大学受験に内申点って関係あるの?

大学受験に内申点って関係あるの? コラム




高校入試では、中学校の成績である内申点が大きく関係したことだと思います。

では大学受験ではどうなのでしょうか。

大学受験で内申点は関係するの?

大学受験には、大きく分けて『一般入試』と『推薦入試』の2つの方式があります。

一般入試はセンター試験や各大学から課される試験の結果のみで判定される入試方法のため、内申点は関係ありません。

推薦入試では高校の成績が基準になるため、推薦入試の受験を少しでも考えているのであれば、高校でもいい成績を取っておく必要があります。

ただし、一般入試と推薦入試の両方で、内申書という高校の成績を記載した詳細を提出しなければなりません。

● 一般入試…内申書は提出するが、内申点は合否に関係がない。

● 推薦入試…内申点が合否に大きく影響し、もちろん内申書も提出する。

「内申点が合否に影響しない一般入試でも、なぜ内申書を提出するの?」と思う方もいるでしょう。

これは入試の点数が同じ場合に、内申点を考慮して順位を決めるので、内申点が悪いと不合格になってしまう可能性があります。

内申点の出し方

高校での各教科の平常点やテストの点数を数値化し、それを大学受験での点数に生かせるようにしたのが内申点です。

具体的な内申点の出し方は各大学によって異なるので一概には言えませんが、上述のように推薦入試を受けるのであれば、高校でいい成績を取ることが合格への近道になるので、サボらずしっかりいい成績を取るようにしましょう。

大学受験の内申点の出し方は?

推薦だと合格を勝ち取りやすい

なんどもいう通り、推薦入試を受ける上で高校でいい成績を取ることが必要です。

これ以上ない近道ですが、逆に推薦入試で合格するために必要なことは高校でいい成績を取ることくらいです。

サボらずに勉強していれば高校でいい成績が取れると思うので、推薦入試だと合格しやすいと言えます。

推薦を受ける際の注意点

一般入試は1月〜3月に行われることに対して、推薦入試は通常、9月〜11月に行われます。

推薦入試を受けると合格のチャンスが1回増えるのでチャンスと捉えることもできますが、推薦入試だけの対策をしていると、それに失敗したときのリスクが大きく、他の受験生よりも一般入試への対策をする期間が短くなってしまいます。

このような注意点があることを心得ておきましょう。

まとめ

一般入試では内申点は関係ありませんが、推薦入試には内申点が大きく関わってきます。

推薦入試で合格を勝ち取るためには高校でいい成績を取ることが重要なので、少しでも推薦入試を受けるつもりがあれば高校でもいい成績を取るようにしましょう!また、こちらの記事で推薦入試についてまとめているので、あわせて読んでみてください!