浪人のメリットとデメリットについて徹底比較

2浪3浪する人は絶対に知らない浪人のメリット 浪人生向け



志望校に落ちてしまいました…。滑り止めの大学に行くか浪人をするか迷っているんですけど、やっぱり浪人ってやめたほうがいいんですかね?

浪人に対して、マイナスなイメージを持たれることがありますが、浪人にはデメリットだけなくメリットも存在します。

今回はメリットとデメリット両方を詳しく解説していくので、浪人するか迷っていたり不安を感じている人は参考にしてもらえればと思います。

浪人のメリット

2浪3浪する人は絶対知らない浪人メリット”浪人メリット”

 

浪人をすることのメリットはたくさんあります。浪人のメリットについて順にみていきましょう。

勉強に1年間集中できる

浪人のメリットの一つ目は勉強に集中できる時間を確保できることです。

現役の時に部活や課外活動などで勉強の時間を十分に確保できなかった人は勉強する時間を確保することで自分の力や夢に見合った大学に挑戦できるようになります。

自分に妥協せずに済む

浪人することのメリットの二つ目は妥協しないで済むことです。

現役で思うような結果が出なかったときに滑り止めの大学に進学したり大学進学をあきらめたりする選択もありますが、その選択をしたときに後悔が残ってしまうこともあります。

浪人をして再度大学受験に挑戦することで妥協しないことで後悔しないで済むというメリットがあります。

精神的に強くなれる

浪人のメリットの三つ目は精神的に強くなれるということです。

浪人生活はつらいもので、その中で自分の目標である合格に向けて勉強を続けていくという経験を通じ、精神的に成長することが出来ます。

この経験は今後の人生での自信につながったり、「あの時頑張れたから今回も頑張ろう」といったように頑張るための原動力になったりするでしょう。

自己管理ができるようになる

浪人のメリットの四つ目は自己管理能力が身につくということです。

浪人生活は高校までと違いカリキュラムというものはありません。

どのような勉強をどの時期にするのかといったことは自分で決めていかなければなりません。

目安となる浪人のスケジュールについては別の記事にまとめているのでそちらも見てみてください。

【浪人生必見】浪人で成功する人のスケジュールの立て方とは?

2018.03.02

また、「勉強をしなさい」と言われてやるのではない環境でも自主的に勉強をしていかなければならないのが浪人生です。

この経験を通じて自己管理ができるようになるのは大きなメリットです。

浪人してよかったと思う人の意見

私1人の話だけでなく、他の人の意見も見てみましょう。

浪人してよかったと思う人の意見をまとめてみました。

・第一志望の大学、学部に合格することができた

・第一志望には合格できなかったけど、自分の限界に挑戦できたので良かった

・現役時代とは見違えるほど成長できた

・苦しいことがあっても「浪人時代よりましだ」と思って頑張れるようになった

・勉強漬けの毎日を乗り越えて自信がついた

・友達と切磋琢磨できて、その友達は一生の付き合いになりそうだ

 

第一志望に合格できなくても挑戦してよかったという意見が印象的ですね。

 

浪人のデメリット

2浪3浪する人は絶対知らない浪人メリット”浪人のデメリット”

 

浪人することで得られるメリットもあればデメリットもあります。

浪人のデメリットについてもまとめたので順にみていきましょう。

浪人するとお金がかかる

浪人すると予備校に行く人が大半ですが、そうするとお金がかかってしまうというデメリットがあります。

浪人をすれば約100万円ほどのお金が1年間でかかってしまいます。

詳しい浪人の予備校でかかる費用についてはこちらの記事で紹介しているのでまだ見ていない人は見てみてください。

【2019年版】浪人の費用はいくら?予備校ごとに徹底検証!

2018.02.26

浪人は精神的につらい

浪人するデメリットの二つ目は単純に浪人生活が精神的につらいということです。

浪人すると親に迷惑をかけてしまってるとか、今年度で志望校に受からないといけないというようなプレッシャーもあります。

また、遊ぶ時間をなかなか思うように取れず勉強を長時間しないといけないのは多くの浪人生にとって楽しいものではないでしょう。

詳しくはこちらの記事で紹介しているので実態と、つらい生活を少しでもマシにするための方法を知りたい人は読んでみてください。

浪人はなぜつらい?また、そのメンタルマネジメント法とは!?

2018.05.16

同い年の人が先輩になってしまう

浪人することのデメリットの三つ目は大学に入った後に、同い年の人が先輩になってしまうことです。

大学では基本的に年齢ではなく、学年で先輩後輩が決まります。

同い年でも入学の時期が変わってしまうため浪人すると自分が後輩になってしまうのです。

また、同じように、同学年の人が年下になってしまいます。

大学では「年齢を気にしない」ということが必要です。

行きたい大学に行けるとはかぎらない

浪人すると1年勉強する時間が増えるため行きたい大学にほぼ確実に合格できるというように思う人がいますが、実際はそんなことありません。

浪人をして行きたい大学に合格した人もたくさんいますが、行きたい大学に行くことが出来なかった人もたくさんいます。

浪人の1年間を有効活用して勉強に打ち込むことが出来た人しか行きたい大学に行くことはできないと思ったほうがいいでしょう。

浪人して後悔している人の意見

浪人して後悔している人の意見もまとめてみました。

・現役時代と成績が変わらないor現役時代より下がってしまった

・現役時代に合格していた大学に行くことになってつらい

・途中で勉強が嫌になって辞めたので全落ちした

・結果はまずまずだったがとにかく辛かったので経験しなければよかった

・中学や高校の同級生が上級生なので気まずい

・大学に入ってから現役生と仲良くなれなかった

結果が出なかった場合後悔する人もいるようですね。

中には現役生についていけない人もいるという意見もあるようです。

 

悔いのない選択をしよう

浪人のメリット・デメリットを知って悔いない選択しよう

浪人のメリットデメリットをまとめましたが、肝心なのは自分がどう思うかです。

滑り止めの大学に進学しても「授業がつまらないので浪人すればよかった」と思う人もいれば、「大学生活が楽しいので浪人しなくてよかった」と思う人もいます。

 

一番もったいないのは進んだ先で後悔してその場でくさってしまうことです。迷った時には思い切って挑戦することをおすすめします!

 

「浪人のメリットとデメリットを理解して挑戦しようという気持ちにはなったけど、成功率が気になる・・・」「失敗する人も多いんじゃ・・・?」という方はこちらの記事も参考にしてくださいね。

大学受験の浪人生の成功率はどれくらい?浪人合格の方法も解説!

2018.02.25

 

まとめ

いかがでしたか?今回の記事のまとめとしては、以下の2点です。

・浪人のメリットは目標に向かって努力する力がつくこと
・浪人のデメリットは勉強漬けの毎日は想像以上に厳しいこと

浪人にはメリットデメリットがあり、悩んでいる人も多いと思いますが自分が後悔しない方を選ぶことがもっと重要です。

ぜひこの記事を参考にして、悔いのない選択をしてもらえればと思います!

下の記事では、浪人生が志望校に合格するための方法を詳しく解説しているので興味のある方はぜひ読んでみてください。

【浪人生必読】大学受験プロ式の浪人成功方法まとめ

2018.07.02

【広告掲載】無料相談のご案内

広告掲載