勉強するときに長時間集中できる正しい姿勢とは

勉強する時の正しい姿勢 集中力アップ




あなたは勉強する時にどのような座り方をしていますか?

意外と軽視しがちなことですが、間違った姿勢で勉強していると勉強の効率が悪くなってしまいます。

そこでこの記事では勉強する時の姿勢が悪いとどんな悪影響があるのかと、正しい姿勢についてまとめてみたので正しい姿勢を身に着けていきましょう!

姿勢が悪いことによる悪影響

では、姿勢が悪いまま勉強しているとどのような悪影響が出てしまうのでしょうか。もしかしたらあなたの普段の悩みは姿勢が原因となっているかも…。

勉強の姿勢が悪いことによる悪影響

肩こりの原因になり疲れやすくなる

勉強の時に猫背のままでいると、首を支えるために本来まっすぐだった背骨が曲がっていることになるため、肩や腰に余分な負荷がかかることになります。

人間の頭の重さは自分の体重の8~13%といわれていて、50kgの人で計算してみると約5kgということになります。5キログラムというと、ボーリングの玉の11ポンドと同じくらいだそうです。

これだけの重さを不自然な体勢で支えてるとしたら当然肩や首のコリの原因になります肩こりや首のコリは疲れの原因になるので勉強してすぐに疲れてしまうということになってしまいます。

 

頭の回転が悪くなる

姿勢が悪いと呼吸も浅くなるため、脳に必要な酸素が行き渡りにくくなってしまいます。

頭の回転が悪くなり、問題がなかなか解けなかったり、暗記しようと思ったものがなかなか覚えられないといったようなことにつながります。

勉強の姿勢が悪いと、勉強の効率も下がってしまうのです。

勉強の効率が下がってしまうというのは受験においてかなりのハンデを背負わされるということになりかねません。

 

目が疲れやすくなる・悪くなる

姿勢が悪いとどうしてもノートや参考書と、自分の目の位置が近くなってしまいます。近くなりすぎると目が悪くなってしまいやすいです。

また、それとは別に目の疲労度もたまりやすくなります。

目の負担が増えることで疲労感を感じて集中力が落ちてしまったり、眠くなりやすくなるので、勉強する上で非常に悪影響が出ます。

 

肥満の原因や睡眠不足にも

勉強にはあまり関係ないけれど、姿勢が悪いのは太る原因にもなってしまいます。

女子にとっては大問題ですよね。

また、姿勢の悪さは精神面にもよくなく、なかなか寝付けなかったり睡眠の質が悪くなってしまう原因にもなってしまいます。

睡眠不足だと授業中に眠くなって寝てしまうなんてことにもなりかねません。

 

勉強時の正しい姿勢

勉強時の正しい姿勢

それでは、どのような姿勢で勉強すると良いのでしょうか?ポイントは背骨をまっすぐにすることです曲がった状態だと腰を痛めてしまいます。しかし、ただ背筋をまっすぐにしても背骨は曲がったままです。

何故なら、もし背筋だけまっすぐにしても、骨盤が曲がっているままだとその上にある背骨も曲がった状態になってしまうからです。

それなら、どう座ればいいんでしょうか?ポイントは先に骨盤を立てるということです。

そのためには、お尻を背もたれにつけてから背筋を伸ばすという座り方が有効です。座ってから体を伸ばすことで、背もたれに支えられて骨盤が立ち、その上にある背骨もまっすぐにすることが出来ます。

 

正しい姿勢で勉強するメリット

勉強における正しい姿勢のメリット

正しい姿勢で勉強することで、体に負荷がかかりにくくなって勉強を長時間続けやすくすることが出来ます。

また、集中力が上がることで暗記の効率が上がったり、難しい問題に取り組みやすくなります。勉強以外でも、肩こりや腰痛になりにくくなるというメリットもあります。

また、試験本番でも、普段と同じように正しい姿勢で座ることで、猫背で解いているときよりも問題を解く能率を上げるということにも繋がっていきます。

このように、姿勢を正しくすることで、大学受験に挑む上でかなり有利になることが出来るのです。

 

 

正しい姿勢になれる椅子と机を選ぼう

勉強の正しい姿勢が取れる机と椅子を選ぼう

正しい姿勢で勉強するためには椅子と机選びも重要です。自分がしっかり座ろうと思っても、自分にあった椅子と机でないとかえって姿勢を悪くする結果になりかねません。

では、どのように椅子と机を選ぶと良いのでしょうか?重要なのは、かかとが地面から離れないようにすることです。

そのために、一般的に丁度いいとされる椅子と机の高さは

机の高さ=(身長(cm)×0.25-1)+(身長(cm)×0.183-1)

椅子の高さ=身長(cm)×0.25-1

とされています。自分に合ったサイズで選ぶことが肝心です。また、正しい姿勢で座り続けるためには極力負荷をかけないということが必要になってきます。

そのため、クッションを利用するというのも有効です。

 

まとめ

いかがでしたか、姿勢が悪いと、

・肩こりの原因になり疲れやすくなる

・頭の回転が悪くなる

・目が疲れやすくなる・悪くなる

・肥満の原因や睡眠不足

というような悪影響がありました。

座る時の姿勢は勉強効率、成績に大きく影響してきます。最初は座りにくく感じるかもしれませんが、座り方を直すことはとても大切です。正しい姿勢で勉強して合格へ一歩ずつ近づいていきましょう!

 

勉強に集中するための方法をこの記事でまとめているので、姿勢以外にも集中力を高める方法を知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。

【集中できない高校生へ】勉強に集中する方法まとめ

2018.01.11