受験勉強の効率を10倍にする音楽の活用法と勉強用BGMまとめ

受験勉強における音楽の効果について 集中力アップ




初めての方に読んでほしい記事
まずはここから!トップページ

勉強習慣の身につけ方とは?

今回の記事では『勉強と音楽の関係』についての記事です。受験生の中でも音楽を聴きながら勉強している人と何も聞かずに勉強している人がいますよね。

また、親にも何の根拠もなしに音楽を聞きながら勉強すると成績が上がらない、ということを言われている人も多いと思います。

では、本当にそうなのでしょうか?受験を経験した私だからこそいえる『勉強と音楽について』まとめておきます!

 

音楽と脳の関係について

 

音楽は脳と深い関係があります。音楽をうまく活用することで、脳にいい影響を与えることが可能なのです。

 

音楽は作業の生産性を高めることができる

 

音楽が生産性を上げると結論づけるに足りる研究結果は、まだそろっていませんが、歌詞のない曲は、脳の言語を扱う分野を邪魔しないことはわかっています。理論としてはエクササイズの場合と同じで、テンポの速い音楽は脳の動きを助けるようです。

 

引用元 lihehacker

 

つまり、『勉強』という単調で面白みがない作業であっても音楽によって気分を高揚させて、その作業をこなしていく問うことが可能になるのです。

音楽はうまく活用することで勉強に対しても良い影響を与えていくことができます。

 

音楽を聴きながらの勉強ってあり?なし?

 

受験勉強で音楽を聴きながら勉強するのはありかなしか

 

この疑問は多くの受験生が持っていることでしょう。疑問の答えとしては『音楽をうまく活用できれば聞きながらでもあり』という答えです。音楽を聞きながら勉強することはいいことでもあり、悪いことでもあります。

つまり、メリットとデメリットが存在するのです。下に一例をあげておきます。

 

音楽を聴きながら勉強するメリット

勉強を楽しい作業に変えられる

話し声などを聞こえなくできる

音楽を聴きながら勉強するデメリット

試験本番は音楽を聞くことができない

音楽を聞くことで逆に効率が下がる恐れがある

この中のメリットの部分だけを生かし、デメリットの部分は効果があらわれないように注意する必要があるのです。これからメリットの部分を解説し、デメリットの部分に対しての注意点を説明するのでぜひ参考にしてください。

 

音楽を聴きながら勉強するメリット

 

ここでは、音楽を聞きながら勉強する際のメリットについて詳しく解説していきます!

 

勉強を楽しい作業に変えられる

 

受験勉強で音楽を聴きながら行うメリット『勉強を楽しくできる』

 

好きな音楽を聞くことはもちろんのことですが楽しいことですよね。この楽しいことをしながら勉強をすることでいつもいやいや行っている勉強を少しでも楽しいものにすることができるのです。

また、音楽は勉強効率を上げるという研究成果も出ていて、仕事場でも音楽を取り入れているところは多くなってきています。

音楽の使い方としては他に、自分のなかで、勉強中に聞く音楽を決めて『勉強を始めるきっかけ』として音楽を活用している受験生の人も少なくないです。

つまり、辛くてやりたくない勉強を音楽の力を使って少しでも楽しい作業に変えられるということがメリットなのです。

 

話し声などを聞こえなくできる

 

受験勉強で音楽を聴きながら行うメリット『話し声を聞こえなくできる』

 

音楽を聞くことで、周りの雑音や話し声をシャットアウトできます。受験生の中では、スタバやマクドナルドなどのうるさい場所では全く勉強できない、という人もいます。

なので、そのような人のほとんどは音楽を聞いて周りの音をシャットアウトし自分が勉強に集中できる環境を自分で作っています。

最近のイヤホンはとても優れていて、音楽以外の音が全く聞こえないものもあるので少し高くても買ってみると勉強の効率が上がるかもしれません。また、注意点としては音楽を聞くときはヘッドホンは疲れてしまうので必ずイヤホンで聞くようにしましょう。

 

音楽を聴きながら勉強する際の注意点

 

ここでは、上で述べた音楽を聞きながら勉強するデメリットの効果をなるべく小さくしていくための『音楽を聴きながら勉強する際の注意点』を説明します!

