3ヶ月でネイティブ並みに聞き取るための英語リスニング勉強法とは?

英語のリスニング勉強法 勉強法




英語は長文はできるけど、リスニングがいつまでたっても得意にならない…そう思っている人はいませんか?実際、英語のリスニングが苦手な人はかなりいます。

しかし、リスニングが苦手な理由は必ずありますし、得意にする方法も存在します。私も最初はリスニングが苦手でしたが、勉強法を変えることで3ヶ月で得意分野にすることができました。

今回の記事ではそんなリスニングの上達方法からリスニングのおすすめアプリまで紹介します!

 

英語英リスニングの間違った勉強法

 

ここでは、リスニングの『間違った勉強法』を説明していくので自分がこれらの勉強法をしていないか確認しておいてください!

 

ただただ聞き流している

 

英語リスニングの間違った勉強法『ただただ聞き流している』

 

間違ったリスニングの勉強法として1番に挙げられるのは『ただただ聞き流している』という勉強法です。これをしていても実力がつくことはないので注意しましょう。

例えば、『移動時間の間英語を聞き流しているだけでリスニングができるようになる』のような広告も表示されることがありますが、そんなことは一切ありません。それで実力がつくのならだれも苦労しません。

仮に聞き流すだけで実力をつけようとしたら1日3~4時間聞き流すことを2~3年間続けなくてはいけません。しかし、受験生である方にとってはそれほど時間があるはずもありません。

ポイント
リスニングを実力をつけるにはちゃんと集中して練習する必要があります。移動時間に英語を聴くことはいいのですが、それ以外にも練習をしないとリスニングはできるようにならない』ということは覚えておいてください。

 

洋画、海外ドラマを使って勉強する

 

ある程度の英語のレベルが身についてきたら、洋画や海外ドラマを使ってネイティブな英語に触れていく、という勉強法でも構いません。

楽しみながら勉強を進めていくことができますし、自然な英会話に慣れていくことができるので効果的です。

しかし、英語をほとんど聞き取ることができない初心者の方はあまりおすすめできません。

ネイティブな英語は聞き取ることが困難ですし、映像ばかりに意識が集中してしまってリスニングの勉強にならないです。

 

視覚情報がある教材を使う

 

英語リスニングの間違った勉強法『視覚情報がある教材を使う』

 

リスニングの勉強をする際にSkypeなどのテレビ英会話を使っている人も多いですが、この方法もあまりおすすめできるものではありません。

この勉強法のデメリットとしては、『目から入ってくる情報に意識が行ってしまって集中できなくなる』ということです。

人間が日常的にインプットしてる情報の割合は次のようになっています。

 

視覚 83.0%

聴覚 11.0%

臭覚 3.5%

触覚 1.5%

味覚 1.0%

 

引用元 よく見えること。よく生きること

 

つまり、目から入ってくる情報が8割以上を占めているわけです。なので、テレビなどでは自然と目に頼って見てしまう傾向があります。

リスニング上達という観点では、耳だけに集中して効率的に実力をつけていくように心がけましょう。

 

リスニングの正しい勉強法

 

ここでは、レベル別にリスニングの勉強方法を紹介していくのでぜひ自分のレベルに見極めて勉強してほしいと思います!

 

リスニング初心者編

 

単語力をつける

 

英語のリスニング勉強法初級編『単語力をつける』

 

英語のリスニングをする前にまずはある程度の単語力をつけてしまいましょう。もちろんのことですが、英語は単語自体を知っていないと聞き取ることはできません。

具体的な語数としては『2000~3000語』を覚えておけば基本的にどの大学のリスニング問題でもわからない英単語はなくなってくると思います。

これに時間を費やしていてはリスニングの勉強もできないので単語力不足の人は1ヶ月程度で一気に覚えてしまいましょう。

 

正しい発音を身に着ける

 

英単語を覚える際に一緒に行ってほしいことなのですが、『正しい英単語の発音』というものも理解しておきましょう。これによって後々差が開いていきます。

中学校の場合は発音がままならなくてもある程度の点数はとることはできますが、高校のテストとなるとそうはいきません。英語の発音は思った以上に難しいのです。

例えば『アレルギー』という日本語でもよく見る言葉は英語では全く発音が違い『アレジ―』と発音します。下の動画を見てみてください。


このような自分の感覚とのずれを修正していくことが大事なのです。

 

リスニング中級編

 

英語を英語のまま理解できるようになる

 

英語のリスニング勉強法中級編『英語を英語のまま理解できるようになる』

 

英語のリスニングでは、英語を日本語にいちいち訳していてはもちろんのことですがスピード的に間に合いません。

なので、『英語を日本語を介さずにそのまま訳していく』という訓練を行って英語のそのまま理解できるようになってほしいと思います。

例えば、『He is my teacher/彼は私の先生です』という英文があったとすると

He is my teacher→彼は私の先生です→理解

He is my teacher→理解

下のように一瞬で英語を理解できるように意識して練習していきましょう。

 

シャドーイングをする

 

英語のリスニング勉強法中級編『シャドーウィングをする』

 

英語がある程度聞き取れるようになってきたら次は『シャドーイング』というものをしていきましょう。これをしていない人が私の感覚では結構います。

シャドーイングとは英語のリスニング音源の後に自分でその音源を追いかけて音読していく練習法のことです。

例えば『The news was sent to all parts of the world.』という文があったとしたら

リスニング音源 The news was sent to all parts of the world.

