勉強と色の関係について

勉強に集中するのにおすすめの色 集中力アップ




勉強において色には様々な効果があります。

よって、マーカーや筆箱などの小物を選ぶ際に意識すると効率が大きく変わります。

今回は各カラーが人に与える効果や、有効に使うテクニックを紹介します。

勉強や暗記で色を役立てよう

勉強中に、それぞれの色で人に与えるイメージが変わります。

気持ちを高ぶらせたり、落ち着かせたり、集中力を高めたり様々です。

よって、暗記や演習などの各場面でカラーを使い分ければそれに応じてプラスの効果を発揮出来ます。

その使い分けのためにも、各色の特徴を知ることが大切なのです。

勉強のやる気を出すには赤色

勉強のやる気を出すのにいいのは赤色

勉強でやる気を出すためには赤色がおすすめです。

赤は情熱の赤と呼ばれ、視界に飛び込んでくる赤は目を引き印象に残ります。

赤には活力を感じさせ、気持ちを前向きにさせる効果があります。アドレナリンを分泌し興奮を促します。

ただし、部屋の中に赤が多すぎると、エネルギーの強さに負けて集中力が失われるので注意しましょう。

勉強に集中するなら青色

勉強に集中できる色は青

勉強に集中したいなら青色がおすすめです。

落ち着いた、クールな印象を与える青ですが、青には集中力を高めたり、興奮を抑えて気持ちを落ち着かせる効果があります。

先ほど紹介した赤とは対照的で、落ち着いて集中力を上げるのに適しています。

赤と青をバランス良く使いましょう。

勉強で発想力を上げるには黄色

勉強中の発想力を上げるなら黄色

勉強で発想力を上げるためには黄色がおすすめです。

黄には光や太陽のイメージがあり明るくて目立つので注意喚起にも使われるのですが、判断力がアップする、記憶力を高める、気分が明るくなるといった効果があります。

何故なら黄は脳を刺激する明るさを持つため、表現力や頭の柔軟性を高めてくれるからです。

テストでいい考えが浮かぶように黄を身に着けるのもいいでしょう。

勉強の休憩時にリラックスするなら緑色

勉強に疲れてリラックスする時に最適な色は緑

勉強の休憩時には緑色がおすすめです。

緑は、心や身体の疲れをいやす、疲れた目を休ませる、リラックスさせるといった効果があります。

ただし、緑には集中力を高める力は特にないので、休憩時間に使いましょう。

休憩時間に外の緑を眺めるとリフレッシュ出来ます。

勉強と色の関係まとめ

勉強と色の関係としては以下の通りです。

・赤…やる気を出す

・青…集中力を上げる

・黄…ひらめき力を上げる

・緑…リラックス

ぜひこの記事を参考に、筆記用具やカバンなどの身の周りの物を用途に合わせて好きな色に変えてみましょう。

 

勉強に集中するためのグッズはこちらの記事で紹介してます。

【これで勉強が快適に?】勉強に集中できるグッズおすすめ19選! 

2018.02.10