楽しみながら勉強しよう!勉強嫌いでも勉強が好きになる方法

勉強が好きになる方法 勉強法




勉強をしなきゃいけないのはわかっているけど、勉強が嫌いだから集中出来ないなんてことも有りますよね?

受験生の平均勉強時間は10時間以上と言われています。

1日の半分近くの時間を勉強に当てている受験生にとって、勉強を楽しむことができるかどうかは大きな問題の一つと言えます。

そこでこの記事では、勉強を好きになる方法についてまとめてみたので、ぜひ確認してみましょう!

 

勉強が好きになると成績も上がる

勉強が好きになると成績も上がる
そもそもですが、勉強の効率はモチベーションによって大きく変わってきます。

例えば、あなたの趣味について考えてみましょう。スポーツなりゲームなり読書なり色々と考えられますが、熱中していて気付いたら時間が経っていたとか、普通に遊んでいるだけでその内容をしっかり覚えているということも有りますよね?

これと同じで、勉強が好きだと、勉強を続けることがより楽になるため、勉強が嫌いであるよりも集中して長時間出来るようになります。

また、興味のある内容なら、学んだことがより深く印象に残っているため、より簡単に覚えられるということにもなります。

つまり、勉強が好きだと、効率が良い勉強を続けられるようになるため、そうでない場合よりも成績がグンと伸びやすいのです。

また、勉強が好きになると勉強の量と質が増えるため、さらに成績を伸ばすことが出来ます。

結果が出るようになると更に勉強を楽しむことが出来、勉強を楽しめるとさらに成績が伸び…、という好循環を起こすことが出来ます。

 

勉強を嫌いになってしまうワケ

勉強の内容がわからない

勉強を嫌いになってしまう理由

勉強を嫌いになってしまう理由として、勉強の内容がわからないということがあります。

頑張ろうとしてみても内容が頭に入ってこなかったら、うんざりしてしまってやる気がなくなるということも起こるでしょう。

勉強がわからなくなってそのまま嫌いになってしまうのは、より勉強がわからなくなってしまうことに繋がるため、かなりの悪循環です。

また、授業が速いと感じてしまうということも、焦りを生むことになり、勉強が嫌いになる原因になってしまうでしょう。

勉強についていけないと感じている人の原因と対処法については、下の記事にまとめてあります。

良ければぜひご覧ください。

 

勉強することを強制される

親や先生に勉強をやらされていると感じることで勉強が嫌いになってしまうということもあります。

例えば、もうそろそろ勉強をしようと思っていたところで、親に勉強しなさいと言われてやる気がなくなるというような経験はありますよね?

このように、人から言われてやる勉強は、自分の意志でやっていないと感じてしまうため、モチベーションが保てません。

どんな事でも、自分から進んでやってると感じている方がモチベアップに繋がります。

 

勉強する意義を見いだせない

いざ勉強し始めたとしても、この勉強が何の役に立つんだろう…、と思ってしまうということも有ります。

目的もなく勉強しても、勉強して疲れたというイメージだけが先行して、勉強そのものを好きになることは難しいでしょう。

やはり、目的をもって勉強するべきなのです。

 

・勉強の内容がわからない

・勉強することを強制される

・勉強する意義を見いだせない

 

勉強中のイライラを抑える方法

この記事を読んでいるあなたは、勉強が全然楽しくないどころか、勉強中にイライラしてしまうことさえあるかもしれません。

 

勉強中のイライラを軽減する方法を記事にまとめたのでぜひ参考にしてください。

 

勉強中にイライラしてしまう?そんな時の対処法とは

2018.02.26

 

勉強が楽しくなる秘密の物質

部活や食事などの受験生の日々の行動には色々ありますが、圧倒的に楽しくないと思ってしまうのが勉強です。

しかし、楽しくもないことを好きになるということはあり得ません。

逆に、勉強を好きになるために、勉強を楽しめるようになるというのは効果的なのです。

 

「楽しい」と思ったときには、ドーパミンという物質が分泌されます。

このドーパミンを、勉強しているときにも分泌させられるようにすればいいのです。

 

ドーパミンを分泌させる5つの方法

楽しく勉強することこそ、成績を大きく伸ばす秘訣だということを述べてきましたが、やっぱり勉強は大変なものだと思ってしまう受験生が多いでしょう。

そんな受験生たちのために、勉強を楽しいと思うための方法をいくつかまとめてみました。

達成感を得よう

やはり楽しいと思えるためには、達成感を得ることが大事です。

達成感を得るために、毎日小さな目標を設定するのがオススメです。

「英単語を10個覚える」
「数学の問題集を3ページ進める」

のような簡単なものでもいいので、小さな目標をクリアすることで達成感を得ていきましょう。

勉強楽しむ方法「達成感を得る」

前の日よりできるようになったことを実感しよう

1日に10時間以上も勉強する受験生にとって、前日より少しでもできるようになったことを実感しないと、なぜ勉強しているかがわからなくなって勉強することがバカらしくなってきて、モチベーションが上がらず成績が下がる…という悪循環に陥ってしまう可能性があります。

