英語長文の勉強法をすべて解説!

英語長文の勉強法について 勉強法




英語入試において一番大切なのが「英語長文」です。入試英語では大半が長文問題を占めて、点数配分もかなり高いのが現状です。

今回は長文問題が苦手な原因から、「長文を正確に読む」「長文を速く読む」の2つの視点に分けて勉強法を解説していくのでぜひ参考にしてください。

 

英語長文ができない人の2つの特徴

ここでは、英語長文ができない、苦手な人の特徴を2つ紹介するので自分が当てはまっていないか確認しておいてください!

 

基礎力が足りない

 

英語長文が苦手な人の勉強法『単語力が足りない』

 

これは当たり前のことかもしれませんが、英語長文ができない人はとにかく基礎力が足りないことが多いです。

基礎力とは、具体的には「単語力」文法力」の2つに分かれます。

極論ですが、この2つを完璧にできるようになれば、長文問題では満点を取ることができるようになります。しかし、この2つのことを勉強せずにただただ長文問題に時間を費やして結局成績は横ばいという受験生がかなり多いです。

早く長文問題を解いていきたい気持ちはわかりますが、まずはその前の「準備段階」の部分を大事にするようにしましょう。一朝一夕で点数が上がることはまずないので腰を据えて勉強していくことを心がけてください。

 

英語を1回1回日本語に訳している

 

英語長文が苦手な人の勉強法『英語を1回1回日本語に訳している』

 

英語長文が苦手な人の特徴としてもうひとつ挙げられるのは「英語を日本語に訳してしまっている」ということです。つまり英語を英語のまま理解することができていない、ということです。

当たり前のことですが、英語にも試験時間というものがあります。その試験時間の中で、長文問題の英文を1文1文丁寧に日本語訳していてはいくら時間があっても足りません。

ポイント
なので、「英語を日本語を介さずに読んでいく」ということがとても大事になります。

この力を身に着けることで長文の読むスピードはかなり速くなります。その結果、試験時間にも余裕が出てきて点数も上がります。

特に、センター試験ではかなりの分量を読んでいく必要があるのでスピードを上げるためにも英語をそのまま理解できるようになりましょう。

 

英語長文を正確に読むための勉強法

 

英語長文を「正確に読む」ことができるようになるためにはどのような勉強法をするべきなのか解説します!

 

まずは単語暗記

 

英語長文を性格の読む勉強法『まずは単語暗記』

 

英語長文が苦手だ、全然読めないという人はまずは英単語暗記を終わらせてしまいましょう。語彙力はつけておけばつけておくほど英語長文においては有利ですし、ほかの分野でも得点に結びついてきます。

大学受験の場合は志望校にもよりますが、基本的には2000~4000語暗記すれば大丈夫なので一気に覚えてしまいましょう。

英単語を覚える際は、定期的に復習することを意識しましょう。具体的には1ヶ月で6回は覚えなおすようにしてください。

 

文法を理解する

 

英語長文を性格の読む勉強法『文法を理解する』

 

単語を覚え終わったら次に行ってほしいことは文法です。これも英語長文で高得点を取っていくためには欠かせない要素となってきます。

文法の中でも、特に下の3つは長文問題での出題率も高く、非常に重要になってくるので必ず押さえておきましょう。

関係代名詞

助動詞

形容詞・副詞

英語長文を解けるようになるためにも、文法を勉強する際は「文法問題を解けるようになる」ということも大事ですが、それよりも長文問題で出てきたときに瞬時に判断できるようになるということ心がけてほしいと思います。

 

文構造を把握する

 

英語長文を性格の読む勉強法『文構造を把握する』

 

単語も文法も完璧になったら、最後に行ってほしいことが「文構造を把握する」ということです。上の「文法を理解する」ということと似ているかもしれませんが実はそうではありません。

文法問題はある程度パターン化されていて、知識さえ知っていれば解けてしまう問題がほとんどです。しかし、英語長文はそれほど甘くはありません。

長文で必要なことは、文の形を素早く把握できることなのです。

例えば、長文を読んでいるときに次のようなことが、瞬時に把握できないといけません。

今読んでいるのは主節なのか?従属節なのか?

文は第何文型なのか?

知らない単語の品詞は何なのか?

