大学受験の勉強が始められない!勉強がすぐに始められる秘訣を解説!

勉強が始められない原因は何? 勉強法




大学受験で多くの受験生が悩むことに、勉強になかなか手がつけられないことがあります。大学受験の勉強は教科がとても多いですよね。英語、数学、国語、物理、生物など多くの教科を勉強しなければなりません。

 

受験の教科が多すぎて勉強したくなることがある受験生は多くいます。今回は勉強をなかなか始めることができない原因や勉強がしやすくなる方法をご紹介します。

勉強をなかなか始められない人の原因

勉強が始められない人の原因

勉強がなかなか始めることができない人は、どのようなことが原因なのでしょうか?多くの受験生が勉強までに時間がかかる原因にはいくつかあります。

 

主な原因はこちらです。

 

勉強前にスマホを触る

勉強が始められない原因はスマホを触ること

勉強前にスマホを触っているとどんどん勉強時間が無くなっていきます。スマホは受験生にとって時間泥棒です。

 

勉強前にスマホを触ると、スマホのゲームや動画視聴をしてしまいます。ゲームや動画がおもしろくて、勉強に手を付けられなくなってしまいます。勉強の前にスマホを触ることは控えるようにしましょう。

 

勉強ができる環境が整っていない

勉強が始められない原因は勉強の環境が整っていないこと

勉強ができない原因の一つに自分の部屋が勉強ができるような環境になっていない場合があります。あなたの部屋に思い当たることはありませんか?

 

部屋の机に本や物で散らかっている。実はこれが勉強が始められない原因の一つなのです。

 

部屋が散らかっていると、とても勉強する気が起こらないと思います。部屋を片付けると、自分の部屋の居心地はとても良くなります。

 

もし、部屋が散らかっているなら一度キレイに片づけてみましょう。

勉強をマイナスイメージで考えている

勉強が始められないのは勉強にネガティブなイメージがあるから

勉強は難しいし、しんどくて苦しい。ほとんどの受験生は勉強をこのように考えています。

 

ただ机に向かって、ひたすら問題集を解く。何も考えずに、ただ問題を解くだけでは受験勉強は続きません。ただの苦行になります。

 

受験勉強は忍耐も必要ですが、ちょっとした工夫を取り入れることで勉強がしやすくなる場合もあります。

勉強のハードルを自分で上げている

勉強が始められないのは勉強のハードルを上げているから

今から数学の問題集を30ページやるぞ!と意気込んでも、実際には勉強ができないことがほとんどです。

 

勉強に意気込むことは大事ですが、無理な目標を立て、達成できないことが続くと勉強のモチベーションがどんどん下がります。

 

勉強はただ量をこなそうとすると案外できないものです。英単語を10個覚えてみる。数学の問題を1問解く。このように小さい目標から達成していくのも一つの手です。

勉強の気分になれない

勉強が始められない原因は勉強の気分にならないから

受験勉強をしていると、勉強へのやる気が出ず、勉強の気分ではないと思うことがあります。また、中々手を付けられず、他のことに目が行ってしまうこともあります。

 

ほとんどの受験生がこの状態になります。勉強の気分が出ないときはこの記事で紹介する「勉強が始めやすくなる方法」か、思い切って勉強してみるのを一時中断してみましょう。

 

勉強を始めるまでのスピードを上げるメリット

勉強が始められないときは取りかかるスピードを上げる

勉強を始めるまでのスピード上げるとどのようなメリットがあるのでしょうか?勉強を始めるスピードを上げることで起こる良いことを解説していきます。

 

勉強を進めるスピードが上がっていく

勉強のスピードが上がる

勉強をなかなか始めれない人にとってはスピードを上げることは難しいです。しかし、勉強に取り掛かるスピードが早くなれば、勉強を進めるスピードも上がっていきます。

 

具体的にどのように取り組めばいいのでしょうか?2つ例を挙げます。

 

1つ目は学校から帰ってきて、晩ごはんを食べてから10分後には机に向かって勉強を始めることです。2つ目は土日では起床してから、1時間くらいで勉強を始めてみることです。

 

このように早めに取り掛かることで勉強の内容も早く進んでいきます。

勉強を早く終わらせ自分の好きなことができる

勉強後は好きなことをする

高校生は勉強ばかりで嫌になりますよね。高校生活の大半は勉強に費やす人も多いかと思いますが、勉強ばかりだとつまらなく思ってしまうことがあります。

 

そんなつまらない状況を打破する方法があります。まず勉強をしてから、あとで何でも好きなことをして良いという方法です。

 

次のテストまでに覚えなければいけない英語の文法や日本史の内容を覚えること、模試で解けるようにならなければならない数学や化学の問題をマスターすることを意識するのです。このようにきちんと勉強ができていれば、好きなことはしてもいいですよね。

 

