勉強を習慣化できない理由から習慣にする方法まですべてを公開!

勉強習慣を身に着ける方法 勉強法




いざ受験勉強を始めてみたものの、毎日勉強を継続することができずに成績が伸び悩んでいる…。そう悩んではいませんか?

実際勉強を習慣づける子音は難しいですし、多くの受験生も方も『勉強が続けられない』と悩んでいるのです。しかし、学習習慣を身に着けることは長い受験生活を乗り切っていくためには必須のものになります。

なのでこの記事では勉強を習慣化できない理由から強を毎日続け、習慣化していくための方法についてとまとめました!

 

勉強の習慣ができている生徒は成績が伸びる

 

勉強の習慣ができている人は成績が伸びる

 

勉強を習慣化することはこれから効率的な勉強を行う上では欠かせません。理由としては、勉強を習慣化することで毎日の勉強が非常に楽になっていくからです。

頭で『勉強しなきゃ!』と思う前に体が動いてくれるのであなたのモチベーションとは全く関係なく勉強を継続していくことができるのです。

時にはやる気が出なかったり、体調がすぐれなかいこともあります。悩み事や他のことに興味があったりすることもあるでしょう。

しかし、『勉強の習慣化』ということが身についていけば、体調が悪くても、悪いなりに机に向かって勉強を始めることができます。そして、勉強を始めていけばだんだんエンジンがかかってきて勉強がはかどるようになってくるのです。

ポイント
歯を磨いたり、顔を洗ったりすることをめんどくさいと思う人はなかなかいないと思います。それは歯を磨いたりすることが習慣化しているからなのです。この感覚を勉強においても身につけることは可能なのです。

 

勉強習慣をなかなか身につけられない理由

 

勉強習慣をなかなか身につけられない理由

 

勉強習慣をなかなか身に着けらない人の大きな原因としては『毎日同じ時間に勉強しない』という理由が挙げられます。
昨日は何時間も勉強したけれども、今日は一日中ゲームをしていて、1分も勉強していない…なんてことではいつまでたっても勉強習慣は身につきません。

習慣は、毎日同じ時間に同じ事することによって成立していきます。勉強の習慣化のためには上で述べたような生活の『むら』をなくしていくことが必要になってきます。

また、ほかの原因としては『ながら勉強をしている』ことも上げられます。

勉強に集中できる環境でしっかり勉強しないと、いくら勉強しても習慣にすることはできません。

なので、クラシック音楽を聞きながら勉強程度は大丈夫なのですが、テレビを見ながらや、友達とLINEしながら、お菓子を食べながらの勉強というのは避けるようにしましょう。

 

おすすめの勉強習慣

 

ここでは勉強の効率を上げるための実践するべき勉強習慣について1つずつ解説します!

 

夜寝る直前に暗記を行う

 

おすすめの勉強習慣『寝る直前に暗記を行う』

 

寝る前にはその日に覚えたことの復習をするようにしましょう。人間は寝ている間、ノンレム睡眠とレム睡眠を繰り返しています。そしてこのレム睡眠の間に短期記憶を長期記憶へと変えていきます。

あなたはこれまで寝る直前に読んでいた本やテレビの内容が夢になって出てきたことが1度はあると思います。これは脳が記憶の整理を行っている過程なのです。

ポイント
このことからもわかるように寝る直前に覚えたことはかなり忘れにくくなるので暗記は寝る直前に行うことをお勧めします。

また、いくら寝る直前に覚えても睡眠時間が少なくては記憶の整理ができないので睡眠時間は最低でも6時間以上はとるように心がけましょう。

 

午前は数学などの問題演習を行う

 

おすすめの勉強習慣『午前は数学などの問題演習を行う』

 

数学や理科などの計算が必要になってくる教科は午前中のうちに終わらせるようにしましょう。脳は起きてから数時間後から活動しだして午前10時ごろが一番活発になるといわれています。

最初は脳がまだ目覚めていない可能性があるので簡単な問題から取り組んでいって調子が出てきたら応用問題や志望校の過去問にも挑戦してください。

午前中のうちに問題演習を終わらせておくことで午後になって焦ることもなくなりますし、肩の荷も軽くなるのでモチベーションも上がってくると思いますよ。

ただ注意点としては朝学習したことは大半が夜になったら忘れているので復習は欠かさないようにしましょう。

 

午後は英語や国語などの読解科目の勉強

 

おすすめの勉強習慣『午後は国語や英語などの読解科目の勉強』

 

昼食を食べ終えて、少し昼寝などで休憩をしたら午後は英語や国語などの読解科目を中心に勉強を進めていきましょう。午後は眠気も襲ってきてしまうのでとにかく『頭を使う』許可の勉強をすることが大事です。

また、午後は1番時間もあるので腰を据えてしっかりと勉強をすることができます。この時間を読解に使うことで付け焼刃ではない本物の実力がついてくるでしょう。

午後は下のような科目はすぐに眠くなってしまうので行わないように気を付けてください。

午後にやるべきでない勉強
✅世界史や地理などの暗記科目

✅数学の応用問題

 

25分勉強→10分休憩のペースで勉強する

 

おすすめの勉強習慣『25分勉強→10分休憩』

 

勉強は継続させないと意味はありません。1日中ダラダラと勉強していても実際は全く進んでいなかった…という経験をしたことがある人も多いでしょう。

自分では勉強しているつもりでも知らないうちに集中力は下がってきて。勉強の効率も落ちてきます。そこでところどころ休憩を入れることによって集中力も長続きするのです。

ポイント
休憩の目安として覚えておいてほしいことは『25分勉強→10分休憩』のサイクルです。これは心理学者のヨストが唱えている学習法で、この繰り返しが最も勉強の効率を上げると言われています。

25分は短いと感じるかもしれませんが実際集中して勉強してみると25分程度が限界なことが分かります。しっかり休憩をとって中身をある勉強ができるようにしましょう。

 

勉強を習慣化する方法

 

勉強を習慣化する方法としては

ハードルを低くする

✅常に勉強できる環境に身を置く

✅中途半端なところでやめる

✅勉強内容や勉強時間を記録する

✅1日のスケジュールを細かく立てておく

の5つの方法が効果的です。これから1つ1つ解説していきます!