逆に、前日よりもできるようになっている実感があれば、勉強すればするだけ成績が伸びて楽しくなり、さらに勉強が捗るという好循環に入ることができます。

是非とも前の日よりもできるようになったことを実感してほしいのですが、それにおすすめなのが「昨日と全く同じ問題を復習として解く」ことです。

前日にやった問題を確実に解けるようになることで成長は簡単に実感できるので、ぜひこの方法を取り入れてみてください。

勉強を楽しむ方法「前の日よりできるようになったことを実感しよう」

目標をはっきりさせよう

先ほど、『達成感を得よう』という項目でもお話したのですが、目標をクリアすることで達成感を得る方法がおすすめなので、是非とも目標を設定するようにしましょう。

この時に注意してほしいのが、「数字を入れた目標を立てる」ことです。

漠然と「英単語を覚える」よりも、「英単語を10個覚える」「英単語帳を2ページ進める」の方が具体的で、達成できたかどうかも明確にわかってきます。

数字を入れた具体的な目標を立てるようにしていきましょう。

勉強を楽しむ方法「目標を立てよう」

自分からやろう

「人に言われて嫌々やる宿題」と「自分から積極的に取り組む自習」。

どちらが効率がいいかご存知でしょうか?

勉強を楽しむ方法「自分からやる」

「自分から積極的に取り組む自習」の方が、「人に言われて嫌々やる宿題」より10倍効率がいいです。

自分から積極的に取り組んだ方が効率もいいし楽しいので、是非自発的に勉強に取り組むようにしましょう。

 

勉強で成功した人を知ろう

受験勉強をしていると、「なぜ勉強しないといけないんだろう」と思ってしまうこともあるでしょう。

そんな時に思い出してほしいのが、勉強で成功した人のストーリーです。

自分の親でもいいですし、近所のお兄さんやお姉さんでも構いませんし、学校の先生でも大丈夫なので、モチベーションアップのために聞いてみるといいでしょう。

 

勉強を好きになる方法4選

勉強を楽しむという観点からでなくても、勉強を好きになるための方法は存在します。

では、どうすれば良いのでしょうか?

4つ挙げてみたので、順に見ていきましょう。

 

環境を変えてみる

いつも同じ場所で勉強していることで飽きてしまうなら、場所を変えてみるという手があります。

例えば、学校や家以外だと、図書館やカフェ、塾の自習室などが考えられます。

環境を変えることで、新鮮な気持ちで勉強に取り組むということが出来るようになります。

惰性で行うよりも新鮮な気持ちで取り組む方が勉強を好きになるだけでなく、効率も上げることが出来るようになります。

 

一緒に勉強する友達を見つける

一人で勉強して目標がないなら、競い合える友達を見つけてみましょう。

競争心を持つことで、勉強して点を取るということ自体を目的にすることが出来ます。

勝負で勝ったら嬉しいでしょうし負けてしまったら悔しいものです。

真剣勝負をしているうちに、いつか勉強自体が好きになっている自分に気付くでしょう。

 

毎日少しずつ勉強するところから始める

一気にやろうとしてうんざりしてしまうなら、まずは毎日少しずつ勉強するところから始めてみましょう。

暗記分野を少し覚えるとか、数学の問題を1題してみるとかでも構いません。

それが習慣になってきたら、少しずつこなす量を増やしてみましょう。

そうすれば、気付いたら毎日勉強を十分にこなすということも出来ているようになるでしょう。

 

将来したいことを考えてみる

一度自分が将来やりたいことについて考えてみましょう。そして、そのためにどれぐらい勉強する必要があるのか考えてみましょう。

例えば、医者になりたいなら医学部に入れるだけの勉強量が必要ですし、他の職業でも、その職業についての知識を蓄えるためにも勉強という行為は避けては通れません。

具体的な目的を持つことで、勉強をするという行為に新しく意義が生まれます。

そうすれば、勉強をすることに前よりも真剣に取り組めるようになるでしょう。

・普段勉強している環境を変える 
・友達と一緒にする
 

・毎日少しずつ勉強することから始めてみる

・将来について考える

まとめ

今回の記事のまとめは以下のようになります。

・勉強を好きになることで成績も伸ばしやすくなる

・わからなかったり、やらされていると感じることで勉強が嫌いになってしまう

・勉強が好きになるためにはモチベーションを上げることが大切

あなたも、この記事の方法を実践して、勉強が好きでたまらないようになってみてください!