受験生はラインをやめるべき?ラインとの正しい付き合い方とは?

受験生のラインとの正しい付き合い方 コラム




『受験生はラインをやめるべき!』『今の時期になってもラインを使っているなんてもってのほか!』このようなことはよく言われていますよね。しかし、実際はどうなのでしょうか?本当にやめたほうがいいのでしょうか?

そこで、今回の記事では受験生の正しいラインの使い方についてまとめました!

 

受験生はラインはやめたほうがいいの?

 

受験生,はラインをやめた方がいいのか

 

結論から言うと、『自分で制限できれば大丈夫』ということです。ラインは今となっては友達とのやり取りの際に必須のものになってきています。

そして、そのラインは受験の敵というイメージもありますが、そんなことはありません。

多くの受験生はラインによって友達と勉強の進行具合を確認しあったり、モチベーションをお互い上げて勉強をしている場合が多いのです。

また、受験生はいつも勉強漬けなので、友達とのテレビやアイドルなどの何気ない話題がちょうどいい息抜きとなり、勉強の効率が上がる場合もあるのです。

注意点としては、夢中になりすぎて1日中ラインをしてしまい勉強が全く手につかなかった…なんてことにならないように自分の中で時間制限を決めることが重要となってきます。

 

受験生のラインの頻度は

 

受験生のラインの頻度はどれくらいがいいのか

 

受験生のラインの頻度としては『1日に3回~5回程度』が一番理想的です。

携帯をガラケーにしたり、ラインをアンインストールしたりして全く使わなかったという意見もありますが、その方法はとてもストレスがたまり逆に勉強に集中できないことも多いという意見もあります。

なので勉強中ラインをしたいと思って集中力を欠くくらいなら一回ラインをしてから勉強するなど、ラインと上手く向き合って時間を管理するということが重要です。

 

ラインの上手な使い方

ここからは、ラインを受験に役立てる方法について説明します。

友達にわからない問題を質問する

問題を解いていてどうしてもわからない問題が出てきた場合に、普通だと次誰かに会った時でないと質問することが出来ません。

ここで、ラインを使うと友達に気軽に質問することが出来ます。

これで疑問を解消出来るなら試してみるのも手でしょう。

注意点として、あまりに質問し過ぎると友達の時間を奪ってしまうことになるため、程々にしておきましょう。

 

気分転換のツールとして使う

ラインをし過ぎるのは良くないですが、ある程度ならラインはやはり気分転換するのに使えます。

勉強で疲れた時に少し友達と話すだけでも、いいリフレッシュになるでしょう。

また、勉強で悩んでいたり、不安を感じている時にも、友達と馬鹿馬鹿しい話をすることで、不安を和らげることが出来ます。

特に親しい仲なら、相談に乗ってもらうということもあるでしょう。

やはり、人と話せるという点をいかに上手く活用出来るかということがポイントなのです。

 

まとめ

今回の記事をまとめるとこのようになります。

・ラインを完全にやめてしまうのは逆効果

・時間を管理したりモチベーションを上げるために使うように、ラインを上手に使っていくことが大切

ラインと上手く向き合って、勉強と両立出来るようにしていきましょう。