 

ハードルを低くする

 

勉強を習慣にする方法『ハードルを低くする』

 

普段勉強しない人は、いきなり『毎日5時間勉強しよう!』と思ってもなかなかうまくいきません。いきなり目標を高くしても達成できる可能性はとても低いです。

なので、そんなときには『毎日10個でいいから英単語を覚えよう』『10分だけ参考書を読もう』のようにハードルをとにかく低くしてみてもいいかもしれません。自分で内容を決めて毎日行うだけなのでもっと簡単なものにしてもかまいません。

やる気がない時でも少し勉強すると『もう少しやってみるか』という気持ちになるので意外に勉強を続けることができますよ。

 

常に勉強できる環境に身を置いておく

 

勉強を習慣にする方法『常に勉強できる環境に身を置く』

 

いざ勉強を始めようと思っていても机を片付けて、教科書を用意して、辞書を探して…というように勉強まで戸惑っていてはいざ勉強を始めようと思っても始めたときにはやる気がなくなってしまいます。

なので、勉強をしようと思ったときにすぐに勉強に取り掛かることのできる環境を常に準備しておきましょう。

具体的には

・勉強道具は机にそろえておく

・机の上には必要最低限のものしか置かない

・漫画などの誘惑になりそなものは目の届かないところにしまっておく

などです。

理想としては『机に座ったらすぐに勉強を始められる状況』です。この環境づくりが勉強に対するハードルを下げてくれてスムーズに勉強に取り掛かることができますよ。

 

中途半端なところでやめる

 

勉強を習慣にする方法『中途半端なところでやめる』

 

普段勉強をしていると、ついキリのいいところでやめたくなってしまいますよね。しかし、脳科学的には中途半端なところでやめたほうがいいのです。これは脳科学では『ツァイガルニク効果』と言われています。

 

ツァイガルニク効果の説明

 

いくつかの課題を学習するに際して,それらの課題を完全に学習した場合よりも未完了の場合のほうがその課題の種類がよく想起されるという現象

 

引用元 コトバンク

 

つまり、完了させたものは忘れやすく、まだ未完成のものは忘れにくい、ということです。確かに未完成のワークや問題集があるとつい気になってしまいますよね。この『気になる』なるが次の勉強へのハードルを下げてくれます。

なので、参考書や問題集を行うときはあえて途中で終わらせるように意識してみましょう。

 

勉強内容や勉強時間を記録する

 

勉強を習慣にする方法『勉強時間や内容を記録する』

 

毎日なんとなく、漠然と勉強してもやる気は出てきませんし、毎日継続したいとはとても思いませんよね。

受験まではとても長い道のりですし志望校合格という目標では現実味ががあまりないので勉強のやる気もいまいち出てきません。

なので、自分のこれまでの勉強時間や勉強内容をわかりやすく記録をして、毎日目標に向かって前進している様子を可視化することで勉強に対するモチベーションもわいてきますし、勉強を続けることができます。

私は『studyplus』というアプリを使って勉強時間を記録していました。このアプリは勉強時間を記録するだけでなく、同じような仲間を見つけてお互い高めあうことができるのでとてもおすすめのアプリです。

studyplusのダウンロードは下から行えるので興味がある方はぜひダウンロードしてみてください!

 

勉強習慣を身に着けるのにおすすめのアプリ「Study plus(App Store)」
勉強習慣を身に着けるのにおすすめのアプリ「Study plus(Google Play)」

勉強を習慣にする方法『勉強時間や内容を記録する』

 

1日のスケジュールを細かく立てておく

 

勉強を習慣にする方法『1日のスケジュールを細かく立てる』

 

 

勉強が始められない、継続できない人の解く李朝としては毎日朝起きたら『今日は何の勉強をしよう?』とその日ごとに考えいている傾向が強いです。

これでは自分が今やるべきことを明確化できていないのでモチベーションも上がりにくいですし、勉強の方針を間違えてしまう可能性すらあります。勉強の方針を間違えてしまうと成績も上がらずさらにやる気が落ちていってしまいます。

なので、1日の終わりには『明日の勉強スケジュール』を書いておくことを習慣にしてしまいましょう。これによってスケジュール通りにできたら達成感もありますし勉強を続けられると思います。

スケジュールを立てる際の注意点としては『とにかく細かく書く』ことが大事です。何をするのかすぐにわかる状態にしておいてください。下に例を挙げておきます。

8:30 起床

8:30~9:00 朝食

9:00~9:30 英語の教科書27ページの音読

9:30~11:30 数学のチャートの68ページの問題演習5番

11:30~12:00 昼食

23:00 就寝

 

勉強を習慣化するためのおすすめアプリ

 

勉強はなかなか習慣づけることは難しいです。なので『アプリ』の力を借りて強制的に習慣づけてしまうこともおすすめです。勉強の助けるアプリは様々な会社で作られています。

下の記事でおすすめの勉強アプリを紹介しているので興味のある方はぜひ読んでみてください。

 

勉強に集中するための厳選アプリ!

 

まとめ

 

いかがでしたか?

勉強は少しの時間でもいいので毎日継続することがとても大切になってきます。勉強を習慣化できないのは必ず理由がありその解決策も必ず存在しますなので、この記事を参考にして勉強を習慣化できるようになってもらいたいと思います。