勉強と色の関係について

勉強に集中するのにおすすめの色 集中力アップ



色には様々な効果があり、勉強中にうまく使うことで集中力がアップしたりやる気が出たりします。

普段勉強をしている際は色をあまり意識しないと思いますが、知らないうちに影響を受けているのです。

今回は、そんな色と勉強の関係についてまとめました。

勉強で色を役立てよう

色は人間の脳に対して、様々な影響を与えることができます。気持ちを高ぶらせたり、落ち着かせたり、集中力を高めたりする効果もあると言われています。

暗記や演習で効果的な色を使い分ければ、それに応じてプラスの効果を発揮出来ます。

その使い分けのためにも、各色の特徴と使い方をこれからお伝えしていきます。

勉強に集中するなら青色

勉強に集中するなら青色

勉強に集中したい時は青色がおすすめです。クールな印象を持つ青色は、鎮静効果があり勉強に対する集中力を高める効果があります。

青色を見ることで体感温度も2〜3度程度下げる効果もあるので、気持ちを引き締めて勉強に向かうことができます。

ただ、いくら青色がいいと言っても青い椅子や青い机を持っている人はあまりいません。そんな人は青ペンを使った勉強がおすすめです。

勉強に集中する際には、ノートに青色のペンで勉強してみましょう。落ち着いた気持ちで勉強できるので勉強効率も上げられます。

また、いつも黒色のペンでノートを書いている分青色で書くことで印象に残りやすいので暗記にも便利です。

勉強のやる気を上げるには黄色

勉強のやる気を上げるには黄色

やる気を出したい時には黄色がおすすめです。黄色など明るい色には気持ちを盛り上げ、元気を出す効果があります。

勉強に対してやる気が出ない日、もしやテストの点数が悪くて落ち込んでいる日には黄色をうまく使ってみてください。

ただ、黄色は長時間見ていると脳が疲れてしまうので、ワンポイントのアクセント程度に取り入れましょう。

勉強の休憩時にリラックスするなら緑色

勉強の休憩時にリラックスするなら緑色

勉強の休憩時には緑色がおすすめです。緑色は自然をイメージさせ、心や身体の疲れを癒す効果があります。

勉強中は集中力をかなり使うので、休憩時間に緑を使って脳を休ませてください。山や森をみるとリフレッシュできるのでおすすめです。

ただ、青色とは違って集中力を高める効果はないので勉強中には使っても意味はありません。

勉強で疲れた時は茶色かベージュ

勉強で疲れてリラックスしたい時は茶色かベージュ

勉強に疲れた時は茶色かベージュがおすすめです。温かい雰囲気があり、リラックス効果もあるのでカフェなどでも多く使用されています。

勉強の際は、木の机や木の椅子を使ってみましょう。木の机を見ていると気持ちが落ち着く経験を持っている人も多いと思います。

いつまでも勉強に集中できるわけではないので、休憩中も色を活用して勉強効率を高めましょう。

赤色は勉強にあまり向かない

赤色は勉強にあまり向かない

赤色はやる気を出す効果があります。赤色を見るとアドレナリンが多く分泌されるので、スポーツにも使用されています。

しかし、そんな赤色は勉強の際は使わないべきです。なぜなら「赤色を見ると集中力が途切れてしまう」という効果があるからです。

多くの大学も色と勉強効率の研究を発表していますが、その多くは「勉強に赤色はあまり向いていない」という結論を出しています。

名古屋大学の八田武志博士の下で行われた研究では「仕事のモニター画面を赤色にすることでパフォーマンスが下がった」という結果も出ています。

静かに集中することが大事な勉強には、赤色は不向きでしょう。

まとめ

勉強と色の関係としては以下の通りです。

青色…集中力アップの効果
黄色…やる気をあげる効果
緑…リフレッシュ効果
茶色・ベージュ…リラックス効果
赤色…勉強には向かない

ぜひこの記事を参考に、筆記用具やカバンなどの身の周りの物を用途に合った色に変えてみましょう。

勉強に集中するためのグッズはこちらの記事で紹介しています。

【これで勉強が快適に?】勉強に集中できるグッズおすすめ19選! 

2018.02.10

また、勉強に集中する方法についてはこちらの記事で紹介しているので参考にしてください。

【集中できない高校生へ】勉強に集中する方法まとめ

2018.01.11

成績が上がる勉強法を習得する

【広告掲載】無料相談のご案内

広告掲載