浪人生に必要な勉強時間ってどれくらい?勉強時間を増やす秘訣も解説!

勉強の集中力を高めるアロマについて 浪人生向け




大学受験に対する勉強時間は、志望校合格を目指す人は誰でも気になる部分ですよね。特に浪人生の場合は多くの人が1人なので周りとの交流も少なくなってきます。

他の受験生は、どれくらい勉強しているのだろう…自分は少なすぎではないか…と考えてしまうわけです。

なので、この記事では浪人生の勉強時間についてまとめたのでこの記事を参考にしてこれからの勉強の方針を立ててもらえればと思います!

浪人中は自分で勉強時間を決めなくてはいけない

 

浪人中は自分で勉強時間を決めなくてはいけない

 

浪人中はもちろんのことですが今まで通っていた高校はありません。なので学校のような強制的に勉強を始める環境がないので自分で勉強時間を決める必要があります。

ポイント
毎日一定の生活リズムを作り、勉強することが当たり前の毎日を作っていきましょう。

1日前は8時間勉強したけど、今日は1分も勉強していない…なんて人は要注意です。特に国語や英語などの言葉を扱う科目は毎日勉強しないと勘がすぐに鈍ってしまいます。

浪人が決まったらまずは毎日継続できるような勉強時間を決めてしまいましょう。

どうしても勉強時間を管理できない人は予備校、塾に行って勉強しないといけない環境を作るのもいいかもしれません。

 

浪人生の1日の勉強時間は?

 

浪人生の1日の勉強時間としては、平均としては10時間以上というのが多いです。

自分の今の偏差値と目指す大学の偏差値との差で勉強時間も変化してきますが、最低でも7時間以上は欲しいですね。

特に、医学部を目指す人となると1日13~14時間以上勉強している人もいます。

下に浪人生の意見を挙げておくので参考にしてください。

浪人生の意見

同志社大学Mさん
私は勉強し続けることが苦手だったので1日8時間程度にして継続することを心がけていました。
京都大学Yさん
僕は基本的には1日10時間はするようにしていました。スキマ時間の活用を意識していました。
神戸大学Hさん
僕は医学科を目指していたので15時間を目標に毎日頑張っていました。

浪人中に必要な勉強時間は

 

浪人中は基本的には毎日10時間以上は勉強するようにしましょう。1日の睡眠時間が6~7時間だと換算すると残りの17時間の中で約半分勉強してください。

17時間の中で入浴、食事を2時間をと換算しても残りは15時間です。その中勉強時間が10時間以内の人は娯楽に思った以上に時間を費やしているかもしれません。

下のようなことはしていないか1度確認してみましょう。

✅朝起床してからダラダラしてしまい、勉強するまで時間がかかる

✅寝る前に携帯をずっとしている

✅毎日友達と時間をかけて外食をしている

このような『勉強と関係のない時間』はなくしていくように意識してください。

 

浪人中に勉強時間を増やすには?

 

ここでは浪人中に勉強時間を増やす効果的な方法を5つ紹介するので実践してみてください!

 

目標を明確にする

 

浪人生活は1年間頑張り続けていかなくてはなりません。そんな長い間『志望校合格』という目標だけで勉強し続けていても途中であきらめてしまうことがほとんどです。

なので、目標を短期的なものにして現実味を持たせてみましょう。

例えば下のような目標がいいでしょう。

8月の模試で何点取る

二週間後までにこの参考書を終わらせる

来月までに英単語をすべて覚えきる

 

スキマ時間を利用する

 

浪人中に勉強時間を増やす方法『スキマ時間を活用する』

 

この方法は浪人生だけではなく、現役生も言われていることだと思いますがスキマ時間をうまく活用して勉強時間を増やしていってください。

『自分は忙しい!』と思う人もいるかもしれませんが自分の生活を1回見返してみてください。

電車の待ち時間や夕食後の休憩…などをすべて足し合わせると1時間程度は時間を浮かせることができます。その時間で英単語20個程度なら覚えることができると思います。

 

まず5分でいいから勉強する

 

浪人中に勉強時間を増やす方法『まずは5分でいいから勉強する』

 

上でも書きました、浪人生か1日最低でも7時間というなかなり多い時間を勉強に費やしていかなくてはなりません。

なので、いまいちモチベーションが上がらず、勉強を始めれられずに1日が過ぎていってしまう…のようなことにはなりかねません。

そんな時はまずはハードルをとにかく下げて、5分間勉強してみてください。これは『作業興奮』と言われています。やる気が出てから勉強するのではなく、勉強を始めるからやる気が出てくるのです。

何においてもそうなのですが、『始める際のスピード』は常に意識しておきましょう。

 

自分なりのスケジュールを立てる

 

浪人生活では、1日中時間を使うことができるわけですから、その時間をいかに有効に活用していくかで成績の伸びは変わってくるといっても過言ではありません。

『この教科は完璧にする』『寝る前はこの問題集をしよう』などのように自分なりの生活リズムを立てていきましょう。

浪人生活の詳しいスケジュールについては下の記事でもっと詳しく解説しているので興味がある方は見てみてください。

【浪人生必見】浪人で成功する人のスケジュールの立て方とは?

2018.03.02

 

友達との交流はほどほどにする

 

浪人中に勉強時間を増やす方法『友達との交流はほどほどにする』

 

浪人するということは、周りには大学に合格した同級生が多数います。そのような人とはまったく遊ぶなとはいいませんが交流はほどほどにしておきましょう。

友達との交流は思った以上に時間を取られてしまいます。カラオケなどに行ってしまっては何時間も無駄にしてしまいます。

浪人生のたがいに高めあえるライバルとは友達になってモチベーションを上げたりしてもいいですが、勉強時間を減らされてしまう友達との交流はほどほどにしておきましょう。

大学に合格したらたくさん遊ぶことはできるので今は勉強を頑張っていきましょう。

 

週に1日休みの日を作っていいのは本当?

 

浪人の際に勉強時間を増やすために休みの日を作るべきか

 

結論から言うと『休みの日は作るべき』です。

浪人生活は365日毎日勉強しなくてはいけないというイメージがありますが、実際は浪人生の多くが休みの日を自分の中で作っています。

休みの日を1週間に1日程度作ることによって他の日に効率のいい勉強ができるうえに『休みの日があるから頑張ろう!』というようにモチベーションを上げることもできます。

また、一人になりがちな浪人生活中に友達と交流することでお互い悩みを相談したりすることもできます。

下に浪人生の方の意見を聞いてみたので参考にしてください。

浪人生の意見

同志社大学Mさん
私は毎週日曜日を休みにしていました。漫画を読んだりソフトボールをしていました。
京都大学Yさん
僕は毎週休みの日に映画を2~3本見てました。そのために勉強を頑張っていたまであります。(笑)
神戸大学Hさん
毎週何曜日と決めずに1週間単位で疲れた日1日は休むように心がけていました。勉強を続けるにはこれは大事だと思います。

まとめ

 

いかがでしたか?

浪人生活は毎日勉強しないといけないイメージもありますが多くの人は『メリハリ』もって勉強していることが多いので、勉強ばかりせずにたまにはリフレッシュする時間を作ることも大事にしましょう。