勉強のやる気や効率を上げるためのおすすめアロマと使い方を解説!

勉強のやる気や効率を上げるためのおすすめアロマと使い方を解説! 集中力アップ




人間は五感の生き物と言われています。クラシック音楽のBGMが勉強に効果的というのは有名な話ですよね。

これと同じようにアロマを活用することで勉強に対してメリットがたくさんあるのです。

今回は、アロマの効果からおすすめのアロマなども紹介していきます!

アロマと脳の関係

アロマ、つまり「香り」と脳には重要な関係があります。

アロマを上手く活用することで癒しの効果を得られたり、美容や健康の増進、メンタル面のケアなどいろいろな効果があります。

勉強に関して言えば、「集中力アップ」「記憶力が良くなる」などの効果もあります。

以下に香りと脳の関係について記述しておくのでぜひ参考にしてください。

香りと脳の関係

香りは脳、特に短期記憶を蓄える海馬に直接刺激を与えます。そのためアロマを嗅がずに記憶するのと、アロマを嗅ぎながら記憶するのとでは、海馬に与えられる刺激の量に差があるため、記憶力にも差が出るのです。

また集中力においても、脳機能を活性化させるアロマの力が発揮されます。勉強中にいかに集中力を高めるとは、「いかに脳機能を活性化させるか」に掛かっているのです。

引用元 勉強時に効果的なアロマオイル(精油)の選び方

勉強の時におすすめのアロマと使い方

ここではアロマに関してわからない人でもおすすめのアロマや使い方を紹介するのでぜひ参考にしてください!

集中したいときはペパーミント

勉強するときのおすすめアロマ『ペパーミント』

勉強に集中して取り組みたい時にはペパーミントがおすすめです。

アロマオイルで使ってみてもいいでしょう。すっきりとしていてさわやかなメントールの香りで気持ちを引き締めてくれます。

また、ペパーミントには眠気や精神疲労にも効果があるともいわれています。

具体的な使い方としては、ティッシュやハンカチに数滴たらして香りをゆっくり吸い込むようにしましょう。

ただ、匂いが強いので吸い込みすぎに注意です。マスク用にアロマスプレーを使ってみても良いかもしれません。

記憶力アップにはローズマリー

勉強するときのおすすめアロマ『ローズマリー』

ローズマリーは受験生の中では使っている人も多く、非常に人気なものになっています。

ローズマリーを置いている家庭も多いですし、学習塾にも取り入れられています。

ローズマリーのアロマオイルには頭脳を明晰にする効果があります。

この効果により、記憶力アップや無気力を防いでくれる効果が期待できます。

具体的な使い方としては、ローズマリーは刺激が強く、香りにクセもあるので精製水で薄めてスプレーを作り、部屋に時々スプレーするのがおすすめです。

目が疲れたらラベンダー

勉強するときのおすすめアロマ『ラベンダー』

勉強中ずっと集中しているとどうしても疲れてきてしまうますよね。

参考書を見すぎてしまって目の奥がじんじん痛む。そのような場合にはラベンダーがいいでしょう。

ラベンダーには鎮静効果があり、疲労回復やリラックス効果があります。

普段疲れやすく、また無理をしすぎてしまう人にはとてもおすすめです。

使い方としては、アイマスクが一般的です。

洗面器にお湯を張ってラベンダーのアロマオイルを数滴たらして、そこにタオルを浸して瞼の上に置いておきましょう。

やる気が出ないときにはグレープフルーツ

勉強, アロマ

 

勉強しようとしても中々やる気が出ない日もあると思います。

どうしてもやる気が出くてダラダラしてしまうときにはグレープフルーツの香りがおすすめです。

グレープフルーツの香りは交感神経を刺激して、脳が活発に働くようになります。

使い方としては、ペパーミントと同じでティッシュやハンカチに垂らす方法がおすすめです。

注意点としてはグレープフルーツには『光毒性』という性質があるので、肌についた状態で紫外線には当てないように気を付けましょう。

光毒性とは

この成分は 紫外線に反応して、かゆみ・発赤・シミなどの色素沈着などを引き起こす原因になります。

引用元 みんなのアロマテラピー

試験前日にはスイートマジョラム

 

勉強するときのおすすめアロマ『スイートマジョラム』

 

