勉強の効率が上がる時間帯とは

勉強の効率は時間帯で大きく変わる?勉強が捗る時間帯とは 集中力アップ



勉強の効率は時間帯で大きく変わります。

また、時間帯によって向いている勉強もあります。今回の記事では、時間帯別に向いている勉強や効率が大きく落ちる時間帯などを解説していきます。

早朝の時間帯に行うべき勉強

早朝の時間帯に行うべき勉強

起きた直後の早朝は、ほとんど脳が働いていません。

なので、早朝に起きていきなり勉強するには効率的でありません。勉強を開始するのは、起床後30分~1時間後にしましょう。

起きた直後は、軽い運動や朝御飯を食べるなど、脳を働かせるための準備をするのが効果的です。

おすすめの運動は軽いウォーキングなどの有酸素運動です。受験中の運動については以下の記事にまとめているので合わせてご覧ください。

大学受験生の運動不足の影響と解消法

2018.01.07

受験生におすすめの食事や栄養素について以下の記事にまとめています。毎日の朝御飯の参考にしてみて下さい。

【徹底分析】受験生におすすめの食事と栄養素

2018.02.11

起床後30分~1時間後からの勉強は、いきなり高い集中力を要するものは向いていないので、軽い計算問題や英語の音読などで脳を徐々に起こしていくのがおすすめです。

軽い計算問題

早朝の時間帯に行うべき勉強「軽い計算問題」

軽い計算問題は、早朝の時間帯にこなすと脳を徐々に起こすのに効果的です。

難しすぎる計算問題だと脳が上手く働いてくれなく中々解けないので、軽く頭を使うレベルの問題を選ぶのがポイントです。

おすすめなのは、以下のような計算問題です。

・2次方程式などの因数分解

・簡単な微分、積分の計算

試験中の計算ミスをなくすには反復して練習することが大事です。毎日早朝の時間帯に計算問題に取り組むことで、計算ミスが減らしやすくなるので、意識して取り組みましょう。

試験中の計算ミスをなくす方法については、以下の記事で更に詳しく解説しています。合わせてご覧ください。

計算が苦手な受験生必見!計算ミスをなくす方法

2019.04.17

英語の音読

早朝の時間帯に行うべき勉強「英語の音読」

英語の音読も同様に早朝の時間帯に取り組む勉強として効果的です。

何より音読は、英文を見るのに目、読むのに口、聞くのに耳、と多くの感覚を使うので脳を起こすのにもってこいです。

音読の効果は以下のように様々あります。

・英文を前から理解できるようになる

・速読力が向上する

・速聴力が向上する

・語彙力が向上する

日本語と英語は話す順番が違うので、英文を日本語訳する時には後ろから返って読む必要があります。

英文を前から順に理解できると、英文を日本語のような感覚で読み進める事が出来るので、簡単に英文の意味を取れるようになります。

英語の音読の更に具体的な効果や実際のやり方については以下の記事にまとめているので、参考にしてみて下さい。

英語の音読の効果とやり方

2018.07.08

午前中の時間帯に行うべき勉強

午前中の時間帯に行うべき勉強

午前中時間帯は、睡眠によって脳の情報が整理されてフレッシュな状態なので、発想力を要する勉強に向いています。

ここでは、午前中の時間帯に行うべき具体的な勉強を解説していきます。

自分が今一番伸ばしたい勉強

午前中の時間帯に行うべき勉強「自分が今一番伸ばしたい勉強」

午前中の時間帯は、自分が今最も伸ばしたい勉強をしましょう。

人の脳は寝ている間に整理されているので、午前中は最も思考回路が整理されている状態です。また、脳が整理されているので、勉強した内容がどんどん頭に入ってきます。

伸ばしたい教科や分野を午前中の時間帯に勉強する事で、効率的に力を付けることが出来ます。

ただ、午前中の時間帯に暗記物をするのは厳禁です。

というのも、午前中は記憶した事を保管しておく場所の空きは多くあるものの、いきなり情報を溜めると、1日の中で入ってくる様々な情報によって上書きされてしまうからです。

なので、暗記物以外で伸ばしたい勉強を選ぶようにしましょう。

午前中に勉強する上でのポイントなどを以下の記事にまとめています。合わせてご覧ください。

朝に勉強する効果と正しい取り組み方

2018.08.27

過去問演習

午前中の時間帯に行うべき勉強「過去問演習」

受験直前期であれば、午前中の時間帯に過去問演習を行うのも効果的です。

基本的に大学入試は午前中から行われるので、同じ時間帯に過去問を解いておくと本番の演習になります。

大学受験の過去問について効果的な活用法などを以下の記事にまとめています。合わせてご覧ください。

赤本はいつから?赤本・過去問の使い方を解説!