 

音楽がない状況でも勉強すること

 

音楽を聴きながら受験勉強を行うときの注意点『音楽がない状況でも勉強する』

 

音楽を流しなら勉強するデメリットとして1番に挙げられるのは『本番では音楽を流せない』ということです。試験本番はあなたのがいつも聞いている曲は流すことはできません。

勉強する際に自分の集中力を上げるために音楽を聴くことは、勉強の効率も上がりますし、良いことです。しかし、『音楽が流れていないと全然集中できない』というのは問題です。

音楽が流れず、静かな試験会場で集中できないと試験は解けずいくら勉強しても結果に結びつけることはできません。

なので、音楽を聴かなくても集中できるようにしておき、本番でもいつもと同じように実力を出し切れるようにしておくという対策が必要です。

 

音楽との相性を考える

 

音楽を聴きながら受験勉強を行うときの注意点『音楽との相性を考える』

 

音楽を使う際の注意点としては『勉強する科目と音楽の相性』を常に考えるようにしましょう。音楽を聞くことで勉強効率が上がるものもあれば、逆に下がってしまうときもあります。

代表的なのは『暗記をする際』です。物事を暗記するときはいかに暗記効率を上げていけるかがカギとなります。

そんな時に、音楽を聴いていては暗記すること以外の情報が入ってくるので、全く集中できず何も覚えられないということが起きてしまいます。

なので、下に音楽を流してもよい科目と流さないほうが良い科目を書いておくので音楽を聞きながら勉強する際は参考にしてもらえればと思います。

音楽を流してもいい時

・数学や物理などの問題演習の際

・過去問や問題集など、大量に問題を解いていかなくてはならないとき

音楽を流さないほうがいい時

・英語全般(英語は自分で読んでそれが耳に実際入ってくることが重要なため)

・大量の暗記が必要な文系科目を勉強する際

・数学や物理の導入部分を理解しなければいけないとき

勉強する際のおすすめ音楽まとめ

 

ここでは、勉強する際にはぜひ聞いてほしいおすすめの音楽を紹介します!勉強の効率を上げるにはとても効果的なのでぜひ聞いてみてください!

 

環境音

 

環境音は勉強の際のBGMとしては人気ですよね。また、音楽でもなく、歌詞も存在しないので作業用BGMとしても多用されています。

 

✅雨の音


✅川のせせらぎ

コーヒーショップ

クラシック

 

クラシックも作業用BGMとしては人気が高いです。ここでは数々のクラシックの中から厳選したおすすめの3曲を紹介します。

 

パッヘルベル カノン


✅主よ、人の望みの喜びよ

トルコ行進曲

他のBGM

 

ここでは環境音でなく。クラシックでもないのですが勉強の際よく使われているBGMを紹介していきます。

 

✅ゲーム名曲集


✅泣けるJ-POPメドレー

アニソンメドレー

 

勉強用BGMに最適なアプリ

 

ここでは勉強用BGMに最適なアプリを4つ紹介します!どれも人気にのアプリなのでぜひダウンロードしてみてください。

 

作業用BGM

 

このアプリはYouTubeの中から厳選した作業用BGMが収録されています。かなり多い数のBGMがあるので自分に合ったものも見つかりやすいでしょう。

 

 

 

癒しのサウンドでリラックス

 

この環境音がとても多く、さらに音質もいいので人気が出始めているアプリとなっています。またバックグラウンド再生ができるのもメリットの1つです。

 

 

雨音アプリ

 

これはただ雨の音が流れているアプリで、環境音が好きな人にはおすすめです。スマホ画面もシンプルでいいですね。

 

 

 

Coffitivity

 

カフェやレストランなどで流れているBGMを流してくれるアプリです。カフェの適度な音楽は脳を活性化させるので使ってみてもいいかもしれません。

 

 

Google Play で手に入れよう

まとめ

いかがでしたか?

音楽は勉強に対してメリットもありデメリットもあります。しかし、使い方によってはとても効果的なものになっていくので今回紹介した

雨の音

川のせせらぎ

コーヒーショップ

パッヘルベル カノン

主よ、人の望みの喜びよ

トルコ行進曲

ゲーム名曲集

泣けるJ-POPメドレー

アニソンメドレー

の中から自分に合う曲を見つけてもらえればと思います。