気分転換にもなりますし、メリハリが付いてとてもオススメの方法です。

勉強の習慣がつくようになる

勉強の習慣がつく

勉強を始めるスピードが上がる方法は勉強の習慣を付けることです。受験生にとって、勉強の習慣がつくことは受験生活にはプラスの効果があります。

 

勉強する時間が増えることは問題演習や模試の復習をする時間が増えるということです。また、勉強で重要な反復練習ができるようになるということです。

 

勉強が始められない方はまず1時間でもいいので、習慣を付けることを目指してみてください。

 

受験勉強を始めやすくする方法

勉強を始めやすくする方法

勉強にすぐ取り掛かることができるようになる方法を紹介します。今回ご紹介する方法は意外にも簡単なことが多いです。

 

勉強を始めやすくするには、手軽にできることが大切だからと思ったからです。ぜひ参考にしてみてください。

 

まずは10分間勉強してみる

勉強が始められないときは10分間勉強をする

まず10分間だけ勉強することはとても効果があります。最初から2時間勉強すると意気込むより、10分間だけ勉強する方がハードルが低く、取り組みやすいです。

 

スポーツをする時もいきなり試合はしないですよね?最初は準備体操やウォーミングアップから始めるはずです。

 

最初の10分間の勉強では、取り組みやすい勉強がおすすめです。

 

・簡単な数学の基本問題を3問解く

・英単語を10個覚えてみる

・古文の基本的な文法問題を解く

 

一度取り組めば後は自然と勉強を進めることができるようになります。

時間ではなく勉強内容を決める

勉強に取り掛かるために時間ではなく勉強時間で決める

勉強8時間やってみよう。時間を決めて、勉強を始めたことはありませんか?人間の集中力には限界があります。8時間、10時間ずっと勉強はとても大変ですよね。

 

勉強は時間ではなく、勉強する量で決めてみましょう。

 

・数学の二次関数の問題を5問を3周する

・英文法の関係代名詞の重要部分をまとめる

・日本史の鎌倉時代の重要人物をノートに書く

 

ポイントは少し具体的に書いてみることです。具体的に勉強することが決まれば、とても取り組みやすくなります。

 

勉強場所を変えてみる

勉強を始められないときは勉強場所を変えてみる

勉強場所がいつも同じ場所ではありませんか?同じ場所だとマンネリ化してしまったり、集中力がどうしても続かない場合があります。勉強場所は自宅だけではありません。

 

・カフェ

・図書館

・学校の教室

・塾の自習室

 

このように勉強ができる場所はたくさんあります。勉強場所を変えることで、自分に合った勉強場所を見つけることもできます。

 

実際に自宅よりも図書館が合っていた。塾の自習室より自宅のリビングが勉強しやすかったという声もあるくらいです。もし、勉強が始められないときは気分転換で違う勉強場所を探してみましょう。

 

音楽を聴いてみる

勉強が始められないときは音楽を聞く

勉強の時に音楽を聴く受験生はたくさんいます。好きなアーティストの歌を聴くことでモチベーションが上がります。

 

音楽の活用方法はたくさんあります。

 

・勉強前の準備で聴く

・休憩中に音楽を聴きながら口ずさむ

・アルバムの曲が全て終わるまでに問題を解く

・洋楽を聴いてリスニングの練習

 

実は受験勉強中の音楽の活用方法は無限大です。気に入った方法を見つけると勉強も楽しくなります。

軽い運動をしてみる

勉強が始められないときは軽く運動をする

あえて勉強前に運動をしてみるという方法です。激しい運動ではなく軽い運動です。軽い運動にはウォーキングや軽い筋トレ、10分間のランニングがあります。

 

運動することで筋肉がほぐれ、血流が良くなります。軽い運動はリラックス効果もあるので、勉強への集中力も高まるのです。この方法はとてもオススメなので、ぜひやってみてください。

 

友達と一緒のタイミングで勉強する

友達と一緒のタイミングで勉強をする

一人でなかなか勉強が始められないときは友達と協力して始めるのも一つの方法です。友達と勉強の時間を決め、一緒にスタートすることで強制的に勉強を始めることができます。

 

受験勉強を友達と一緒にすることで、お互いにわからないところを教えあったり、受験のモチベーション維持にとても役に立ちます。

まとめ

 

勉強がなかなか始めることができないと思うばかりでは大学受験を乗り越えることができません。勉強は何も考えずにただやっていてもおもしろくありません。

 

・まずは10分間勉強してみる・時間ではなく勉強内容を決める

・勉強場所を変えてみる

・音楽を聴いてみる

・軽い運動をしてみる

・友達と一緒のタイミングで勉強する

 

今回、紹介したこれらの方法を1つ取り入れてみることが大切です。ちょっと工夫することで勉強がしやすくなるので、ぜひやってみてください。