生物の勉強法を徹底解説

生物を得点源にするための㊙︎勉強法とは? 勉強法




生物は理系科目の中でも暗記が多く、どのように勉強していけばいいかわかりにくいと感じる受験生も多いです。

今回はそんな生物を得意科目にできる勉強方法を紹介します。

生物の特徴を理解しよう

勉強法を効率的なものにするため、まずは生物という科目の特徴を知っていきましょう。

生物はどれだけ暗記できたかがすべて

物理や化学、数学などの他の理数系の科目は、公式を理解してインプットしたのちに問題を繰り返し解くことで定着をはかっていきます。

しかし生物の場合は、理解しなければならない数式はほとんどありません。

いわば、生物は他の理数系科目とは違って、かなり異質な存在なのです。

「被子植物」という単語を答える問題で、そもそもその言葉を知らなければ、何時間考えたところで答えにたどり着くことはできないですよね。

どうしても覚える内容が多くなってしまう以上、「どれだけ暗記できたか」=「どれだけ生物ができるか」ということになってしまいます。

生物はどれだけ暗記できたかがすべて

また、「理解の度合い」も重要です。

「被子植物」という単語だけ知っていても、被子植物とは何かがわかっていないと意味はありません。

用語を覚えるときは特にですが、他人に説明してわかってもらえるレベルまで深く理解していくことが大切です。

分野間のつながりはほとんどない

理数系の科目では、以前に学習した分野を理解していないと、後から学習する分野が理解できないということがよくあります。

数学を例にあげると、「二次関数」がわかっていない状態だと「微分・積分」は理解できないですよね。

しかし生物の場合は分野間の繋がりがほとんどないので、「断片的な学習」が可能です。

「動物の発生」と「植物の発生」にはほとんど繋がりがないことは誰でもわかりますよね。

生物は断片的な学習が可能なため、成績を伸ばしやすい教科といえます。

生物の勉強法

いよいよ、生物の具体的な勉強法に入っていきます。

大きく分けて、「暗記分野の勉強法」「遺伝問題対策」「論述問題対策」の3つの勉強法がありますので、それぞれ紹介していきます。

暗記分野の勉強法

まずは暗記分野の勉強法から紹介をしていきます。

生物の暗記分野の勉強法

生物はやはり知識量がものをいう教科です。覚える必要があるものが多いのに、さらに理解すればいい分野まで覚えようとしてしまうと分量があまりにも多くなってしまいます。

当然覚えなければならない用語などはありますが、図や表、イラストを有効に使って「感覚的に理解」していくことが大切です。

暗記分野の基本的な勉強をしていく上で欠かせないのが『教科書』です。

生物の暗記分野は教科書をうまく使おう

まず教科書の本文を一通り「理解しようとしながら」読みましょう。

ここでは特に、単語を覚えようとする必要はありません。その分野で出てくる単語がなんとなくわかれば大丈夫です。

その後、市販の参考書を使ってその分野の学習を進めていきます。

ここで教科書ではなく参考書を使うのは、生物という教科ではイラストが写真がとても重要な教科だからです。

そして、自分の手を動かして白紙にイラストを真似て描きましょう。このアウトプット作業が理解を助けます。

最後に問題集に取り掛かり、参考書を見ながら問題集を解くことで用語をしっかり覚えていくようにします。

暗記分野の勉強法

① 教科書に目を通す
② その分野の参考書を読み、イラストや絵を頭に入れる
③ イラストや絵を白紙に「自分の手で」模式的に描いてみる
④ 参考書を見ながら問題集に取り組み、用語を覚えていく

遺伝の問題の対策

生物の遺伝分野の勉強法

遺伝分野はどんな大学でも多かれ少なかれ、必ず出題される分野です。というのは、現代の生物学で遺伝や遺伝子に関わらない分野はないと言えるほど重要な分野だからです。しかし体系的に学習している受験生がとても少ないので、できる子とできない子の差が最も出やすい分野と言えます。

それくらい教科書を読んでも理解ができないということですね。

こんな書き方をするのはずるいかもしれませんが、遺伝の勉強はぜひこの参考書を使ってください。

生物の遺伝分野は「大森徹の生物遺伝問題の解法」がおすすめ

大森徹の生物 遺伝問題の解法(旺文社)

この参考書を完璧にしてしまえば、遺伝問題に関してはわからないことはなくなります。

「遺伝問題の勉強法=この参考書を読む」と言っても過言ではないほどの参考書になっているので、ぜひ書店で手にとってください。

具体的には、問題演習をして答え合わせをしていきます。その際間違った問題だけでなく、合っていた問題まで含めて解答解説を読み込むことが大切です。

論述問題の勉強法

最後に論述問題の勉強法を解説していきます。

生物の論述問題の勉強法

論述問題は、受験生物の問題で最も難しく負担が大きい問題だと思います。

センター試験だけで生物を受験するのならば問題はありませんが、二次試験で生物を利用して受験をする受験生には超重要な部分と言っても過言ではありません。

なぜ論述問題が難しいかというと、生物の知識を正しく学んで理解し、それを自分の言葉で説明できるようにするという手順があって正答にたどり着くまでのステップが多いからです。

逆に、内容を正しく理解し、それを正しく説明できれば論述問題で正答が得られるということですね。

これも勉強の流れは暗記分野と基本的には一緒です。

ただ自分で書こうとしないとできるはずもないので、用語を覚えた後に白紙に書くことは追加で必ずやっていきましょう。

論述問題の勉強法

① 教科書に目を通す
② その分野の参考書を読み、イラストや絵を頭に入れる
③ イラストや絵を白紙に「自分の手で」模式的に描いてみる
④ 参考書を見ながら問題集に取り組み、用語を覚えていく
⑤ その用語の説明をなにもせずにできるように白紙に書いてみる

 

まとめ

今回は理数系科目の中でも暗記項目が多い、ある意味特殊な科目である「生物」の勉強法を解説してきました。

当然ながら裏技的な勉強法があるわけではなく、やるべきことをきちんとやっていくしか成績を伸ばす道はありません。急がば回れですね。

今回紹介した通りに勉強をすれば自ずと成績は伸びていくので、ぜひ実践してください。

また、生物のおすすめの参考書や問題集を知りたい方は合わせてこちらの記事も読んでみてください。

【2018年版】生物のおすすめ参考書・問題集15選

2018.01.17