服装・髪型はもう迷わない!大学受験の願書の写真の撮り方

大学受験の願書の写真での服装はどうすればいい? コラム




大学受験において勉強以外で悩むこととして挙げられるのが、願書に張り付ける写真。

服装はどんなものがいいんだろう・・・、化粧はしてもいいかなぁ。

メガネは外した方がいい?、前髪あげたくないんだけど・・・

などいろんな疑問があると思います。

 

今回は誰に聞けばいいかわからず困ってしまう証明写真について解説します!

 

大学受験の願書で使う写真の服装はどうしたらいい?

制服か私服で迷うことが多いと思いますが、どちらでも可です。しかし証明写真の多くは大学入学後、学生証の写真に使われるので私服をおすすめします。

 

大学によっては「制服以外」と指定がある場合もあるので募集要項をよく確認しましょう。

ただし、いくら私服OKと言っても派手な色や背景の色と同化してしまう色は避けたほうが無難でしょう。

 

大学受験の願書で使う写真の髪型は自由なの?

髪型自体は基本的に自由ですが、前髪が目にかかっているものはダメです。募集要項に「前髪で目が隠れないようにすること」と書かれていることが多いです。普段前髪が長い人も、写真を撮る時だけは上げるか横に流して目が見えるようにしましょう。

 

願書に写真を貼る理由は、当日に本人かどうかを確認するためです。写真は黒髪で、試験当日は金髪だと怪しまれる可能性もあるので髪色は試験当日と写真の時で、合わせておきましょう。
ただし、推薦入試、AO入試など面接が必要な受験方法の時は黒髪でおとなしい髪型にしておくべきです。見た目の印象で合否にも影響が出てきますので無難に行きましょう。

きれいに映りたいけど写真を撮るとき化粧してもいいの?

女性の方は化粧について悩むと思います。上でも書いた通り、当日に本人確認をするために使う写真なので、普段とかけ離れないようにすることが大切です。

 

答えとしては、化粧はOKです。しかし当日化粧に時間をかけるくらいなら、写真も当日も化粧は薄めにしたほうが無難でしょう。

ただし、こちらも推薦入試やAO入試で使う場合化粧が原因で落ちてしまうこともあるのでしてもナチュラルメイクまでにしておきましょう。

写真でメガネはつけていても大丈夫?

大学受験の照明写真ではメガネをかけていても大丈夫

メガネをかけている方は、写真を撮る時迷うと思います。試験当日メガネをかけるなら、写真の時もメガネをかけましょう。当日コンタクトレンズをつける場合は、写真の時もコンタクトレンズのほうがいいでしょう。

試験当日にメガネをかけるなら写真もメガネをつけよう!

大学受験の写真を撮るときのその他の注意点

背景は無地にしよう

特に指定が無い場合背景は白である必要はありませんが、無地にしましょう。背景に模様があると、大学の入試課から問い合わせがある可能性もあります。募集要項にも無地と書かれていることが多いのできちんと守りましょう。

枚数とサイズを守ろう!

4cm×3cmの写真を5枚、など各大学によって指定があります。写真の撮影前に必ずサイズと必要枚数を確認しておくようにしましょう。

サイズを間違えてしまうと、再提出を求められることもあるので注意しましょう。

写真屋じゃなくて証明写真の機械でも大丈夫?

大学受験の照明写真は証明写真機でもOK

結論は、証明写真の機械でも大丈夫です。

 

しかし、注意点があります。私の経験談なのですが、屋外の機械で撮ったときに外の光がたくさん入ってしまって顔色が真っ白になってしまいました。この場合証明写真として使えないので、機械で撮る場合は屋内の機械にしましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?証明写真は当日の見た目と同じような写真を撮ることが大切です。

ポイントとしては、次のようになります。

 

前髪で目が隠れないように注意しましょう。

髪色、化粧は自由ですが、派手になりすぎないようにしましょう。

服装は私服をおすすめします。

 

証明写真は無理にかっこよくしようとか、可愛く映りたいなどと考える必要はありません。私は○○本人で間違いないという証明のためのものなのです。