できる受験生はノートの取り方が上手い!?

受験生のノートの取り方をわかりやすく説明します 勉強法




大学受験でノートの取り方は重要なのか?1度は思ったことがあるかと思います。結論から言うと、受験生にとってノートの取り方は重要です。

 

そこで、今回は大学受験にノートの取り方が重要なワケや具体的なノートの取り方について解説していきます。

 

是非、参考にしていって下さい。

大学受験にノートの取り方が重要なワケ

『そもそもノートの取り方って重要なの?』と思う人もいるかと思います。しかし、大学受験においてノートの取り方は重要です。

 

その理由は、何より、ノートの取り方によって復習の効率が格段に変わってくるからです。

 

きれいな字で書いたきれいなノートが良いとは思いませんが、

きちんとした規律に従って書かれているノートは、ランダムに書かれているノートに比べて、後で見返した時にその内容が一目で確認できます。

 

なので、ノートの取り方は重視するようにしましょう。

 

黒板を写すだけのノートでは成績はあがらない

※注意!※

成績が上がらない人のノートの取り方で大多数を占めているのが、「黒板を写すだけ」のノートを作っている人です。

ただノートを写すだけだと、”勉強”ではなく”作業”になってしまいます。

 

言ってしまえば、日本語がわからない外国人ですら、日本の学校の授業のノートを写すこと、つまり作業はできます。

大切なのは、考えながらノートを取ることです。

考えることによって、自分が疑問に思った点や先生が言ったことで大事だなと感じることが頭に入ってきます。
それらをノートに書いておいて、後で自分が見て分かるようにしておくのが正しいノートの取り方です。

 

受験生におすすめのノートの取り方

必ず日付を入れる

受験生におすすめのノートの取り方「日付をいれる」

 

いつその勉強をしたのかを把握することが出来るので、ノートを取る際に日付をいれることは重要です。

後で見返した時に、いつその勉強をしたのかを知ることで記憶の定着具合などを図ることができます。

ノートは1行ずつあける

受験生におすすめのノートの取り方「1行ずつあける」

 

ノートは詰めて書かずに、1行ずつあけるようにしましょう。

そうすることによって、一度勉強してもう一度勉強した時や復習をするときに、予備知識や気づいたことを記録することができます。

色の数を抑える

受験生におすすめのノートの取り方「色の数を抑える」

 

ノートの色の数が多すぎると、結局どこ重要なのかが分からなくなったり、目がちかちかしたりしてしまいます。

 

なので、ノートに使う色は、基本的には赤と黒の2色、多くても赤、黒、青の3色だけに抑えるようにしましょう。

 

ノートは科目ごとに分けよう

受験生におすすめのノートのまとめ方「ノートは科目ごとに分ける」

 

よく、全科目を1つのノートにまとめている人などが居ますが、基本的にノートは科目ごとに分ける方が良いです。

色んな科目が1つのノートにまとまっていれば、後で復習をする時に、どこにどの教科の何が書いてあるのかが分かりにくくなって、時間がかかってしまいます。
なので、ノートは科目ごとに分けて作るようにしましょう。

 

自分の苦手な場所には付箋

受験生におすすめのノート作り「苦手な場所に付箋を貼ろう」

 

ノートを見返すときに面倒なのが、自分の探しているところを見つけるのが面倒だということです。そこで、付箋を使うと効率よく見つけれるようになります。

 

具体的には、

自分がノートを書いている時に見返したいと思ったところに付箋をかぶせてはってしまいましょう。
ノートからはみ出させてしおりのように目印にするのではなく、見返したい箇所の上に思いっきり貼ってしまいます。

 

そうすると、ノートをぺらぺらとめくるだけで、自分が見返したいところが分かるようになります。

まとめ

いかがでしたか?

 

今回は、受験生にとってのノートの取り方の重要性や具体的なノートの取り方について解説してきました。

 

合格する受験生は、上手くノートを作れている場合がほとんどなので、今回書いたことを実践して、ノートをうまく作っていきましょう。