通り覚えたので問題を解き始めたいという人に最適なのが『マーク式基礎問題集 古文』です。

この問題集では、実際のセンターよりは易しめの問題で演習に慣れることができます。

解答にも、全文と現代語訳が載せてあって、復習しやすいのも特徴です。

実際に古文のセンター過去問に手を出す前にこの1冊で問題演習をするのがいいでしょう。

マドンナ古文

古文のおすすめ参考書・問題集『マドンナ古文』

 

読解をするときに覚えた文法をどう使えばいいのかを初心者にもわかりやすく解説してくれる参考書がこちらの萩野文子 著『マドンナ古文』です。

注意点は文法問題を解けるようになるための参考書ではなく、長文を読めるようになるための参考書であるところです。そのため文法問題をできるようになりたい人は不向きです。

とにかく長文を読めるようになりたい人にはおすすめの参考書です。

富井の古文読解をはじめからていねいに

古文のおすすめ参考書・問題集『富井の古文読解をはじめからていねいに』

 

次に紹介するのは富井健二著の『富井の古文読解をはじめからていねいに』です。

富井先生とネコの対話形式で講義が展開されています。授業を聞いているような感覚で読めて堅い文章が苦手な人でも読みやすいように工夫がなされています。

単元ごとに練習問題がついているので覚えたことをすぐに確認できるのもうれしいポイントです。

レベルとしては、文法は覚えたけど長文になると全然読めないという人向けで、センター対策として使いやすいです。

古文上達 基礎編 読解と演習45

 

古文のおすすめ参考書・問題集『古文上達 基礎編 読解と演習45』

次に紹介するのは仲光雄 著『古文上達 基礎編 読解と演習45』です。

その名の通り問題数が45題載っており、文法を身につけたばかりの人がセンター演習をする前にして欲しい問題集です。

解答解説が非常にしっかりとしているため基礎を身に着けるための一冊としてとても使いやすいです。

大学入試 全レベル問題集 古文センター試験レベル

古文のおすすめ参考書・問題集『大学入試 全レベル問題集 古文センター試験レベル』

伊藤 紫野富著『大学入試 全レベル問題集 古文 2センター試験レベル』

こちらの問題集はその名の通りセンターレベルの問題を集めてある問題集です。

解説もしっかりとしていますが、この本ならセンターの過去問で十分の人も多いかもしれません。

大学入試 全レベル問題集 古文私大標準レベル

古文のおすすめ参考書・問題集『大学入試 全レベル問題集 古文私大標準レベル』

続いて伊藤 紫野富著『大学入試 全レベル問題集 古文私大標準レベル』です。

私大の過去問を12題まとめられています。なので、レベルも私立の日東駒専・産近甲龍あたりのレベルとなっています。

解説も詳しいので演習量を積みたいのであれば難関大学を受ける人も解いておくといいでしょう。

古文上達 読解と演習56

古文のおすすめ参考書・問題集『古文上達 読解と演習56』

 

次に紹介するのが小泉貴 著『古文上達 読解と演習56』です。

基礎編30題と実践問題26題からなる問題集で、最難関大学を受験する人におすすめのレベルです。

センター試験で8割程度取れる人でないと難しいと感じるでしょう。

解説は詳しいのですが、初版が古く万人受けするような参考書ではないです。

大学入試 全レベル問題集 古文私大上位・私大最難関・国公立大レベル

古文のおすすめ参考書・問題集『大学入試 全レベル問題集 古文私大上位・私大最難関・国公立大レベル』

 

私立大学の過去問12問と、国公立大学の過去問2問の計14題を収録しています。

MARCHや早慶、国公立で二次試験に古文の必要な大学を受験するのならやっておいて損はないでしょう。

このシリーズの他の本と同じく解説がしっかりしているのがうれしいポイントです。

難関大突破 究める古文

古文のおすすめの参考書・問題集・単語帳「難関大突破 究める古文」

タイトルからしてとても難しそうな問題集です。

難関大の問題の答案の作り方を詳細に解説してくれます。

少し癖の強い問題が多いため、難関私大向けだと言えるでしょう。

読んで見て覚える重要古文単語315

古文のおすすめ参考書・問題集『読んで見て覚える重要古文単語315』

見出し語索引がわかりやすいく、使いやすい古文単語帳です。語数も315語と満足できるボリュームです。

見出し語の他に関連語が載ってあるため、知識を整理しながら覚えることが出来ます。

センター試験だけの人や、中堅私立大学の人はこの単語帳で十分対応することが出来ます。

古文単語FORMULA600

古文のおすすめ参考書・問題集『古文単語FORMULA600』

 

次に紹介するのは、『古文単語FORMULA600』です。

この単語帳は600語の古文単語が収録されており、古文単語帳の中では圧倒的な内容量です。早慶志望、難関国公立の文系志望の受験生なら、この単語帳で語彙を増やしておくようにするといいでしょう。

また、センター試験カバー率99.2%という驚異的なカバー率を誇っているため、医学部受験生などセンター試験でなるべく高得点を取りたい人もこの単語帳を利用するといいでしょう。

実戦トレーニング古文単語600

古文のおすすめの参考書・問題集・単語帳「実戦トレーニング古文単語600」

かなり詳しく載っている単語帳です。

他の単語帳にはほぼ載っていないような単語まで載せてあります。

この1冊を完璧にしてしまえば、最難関大に出てくるような単語まで完璧に網羅することができます。

あくまで、このレベルまで覚えるかは自身の志望校や古文のレベルを考えて判断しましょう。

まとめ

いかがでしたか?

 

注意点ですが、問題集をやるのは古文単語と文法を覚えてからです!

暗記するものを飛ばして問題を解いてもまともに解けないし、実力もつきません。

 

自分のレベルにあったものを選ばないと効果は上がらないので、今回の記事を参考にして自分に合った一冊を選んでください!

 

他の科目の参考書や問題集も知りたい人はこちらの記事から探してみてください。

成績が大きく変わる!効率的な参考書の選び方、使い方とは

2018.03.08

また、古文の勉強方法を知りたい方はこちらの記事にまとめているので、こちらの記事もあわせて読んでみてください。

大学受験の古文の勉強法

2018.03.25