2018.12.04

昼の時間帯に行うべき勉強

昼の時間帯に行うべき勉強

昼の時間帯は、比較的脳が活発な時期です。

なので、勉強には向いているのですが昼食後は眠気から中々集中できません。昼の集中力を高める為にも、昼食後の13時頃には20~30分程度の仮眠を挟むのをおすすめします。

ただ、横になって眠るとリラックスして眠りが深くなり長時間眠ってしまうので、机などに伏せて寝るのが大事です。

仮眠の更に具体的な効果や方法については、以下の記事にまとめているので参考にしてみて下さい。

勉強の合間に仮眠するといいって本当?勉強中の昼寝の仕方を大公開!

2018.10.02

昼の仮眠後の時間帯には、教科問わずに難しい問題を収録した問題集に取り組むのが効果的です。

ひらめきや発想力が発揮されやすい時間帯なので、難しい問題でも解法を考えつくかもしれません。

各教科のおすすめ問題集は以下の記事にまとめています。合わせてご覧ください。

【科目別】大学受験におすすめの参考書・問題集

2018.11.12

夕方の時間帯に行うべき勉強

夕方の時間帯に行うべき勉強

16時頃の夕方の時間帯になると、脳も疲れてきて集中力が低下していきます。

また、小腹が空いてくる事による疲労も襲ってきます。少しおやつを食べるのは良いですが、甘い物を食べるのは厳禁です。

糖分は眠気と重大な関係性を持っていて、甘い物を食べると体が重くなり、強烈な眠気が訪れ頭の回転も鈍くなります。勉強中のおすすめのおやつは以下の記事にまとめているので、参考にしてみて下さい。

甘いものは勉強にとっては悪影響!では何を食べたらいいの?

2018.02.23

集中力が低下する夕方の時間帯は、自分が1番好きな科目の勉強をするのが効果的です。

仮に疲れている状態であっても、好きな勉強ならば集中しやすいです。他の時間帯にはあえて得意科目の勉強をせずに、夕方に持ってくるのも効率的な戦略であると言えます。

夜の時間帯に行うべき勉強

夜の時間帯に行うべき勉強

夜の時間帯は暗記物の勉強がおすすめです。

というのも、記憶は睡眠で定着します。睡眠中には、起きている内に覚えたことの中から要らないものが捨てられて、必要なものが記憶されます。

夜の就寝前の時間帯の暗記をすると、後に他の事に意識を向けずにそのまま寝ます。なので、日中覚えるよりも、覚えた事がダイレクトに整理されやすいのです。

特に社会系科目や生物、英単語や漢字の勉強にはもってこいです。

ただ、あまりにも勉強に集中しすぎると興奮状態に入って、睡眠に支障をきたす可能性があるので注意しましょう。

効率的に暗記する方法を以下の記事にまとめています。合わせてご覧ください。

効率よく暗記する方法11選

2018.10.18

勉強に適さない時間帯

勉強に適さない時間帯
逆に、勉強の効率が大きく低下する時間帯もあります。

深夜に寝る間を惜しんで勉強するのはNGです。

寝る間を惜しんで勉強すると、翌日は睡眠不足で活動することに繋がります。睡眠不足だと集中力が落ちて暗記の効率が下がる上に、脳機能が下がって本来の実力が発揮出来ないからです。

また、睡眠が不足すると暗記したことを寝ている間に記憶として整理し定着させる働きも低下します。

他にも、睡眠不足から起こる悪影響は以下のものがあります。

・免疫が弱くなり風邪を引きやすくなる

・疲れが取れず次の日に持ち越される

・頭痛や肩こりが起きやすくなる

・吐き気やめまいが起きやすくなる

・身体能力が落ちる

・精神的に落ち込みやすくなる

・イライラしたり怒りっぽくなる

・自信がなくなり、挑戦する気力がなくなる

受験でも日常生活でも睡眠不足は百害あって一利なしです。忙しくても、睡眠時間は確保するようにしましょう。

理想の睡眠時間については以下の記事にまとめています。合わせてご覧ください。

【受験生必見】大学受験における理想の睡眠時間を一挙公開

2017.12.21

まとめ

時間帯別におすすめの勉強や効率が低下するタイミングを解説してきました。今回の記事の内容をまとめます。

・起床後は朝御飯や運動で脳を働かせる準備をする

・早朝の時間帯は計算問題や英語の音読がおすすめ

・午前中の時間帯は今自分が一番伸ばしたい勉強をする

・昼の時間帯は難しい問題集などに取り組むのが効果的

・夕方の時間帯は得意科目がおすすめ

・夜の時間帯は暗記物をするのが効果的

・深夜寝る間を惜しんで勉強するのはNG

時間帯ごとに適した勉強を理解して、効率的に受験生活を進めていきましょう。