意外と知らない予備校と塾の違いとは

予備校と塾の違い コラム




あなたは予備校と塾の違いについて知っていますか?同じものだと思っている方も多いのではないのでしょうか。

ですが、詳しく内容を見ていくと予備校と塾は別物だということがわかります。

そこでこの記事では、予備校と塾の違についてまとめてみたので、ぜひ確認してみましょう!

 

予備校と塾は似てるけど違う

予備校と塾では、講師がいて授業を受けるということは同じなので、一見同じ施設のように感じるかもしれません。

しかし、予備校と塾では、その授業体制やサポート面などが大きく変わってくるのです。

それぞれのメリット、デメリットを考えてどちらにするか選ばないと、自分の思うようにいかず、成績が全然伸びなくなってしまうということも考えられます。

具体的には、どういった面が変わってくるのでしょうか?

それぞれの特徴を見ていきましょう。

 

予備校の特徴

 受験に特化した授業が受けられる

予備校では、その科目専門の講師が講義を行うことになります。

そのため、受験対策として質の高い講義を受けることが出来ます。

また、映像授業として、他の教室からでも人気講師の授業を受けることが出来る予備校もあります。

ただし、人気のある講師には人がたくさん集まるためなかなか質問出来ないこともあります。

また、講義では宿題や出席の管理はされないため、人によってはついついサボってしまうということも考えられます。

 

 受験に関する情報を仕入れることが出来る

予備校では、大学受験を専門にしているために受験に関するデータを集めやすいです。

また、模試がある予備校では、その結果を見て自分の成績が全国的にどれぐらいの順位なのかということを知ることが出来ます。

大学の過去問も豊富においてあり、受験対策の際に利用しやすいです。

このように、予備校は大学受験を目的にして行く場所なのです

予備校の特徴
・受験に特化した授業が受けられる
・受験に関する情報を仕入れることが出来る

 

塾の特徴

 学校の授業内容を補強出来る

塾では、大学受験を専門にしているわけではないため、自分に合った内容で授業を受けることが出来ます。

また、講師との距離が近いためわからないところを質問しやすく、学校で習った内容を補強するのに向いています。

ただし、授業では出席、宿題を管理されるため、自分のペースで進めたい人には向いていないこともあります。

また、個別の場合は、講師がアルバイトの学生であることが多いため、当たり外れが大きい傾向にあります。

 

 進路指導を受けやすい

塾では、講師から直接進路指導をしてもらうことが出来ます。

自分の成績状況を直接目にしている講師に指導してもらうことで、より親身になってもらって相談出来ていると感じることが出来るのです。

やはり、自分の学力を知っている講師から進路指導を受ける方がより的確で安心出来るものになります。

 

推薦の対策がしやすい

授業内容が比較的自由で学校の授業内容を補強しやすいという性質上、内申点を上げるのには塾が向いています。

そのため、内申点がダイレクトに関わってくる推薦の対策として塾は有効です。

また、生徒一人一人の面倒を見てもらえるため、推薦入試でありがちな面接の対策をしてもらいやすいです。

面接の練習は相手がいないとすることが出来ません。

講師に頼んで面接の練習をしてもらうことで、面接においてマイナスになりそうなところを教えてもらえたり、自己アピールの練習をすることが出来るというのも、塾の特徴であるといえるでしょう。

 

このように、塾は大学受験だけでなく、日頃の勉強の補助など様々な目的に合わせて利用する場所なのです。

塾の特徴
・学校の授業内容を補強出来る
・進路指導を受けやすい

・推薦の対策がしやすい

 

予備校と塾ではどちらが安い?

予備校と塾の違いについて、内容面は上で述べた通りです。

では金銭面についてはどうでしょうか?

結論から言うと、予備校よりも塾の方がかかるお金は少なくなる傾向にあります。

これは、予備校が大学受験の中でも1つの科目に特化した専門性の高い講師を雇っている分費用がかかるからです。

また、夏季講習のような長期休暇の講習については、どちらも別途お金がかかります。

予算と相談して決めるようにしましょう。

個別指導を受けたい場合どちらが良い?

個別指導を実施しているのは塾が主流です。

これは、個別指導の生徒一人一人の面倒を見るというコンセプトが塾の性質と親和性が高いからです。

場所によっては予備校で個別指導も行っているという場合があります。

ただし、予備校といえど個別指導を行っているのは塾と同じようにプロではなくバイトの学生であるというケースが多いです。

そのため、他に受ける授業やサポート面や費用を総合的に考えて予備校か塾かを選ぶようにすると良いでしょう。

 

予備校に向いている人はこんな人

それでは、どのような人が予備校に向いているのでしょうか?

例えば、予備校は大学受験する人の中でも、より高度な勉強を求めている人に向いています。

大学受験の対策としては、予備校は専門家です。そのため、レベルの高い授業や対策を求めている人にとっては予備校の方が向いています。

また、その中でも管理されていなくても自学自習がきっちりと出来る人が望ましいです。

比較的自由なスケジュールの中で、自分のペースでしっかりと勉強できる人に向いているでしょう。

 

予備校に向いている人
・大学受験の中でも高度な勉強を求めている人
・自学自習がきっちりと出来る人

 

塾に向いている人はこんな人

ま塾は学校の勉強に不安を抱える人や、大学受験する人の中でも自分を律して勉強する自信のない人に向いています。

ある程度管理されるため、日頃から勉学面だけでなく生活面もサポートされたいと考えている人に向いています。

勉強をする時にある程度管理されたい方におすすめです。

また、講師との距離が近い方がいい人も塾の方が向いていると言えるでしょう。

 

塾に向いている人
・学校の勉強に不安を抱える人
・自分を律して勉強する自信のない人
・講師との距離が近い方がいい人

 

まとめ

今回の記事のまとめは以下の通りになります。

・予備校は大学受験専門に特化している

・塾は学校の勉強のサポートとしても使える

・予備校と塾のうちどちらにするかは自分の学力や性格で決めるのが大事

あなたに合った方で学んで、より成績を伸ばしていきましょう!