英文法のような知識ではなく、文法を長文問題にも活かせるスキルとして身に着けていくことが必要なのです。

 

英語長文を速く読むための勉強法

英語長文を「速く読む」ことができるようになるためには、どのような勉強法をするべきなのでしょうか。順にみていきましょう。

 

音読をする

 

英語長文を速く読む勉強法『音読をしよう』

 

英語長文を早く読む際に一番重要になってくることは絶対に「音読」です。これをするかしないかで英語長文が得意になるか苦手になるか決まるといっても過言ではありません。

下に正しい音読に仕方を記しておくので自分の音読があっているか確認しておきましょう。

1 まずは長文問題を解く

2 解いた長文問題をすべて和訳する

3 5回以上音読を行う

この方法の中で2の「解いた長文問題をすべて和訳する」という作業は実際行っている人はかなり少ないです。受験生の方では和訳していない場合がほとんどです。

なので、英語の意味も分からず「音読」ではなくただの「棒読み」になっていて効果的な音読ができていないのです。これからは成績を上げていくためにも上で書いた方法をも守って正しい音読を行っていきましょう。

 

どんどん長文問題を解いていく

 

英語長文を速く読む勉強法『どんどん長文問題を解いていこう』

 

英語長文を早く読むには「慣れる」ということが必要です。そのためにもどんどん英語長文の問題を解いていきましょう。

長文問題を多く説いていくことで英語長文の中で

どのような単語が出やすいか

どの題材が扱われやすいか

どうすれば問題を効率的に解いていけるか

というものが感覚的にわかるようになります。

その結果、知らない単語が出てきても意味を予測しやすくなったり文章全体の趣旨を把握しやすくなります。

 

何よりも復習が大事

 

英語長文を速く読む勉強法『何よりも復習が大事』

 

英語長文の問題を解き終わったら最後に必ず復習は行うようにしましょう。復習をしっかり行わなくては定着するものも定着しませんし、逆に復習を行えば長文問題は楽に解いていくことができます。

問題を解き終わったら辞書を使ってもいいのでまずは自分の力ですべての文を和訳していきます。それが終わったら実際の解答と照らし合わせて自分の中の間違った知識を修正していきましょう。

また、自分専用の「復習ノート」を作って分からなかった単語や文法を書いておくことも効果的です。

実際、復習は問題を解く時間の2~3倍はかかります。上で「どんどん長文問題を解いていこう」と言いましたが、問題1つ1つに対してじっくり復習を行ってください。そのほうが断然読解力も上がり、速読力も身につきます。

 

長文の問題演習を行う際の3つのポイント

ここでは、長文問題を長文問題を解く際のポイントを3つ説明するので、これからはこの方法を使って長文問題を解いていってほしいと思います!

 

設問から読む

 

ある程度話の主題が分かってきたら次に設問を読みましょう。

設問を読む際に意識してほしいことは次の3つです。

誰が主語であるのか

何が聞かれていて、その答えはどのあたりにありそうか

設問からキーワードがある程度予測できるか

 

また、設問の最後には内容正誤問題がある場合は必ず読んでおきましょう。読んでおくことで長文を読まなくてもある程度内容が分かるようになります。

 

パラグラフリーディングを行う

 

英語長文を解いていく際の勉強法『パラグラフリーディングを行う』

 

英語長文を効率よく読んでいくためには「話の主題をつかむ」ということはとても大事なことです。そのためにおすすめしたい方法が「パラグラフリーディング」という方法です。

これは文字の通り段落ごとに文章を読み進めていく方法で行うことでで文章全体の主張をつかみやすくなります。それによって問題でも最後のようやく問題や文章の正誤問題など、点数にも結び付きやすくなります。

パラグラフリーディングの具体的な方法はとても簡単で一言でいうと「段落ごとに自分言葉で一言にまとめておく」ということです。まずは実践してみてください。

最初は難しいかもしれませんが慣れてくると長文が何を伝えたいかが明確にわかるようになります。

 

問題集を有効に使う

 

英語長文を解いていく際の勉強法『問題集を有効に活用する』

 

結論から言うと、問題集を有効に使うためには「直接は書き込まない」ことが心がけてくだしさい。基本的にはコピーを取ったりしてそこに書いていきましょう。

また、ノートにまとめる際には一文ずつ丁寧に訳していくように心がけてください。自分が完璧に理解していつでも満点が取れるくらいにしておくことで着実に点数が上がっていきます。

英語長文の問題集を解いていく際のポイントについて下にまとめたので確認しておいてください。

長文の問題集を解く際のポイント
まずは問題集の英文をコピーしてノートに張り付ける

最初に問題を自分の力で解いてみる

答え合わせをする

2回目を解いて必要があれば、SVOCなどの文構造も書く

わからない単語があれば調べて記入する

ノートの空いているところに背景知識などをメモしておく

 

まとめ

今回の記事のまとめとしては次の3つです。

英語長文を正確に読むには基礎力が何よりも大切

英語長文を早く読むには音読を欠かさないこと

長文を解くときのコツは重要なので押さえておくこと

英語長文で高得点を取るためには速く読む」「正確に読む」の2つが必須となります。この記事ではどちらの力もつける方法を書いておいたので、ぜひ参考にして英語長文の成績を上げてもらえればと思います。

また、下の記事では他の科目の勉強法についても詳しく解説してあるのでぜひ読んでみてください。

各科目の勉強法はこれで完全網羅!大学受験プロ式勉強法まとめ

2018.01.14