勉強中にイライラする時の対処法とは

勉強中にイライラしてしまう?そんな時の対処法とは メンタルマネジメント




勉強中にイライラしてしまうという悩みを抱えている人は多いです。

この時、集中出来ていないため効率も落ちてしまい、時間を無駄にしてしまいます。

そうならないためにはどうすればいいでしょうか?

この記事では、勉強中に苛つく原因や対処法まとめてみたので確認しましょう。

 

勉強でイライラしてしまう原因

勉強の内容がわからない

勉強のイライラの原因として、内容が難しくて理解出来ないことが考えられます。

わからないことをやり続けるのは、精神的に苦痛です。

このせいで苛つき始めると、更に勉強に身が入らなくなり理解出来なくなってしまいます。

の場合は、勉強法自体を考え直しましょう。

 

勉強法については、下の記事で詳しく載せてあります。

こちらもぜひご覧ください。

各科目の勉強法はこれで完全網羅!大学受験プロ式勉強法まとめ

2018.01.14

周りの環境が合っていない

勉強のイライラの原因として、環境が悪いということも考えられます。

例えば、暑すぎたり寒すぎたりすると完全に集中することは出来ません。

その他にも、雑音が大きい環境や、汚い部屋でも集中し辛く感じてしまいます。

そのため、苛つかないような環境を作ることが重要なのです。

 

勉強でイライラしないようにする方法

周りの環境を確認する

勉強のイライラを抑えるために周りの環境を確認する
勉強のイライラの原因が精神的な面でなく、身体的に不快感を感じているからという可能性があります。

普段勉強している場所の室温が合わないことはありませんか?エアコンの温度を変えたり、服を着脱することで温度調節をして自分に合った環境にしましょう。

また、不便を感じる環境もイライラの原因になります。

机の上が汚かったり、参考書が整理されてないと、物を探す時間が増えて煩わしく感じるのです。

部屋が汚いと思ったらきちんと整頓して、使用頻度が高いものは取り出しやすいところに置きましょう。

 

科目を変える

勉強のイライラを避けるためには、同じ科目を続けるのは良くないです。

何故なら、それが例え得意科目でも、同じ教科を続けると飽きてしまうからです。

そのため、勉強の際は様々な科目をバランスしましょう。

また、科目のバランスを考えることで全科目で抜けを無くすことにも繋がります。

結果的に成績が向上するため一石二鳥です。

 

こまめに休憩を取る

勉強のイライラを抑えるためにこまめに休憩を取る
勉強をし過ぎていると感じても、精神的に疲れてイライラの原因になります。

学習し続けることを苦にしない人でなければ無理にし続けない方がいいでしょう。

時間が長い方が量を増やせると考える人もいますが、時間だけ長くても効率が落ちると意味がありません。

単純な話、100の効率で8時間するのと、80の効率で10時間するのとでは、合計は変わらないのです。

「この科目を終わらせたら15分休憩を取る」など、ある程度休憩を含めた計画を立てておきましょう。

 

場所を変える

勉強のイライラの原因として、同じ場所でし続けているために飽きを感じていることも考えられます。

気分転換も兼ねて場所を変えてみましょう。

例えば、いつも家を使っているなら、学校や図書館、カフェなども試してみましょう。

 

勉強に集中できる場所については下の記事で詳しく載せてあります。

勉強に集中するためのおすすめ場所9選!

2018.02.09
・周りの環境を確認する
・科目を変える
・こまめに休憩を取る
・場所を変える

勉強しているときのイライラ解消法

 姿勢を変える

勉強のイライラ解消法として、同じ姿勢で勉強し続けているなら一度体勢を変えましょう。

書くのに疲れたなら、暗記科目を寝ころびながら覚えても良いです。

同じ姿勢だと、苛つきだけでなく腰痛のような体の不調の原因にもなります。

そのため、それを防ぐことにも姿勢を変えるのは重要なのです。

 

また、勉強するときの正しい姿勢については下の記事で載せてあります。

勉強時の正しい姿勢とは

2018.02.13

 

将来どうしたいかを考える

勉強のイライラ解消法として、将来のことを考えましょう。

例えば、将来医者になりたい、この大学で学びたいのように元々の目的は色々とあるでしょう。

目的なしに集中し続けてもどこかで無理が出てしまいます。

元々の目的を思い出すことで、また新鮮な気持ちで勉強を始めることが出来ます。

 

深呼吸する

勉強のイライラ解消法として、深呼吸はとても有効です。

ストレスや焦りを感じる時に深呼吸すると気持ちを落ち着かせられます。

一度深呼吸してクールダウンすることで、苛つきを抑えることが出来ます。

 

ツボを押す

勉強のイライラの解消法として、イライラに効くツボを押ことも考えられます。

掌と手首のつけ根にある横じわと、小指から手首に下ろした線が交わった部分に神門というツボがあります。

苛つきを抑える効果があるため、ぜひ押してみましょう。

 

声を出す

勉強のイライラ解消法として、音を出しても大丈夫な環境なら声を出すことでスッキリさせるのも可能です。

声を出す内容はなんでも構いません。一度声を出すと気分転換になり、気持ちが楽になるでしょう。

 

休憩して仕切り直す

勉強中にイライラしてしまった時は、無理に続けても集中出来ないため、一度中断してしまというのも有りです。

遊んだり、お風呂に入ったり、寝て休憩することでリフレッシュして、次の勉強のエネルギーにしましょう。

効率の悪い勉強はしない方がマシです。

・姿勢を変える
・将来どうしたいかを考える
・深呼吸する
・ツボを押す
・声を出す
・休憩して仕切り直す

勉強中のイライラ解消法まとめ

勉強のイライラについてまとめると以下の通りになります。

・周りの環境の確認や、勉強する場所を変えることでイライラを予防出来る

・勉強中にイライラしたときは、姿勢を変えたり深呼吸して落ち着こう

・勉強は時間よりも効率が重要

あなたも、この記事を参考に勉強のイライラを解消してみましょう。