漢文の勉強法

一ヶ月で成績が上がる!大学受験における漢文の効率的な勉強法とは 勉強法




漢文の勉強法で悩んでいる人は多いです。

今までほぼ勉強してこなかったという人もいるでしょう。

しかし、見た目の割に難しくない科目のため、勉強するかどうかで大きく差がつく科目です。

効率的な勉強の仕方についてまとめたので、確認しましょう。

 

漢文という科目の特徴

漢文の勉強法を考える際に、この科目の特徴を知る必要があります。

確認しましょう。

 

短期間で成績を伸ばしやすい

漢文は、覚える必要がある句形、重要語句の数がかなり少ないため他の科目より成績を伸ばしやすいです。

例えば、英語の場合、覚えなければいけない単語の数は3000~6000語程度です。

しかし、漢文は150~200語覚えると十分なのです。

二次試験の場合も、出てくる句形や重要語句はセンター試験で出てくるのとほぼ変わらないため、対策に必要な時間は短くて済みます。

そのため、勉強法で重視するのはいかに時間を短縮出来るかです。

また、成績を短い時間で伸ばせると、他の科目の対策に大きく時間を割けるため、大学受験でかなり有利です。

 

漢文を二次試験で出す大学が少ない

漢文を二次試験で出す大学は限られていて、国語の試験は現代文と古文の組み合わせがメジャーです。

よって、大半の場合はセンター試験を突破出来る実力を身につけたらいいのです。

センター試験の場合は全文訳せるようになる必要はなく、大筋がわかって選択肢を選べたら十分です。

勉強法はこの段階を目標にして考えていきます。

 

 漢文の成績を上げる効率的な勉強法

漢文の勉強法としてはどうすればいいでしょうか?

確認しましょう。

 

句形と重要語句を覚えないと漢文は読めない

漢文の勉強法ですが、重要なのは句形と重要語句を全部覚えることです。

二次試験で使わないからあまり時間を使いたくないと考える人もいます。

しかし、単語や文型に手を付けずに英語を読めないのと同じで、句形や重要語句を頭に入れずに漢文を読むことは出来ません。

サボらずしっかり覚えましょう。

 

句形と重要語句の覚え方

漢文の勉強法における句形と重要語句の覚え方

漢文の句形と重要語句はどんな勉強法だと効率が良いでしょうか?

英語を例にすると、単語だけ読んで覚えるより、それが文中で使われてるのを見た方が覚えやすいですし、文法も英文の中でどう活用されるか考えて勉強しているはずです。

同じように、漢文の句形と重要語句を覚える時は元の例文を確認しましょう

覚える時に文章としてのイメージが浮かびやすくなり、後で思い出す手助けになります。

また、返り点や再読文字などを考えると句形を覚える時は読む順番を意識する必要があります。

読む順番を意識するためには実際に音読することが効果的です。

一度声に出してから書いて覚えましょう。

 

実際に漢文が読めるか確認してみよう

漢文の勉強法として、句形、重要語句を覚えた後は問題を解いて理解出来たか確認した後に答えを確認し、間違った問題は間違えた理由を確認しましょう。

句形、重要語句の知識が足らず間違えたなら、それらについてもう一度覚え直してください。

忘れた内容を潰していくことで、万全の状態に近付きます。

また、訳し方が合っていて文章を読み間違えている時は読解力が足りてません。

この時は、解説を読み何故その解釈になるかを根拠を探しながらもう一度考えてみましょう。

理解出来たら、別の文章を解いて文章を読み慣れていきましょう。

 

日本語と違う意味や読み方に気をつけよう

漢文の勉強法では、日本語と同じ感覚で解くと意味を取り違える言葉に注意する必要があります。

例えば、再読文字で応と出てきたら「まさに~べし」と読みますが日本語のイメージだとこのように読めません。

このような特別な意味の言葉は気をつけて覚えましょう。

 

漢詩も対策しておこう

漢文では大学次第で漢詩が出題されます。

漢詩は、対策するか否かで大きく差が出る分野です。

例えば、押韻のルールや五言絶句などの漢詩の分類の問題は頻出ですが、覚えること自体は他の分野と比べてとても少ないです。

そのため、忘れずに漢詩も対策するようにしておきましょう。

 

漢文の勉強法まとめ

漢文の効率的な勉強法をまとめると次のようになります。

 

・例文を意識して句形と重要語句を覚える

・例文を音読してから書き写す

・問題を解いて間違った理由を考える

 

成績を効率よく伸ばせば他の科目に時間を割けます。

理系の方も、配点が低いからといって後回しにせず今すぐ勉強しましょう。

 

漢文のおすすめの参考書については下の記事でまとめています。

【2018年版】漢文のおすすめ問題集・参考書20選

2018.01.28