模試の判定はどれくらい信用できるの?信憑性や判定を上げる方法を解説!

模試の判定の信憑性と判定を上げる方法について コラム




模試の結果が返ってきても「今回は○○判定だったな~」と一喜一憂して終わっていませんか?

せっかくお金を払って受けている模試なのに判定だけを気にしているのはとてももったいないと思います。

実際の入試でないという点で軽視されがちな模試ですが模試には大きな役割があるのです。

模試をうまく活用することで志望校までの距離をぐっと近づけることができます。

この記事では模試の判定についての信憑性や、判定において意識してほしいことをまとめました!

 

模試の判定の基準

 

模試の判定の基準としては一般的に

A判定 合格率80%以上

B判定 合格率60%~80%

C判定 合格率40%~60%

D判定 合格率20%~40%

E判定 合格率20%以下

となっています。

ただし、模試の判定はあくまでも「現時点での偏差値を保ったら」というものであるため、例えA判定が出ても油断は禁物です。

模試の結果はどの程度信憑性があるの?

 

模試の判定の信憑性について

 

ポイント
模試の判定の信憑性についてですが覚えておいてほしいのが、『模試の判定は合格を保証するものではない』ということは覚えておいてください。

模試の判定は点数によって決まるのですが、採点はたいていの場合は大学生がバイトとして行っている場合がほとんどです。

なので、どうしても採点をする大学生の基準によってあなたの点数も変わってきてしまいます。

出来る限り差が無いように各予備校は取り組んでいますが、それでも完全に基準が同じとはならないのが現状です。

なので、模試では判定も重要ですがそれよりもどの問題が解けて、どの問題が解けないのかに注目しましょう。

 

判定が悪かった人へ

 

ここでは模試で悪い判定、つまりC,D,E判定を取ってしまった際にするべきことについて書いておくのでぜひ参考にしてみてください!

 

模試でA判定でないと合格するのは厳しい

 

結論から言うと、模試で1回でもA判定を出すことが出来ないと合格するのは厳しいといっていいでしょう。

大学に合格した人を調べてみても模試でA判定を出した人が約半分を占めています。なので、模試でいい判定を取ったことがない人はかなり狭い枠を争わなくてはならないのです。

よく『模試では判定が悪くても逆転合格は可能』と言われますが実際はそんなことはほとんどありません。よっぽど自分が得意だと言える分野がない限りは無理でしょう。

なので、まずは模試でA判定を取ることを目標に勉強していきましょう。

 

D判定以下では受かる可能性はかなり低い

 

模試の判定でC,D,E判定の人は合格する確率は低い

 

よく予備校や塾の広告で『直前までD判定だったのに逆転合格!』と書いてあるものを目にするかもしれませんがその情報をそのまま飲み込んではいけません。

実際受かった人はいますがこれは予備校の評判を上げるために多少盛っている部分があります。よっぽどの奇跡が起きないと合格はあり得ません。

何故なら、判定が悪かった分勉強しようと思っても、判定が良かった人が勉強を続けている限りなかなか差を縮めることが出来ないからです。

ずっと勉強をして来たのにB判定以上がとれないという人は、確実に受かりたい場合は志望校変更も考えなくてはいけなくなってくるでしょう。

 

D判定以下からA判定に上げるには?

 

ここでは、悪い判定を取ってしまった際はどうしたらA判定に上げることができるかを解説していくので今の判定が悪い人はぜひ実行してみてください!

 

まずはそれが自分の実力であると認める

 

模試の判定を上げる方法『自分の実力を認める』

 

模試では悪い成績を取ってしまった際には『勉強した部分が出なかった』や『昨日あまり寝ていなかった』など言い訳をしたくなると思います。

かし、それをぐっとこらえてまずはそれが自分の実力と認めましょう。本番の試験では言い訳できない一発勝負です。

言い訳をいくらしても成績は変わらないので自分の苦手分野や伸びしろを客観的に分析してこれからの勉強の方針を立てていくことがとても重要です。

自分に足りていないところを補うようにしましょう。

合格の可能性を最後まで信じる

 

模試の判定を上げる方法『合格の可能性を信じる』

 

模試の判定が悪かったからと言ってもう不合格が決まってしまうことはありません特に高校1年、2年の人は現在がE判定でも勉強次第ではどの大学にも合格できます。

しっかりと苦手教科は焦らずに基礎から勉強していけば一気に成績が上がることも珍しくありません。

模試でどんなに悪い成績を取っても最後に合格点を取れればいいのです。最後まであきらめずに勉強を継続できるかが勝負の分かれ目となるので頑張りましょう。

特に、現役生の場合は、浪人生よりも勉強している期間が短い分不完全さがあるため、秋~直前期に成績を伸ばしやすいです。

 

今までの勉強を見直してみる

 

勉強時間をしっかりとっているのに思うように成績が上がっていかない…という人は勉強時間は十分ですが勉強法が間違っている可能性が高いです。

例えば、『数学では暗記ばかりしていても問題を解いてみないと点数は伸びない』とか『英語では音読が大事』などのように、各科目にはそれぞれの勉強法が細かく設定されています。

それにはやく気づいて実行できるかどうかはこれからの模試の判定に直結してくるのです。

下に各科目の勉強法について詳しく解説しているので今の勉強法に不安がある人はぜひ読んでみてください。

 

各科目の勉強法はこれで完全網羅!大学受験プロ式勉強法まとめ

2018.01.14

 

わからないところは1つずつ解決する

 

模試の判定を上げる方法『わからないところは解決する』

 

ポイント
模試でいい点数がとれない、思ったように成績が伸びないという人は『わからないところは質問する』ことを心がけてほしいと思います。

勉強は苦手分野ほどわからない部分が多いものです。そのわからない部分は自分だけで考えても解決しないことが多く、それでは苦手意識を持ったまま勉強を続けていかなくてはなりません。

そのようなことになる前にもわからない部分はすぐに質問して解決してしまう習慣をつけることが重要です。

この地道な作業が実力をつける一番の近道です。自分が出来ないことを1つずつ出来ることに変えていきましょう

また、詳しい模試の復習法は以下の記事で紹介しているので参考にしてください。

 

模試の活用法や復習法、おすすめの模試を一挙公開

2018.01.05

 

まとめ

 

今回のポイントは以下の通りです。

・模試の判定を受け入れつつ苦手分野を潰そう

・判定そのものよりはどの問題を解けていないかに注目する

・判定が悪い場合は勉強法を見直すことも大切

模試の判定がどれほど悪くても不合格が決まったわけではないため、諦めずに勉強を継続していってほしいと思います。