試験前日はとても緊張しますよね。不安や悩みなどで眠れないこともあるかもしれません。

そのような時にはスイートマジョラムを使ってみましょう。スイートマジョラムには、緊張を和らげたり寝つきを良くしたりする効果があります。

また、身体面での効果では、血液の循環を活性化し筋肉の凝りを直してくれます。なのでストレス解消にもとても役立つといわれています。

使い方としては芳香浴がおすすめです。試験前日にベッドや枕に数滴たらして眠りやすくなるようにしましょう。

ただ、枕カバーにつけるときはシミになってもかまわなところにつけるよう注意することが大事です。

落ち着きたいときにはユーカリ

勉強するときのおすすめアロマ『ユーカリ』

少し落ち着いて勉強がしたい時にはユーカリを使ってみましょう。

ユーカリはすっきりとした香りがあり、頭をクリアな状態にしてくれます。

また、抗菌作用があるので風邪気味の時に使うと風邪予防にもなるのでおすすめです。

使い方としては、マスクに1滴ユーカリのオイルを垂らす方法がおすすめです。鼻通りもよくなって勉強に集中できますよ。

勉強する際におすすめのアロマの商品

ここまでは、勉強中の様々な場面でおすすめのアロマと使い方などを紹介してきました。そこで、ここでは具体的に勉強する際におすすめのアロマの商品を紹介していきます。

勉強する際におすすめのアロマは、le phare(ルファル)です。le phare(ルファル)の魅力は以下の通りです。

✔有名ブランド香水に何滴しか使われていないとても高価な最高級天然精油を贅沢に使っている。

✔香りのプロの世界で20年以上、国内外で経験を積んだ香り風景デザイナーが送り出す、クリアな深みを備えた香りを楽しめる。

✔灯台をモチーフとしたおしゃれで透明感のあるデザイン

ルファルとは、フランス語で「灯台」を意味していて、“それぞれの場所で、それぞれの大切な時を、やさしく照らすように香るアロマでありたい”という思いから作られました。

受験生にとって命とも言えるほど大切な「勉強中の時間をやさしく照らすように香る」と聞くと良い響きですよね。

ルファルには以下のような様々な香りがあります。

・「薔薇の叙事詩」の香り

・「そよ風の便り」の香り

・「清き祝福」の香り

・「聡明なひととき」の香り

等々

おしゃれな名前で分かりずらいですが、先ほど紹介したような様々な香りのアロマがあり多様な効果を実感することが出来ます。

これだけの魅力があって、1000円を切る値段から購入できるのでおすすめです。

「勉強の際に使うアロマを探している」という人にはピッタリなので、以下からチェックしてみてください。



アロマを使う際の注意点

ここではアロマを使う際に意識しておいてほしい注意点について解説します!

今の自分に合ったアロマを選ぶ

アロマを使い際の注意点『自分に合ったアロマを選ぶ』

アロマを使う際の1つ目は「アロマは種類によって全然効果が違う」ことです。

体の疲れが取れたり肩こりが治るものもあれば、記憶力が上がったり落ち着きが保てるものもあります。

自分の好きな香りというだけで選んでいては思うような効果を得られない可能性があります。

その為、自分の今の状態にベストなアロマを使うことがとても大事です。

おすすめのアロマの香りは「ペパーミント」と「ローズマリー」です。そこまで刺激的でもないのでほとんどの人に合うと思います。

潤油を使う

アロマを勉強に使う際の注意点『潤油を使う』

アロマを使う際の2つ目の注意点は潤油を使う」ことです。

潤油とは直接植物から抽出したもので、人工香料や溶剤を使っているものでは期待通りの効果を見込めないだけでなく、体に悪影響も出かねません。

その為、アロマを購入する際はしっかりと成分を確認するように心がけましょう。

また、アロマは食べ物と同様にアレルギーが存在します。

敏感肌の人や何かのアレルギーを持っている人は、精油に対してトラブルを起こしやすい傾向があります。

そのような人はアロマテラピーを使用する時には自分をよく観察したり、事前にパッチテストなどを行って下さい。

使い方を必ず確認する

アロマにはそれぞれの使い方があります。正しい使い方をして初めてアロマの効果が効いてくるのです。

アロマを購入した後は必ず使用方法を確認して適当に使わないようにしましょう。

下にアロマオイルを使う際の注意点をいくつか挙げておくので確認しておいてください。

✔アロマオイルは直接肌にはつけない

光毒性のあるアロマオイルには紫外線は当てない(今回紹介した中ではグレープフルーツに光毒性あり)

お風呂に垂らす量は3~5滴まで

起床時にはラベンダーは不向き

長時間連続して使用しない

まとめ

今回の記事のまとめは以下の3点です。


✔アロマは脳と密接な関係があり、効果的に使うことで勉強の効率が上がる

自分に合ったアロマをしっかりと選ぶことが大切

アロマを使う際は取扱説明書をよく読む

アロマは勉強の際に使っている人は少ないですが、実際に使用してみると意外に効果があるので1回試しに使ってみてもらえればと思います。

 

 

大学受験プロおすすめの勉強法