音読      ・・・・・The news was sent to all parts of the world.

のような感じで音読をしていくのです。

これを行うことで英語の発音はもちろん英語独特のリズムに慣れていくことができ、テストの時でも慌てることなく楽々と聞き取ることができるようになっていくのです。

 

必ず毎日リスニングの勉強をする

 

英語のリスニング勉強法中級編『必ず毎日リスニングの勉強をする』

 

ポイント
これはリスニングだけではなく、英語学習全般に言えることなのですが『毎日継続して勉強をする』ということは常に意識してほしいと思います。

国語や英語などの『言語を取り扱う科目』では毎日勉強することがとても重要になってきます。私たちが今何気なく日本語を使えているのも日本語に毎日触れてきたからです。

上で紹介したシャドーウィングも毎日継続して行わないと全く意味のないものになってしまい、成績も上がる可能性が低くなってしまいます。30分でいいいので毎日勉強する習慣をつけましょう。

 

リスニング上級編

 

たくさんの英語に触れる

 

英簿のリスニング勉強法上級編『たくさんの英語に触れよう』

 

このレベルまで来ると、かなりのリスニング力がついてきてTOIECやセンター試験のリスニングでも高得点が取れるようになってきていると思います。

なので二次試験でもリスニングがある人はこの『たくさんの英語に触れる』ということを行ってさらにリスニングの実力をつけていきましょう。

おすすめの勉強法としては『洋画や外国のニュースなど見て実際の英語に触れる』という勉強法です。

英語のニュースなどはリスニング用に作られたものではないのでスピードも速く、話す人によって変わって発音も少し変わってくることもあります。

この英語に対応できればもう怖いものはないので挑戦してみたい人はぜひ下のニュースのリンクを貼っておくので聞いてみてください。

Scientific America

主に理系向けの内容のニュースを配信しています。

CNN Student

学生向けの内容になっています。語彙が難しくないのでとてもおすすめです。

 

リスニング上達のためのおすすめアプリ3選

 

ここでは、リスニングの実力をつけていくためにおすすめなアプリを3つ紹介するのでぜひ参考にしてください!

 

Listeining Hacker

 

このアプリは英語の特有の『発音』というところを鍛えるには最適のアプリとなっています。英語は6つの発音変化に分かれていてそれを素早く学んでいくことができます。

 

英語のリスニング能力を上げる勉強法『Listeining Hackerというアプリを使う』

 

英語のリスニングのおすすめアプリ「Listeining Hacker(App Store)」英語のリスニングにおすすめのアプリ「Listeining Hacker」をGoogle Play で手に入れよう

センター赤本 – 英語リスニング過去問

 

センター試験の過去問を解くことができます。試験を受ける人は傾向にも慣れることができるのでおすすめです。取り組む際は、ただ聞くのではなく問題文を先読みする余裕があったかなども確かめるように意識しましょう。

 

英語のリスニング能力を上げる勉強法『センター赤本 – 英語リスニング過去問というアプリを使う』

 

英語のリスニングにおすすめのアプリ「センター赤本 – 英語リスニング過去問」をApp Storeで手に入れよう 英語のリスニングにおすすめのアプリ「センター赤本 – 英語リスニング過去問」をGoogle Play で手に入れよう

NHKゴガク 語学講座

 

このアプリはNHKで放送されている語学講座20講座をすべて無料で聞くことができます。さらに、英単語クイズや発音練習できるのでリスニング以外にも役に立つと思います。

 

英語のリスニング能力を上げる勉強法「NHKゴガク 語学講座というアプリを使う」

 

英語のリスニングにおすすめのアプリ「NHKゴガク 語学講座」をApp Storeで手に入れよう 英語のリスニングにおすすめのアプリ「NHKゴガク 語学講座」をGoogle Play で手に入れよう

まとめ

 

いかがでしたか?

この記事のまとめとしてはhttps://itunes.apple.com/jp/app/センター赤本-英語リスニング過去問/id734275300

まずは自分のリスニングの勉強法が間違っていないか確認する

自分のレベルを見極めて、そのレベルに合った勉強法を毎日継続して行う

リスニング上達のためのアプリもあるのでうまく活用する

の3点です。

リスニングはすぐには成果は現れませんが、2~3ヶ月勉強を継続すると成績は必ず上がってくるのでぜひこの記事を参考にして勉強していってください。

また、下の記事では各科目の勉強法についてまとめてあるので興味のある方はぜひ見てみてください。

各科目の勉強法に関するまとめ記事はこちら

各科目の勉強法はこれで完全網羅!大学受験プロ式勉強法まとめ

2018.01.14