【高校地理】短期間で偏差値を20上げるための超効率的勉強法とは?

地理の勉強法について 勉強法




『地理の勉強法がいまいちわからない…』と迷ったことはありませんか?

地理は理系ではセンター試験の科目として選択している人も多く、時間をたくさんかけられない人も多いでしょう。

なので、この記事では短時間で成績を底上げするための勉強法や、おすすめの参考書などについてまとめておいたので地理を選択している人はぜひ参考にしてみてください!

 

地理という科目の特徴

 

ここでは、他の社会の選択科目と比較した際の地理の特徴について説明していきます!

 

暗記することはかなり少ない

 

大学受験の地理の特徴「覚える量が少ない」

 

社会で選択する科目は地理のほかにも日本史や世界史、倫理などがあります。地理はその中でも、暗記する量はかなり少ないです。日本史の10分の1にも満たないくらいです。

地理で覚えることと言えば

EUやASEANなどの加盟国

各生産物のベスト3

鉱産資源の産出国

くらいです。

なので、地理の暗記事項は基本的にはスキマ時間で覚えるようにしましょう。スキマ時間をうまく活用すれば3ヶ月程度で覚えることができるので時間をあまりかけないことが大事です。

 

暗記だけでは点数は取れない

 

地理は上でも述べたように暗記する量はかなり少ないです、しかし、暗記するだけで高得点を取れる科目ではありません。日本史や世界史は暗記したことがそのまま問題の答えになって点数に結びつく、というようなことがありますが地理ではそのようなことはありません。

地理では用語よりも『用語の関連知識』『用語の理解度』がテストでは大事になってくると思ってください。例えば、地域の名前を覚える際は

その地域で有名なもの

その地域の気候の特徴

周りの地域との関連

なども合わせて理解し、暗記しておくことが重要ということです。この知識が試験で問われることが多いのです。

 

満点を取ることはかなり困難

 

大学受験の試験で地理で満点を取るのは難しい

 

地理では、ある程度の高得点を取ることはできますが、『満点を取りたい』となると話は別です。満点をとることは難しく、かなりの勉強時間が必要になってきます。

なぜなら、地理では満点を阻止するための『捨て問』と呼ばれる問題が必ず1~3個程度は入っているからです。全く知らない国の問題や、誰も知らない地域の問題なども出てきます。

なので、あまりいいことではありませんが地理では満点を取ることは最初からあきらめて8~9割程度の点数を安定的に取れるように勉強していくことをおすすめします。

 

地理は2つの分野がある

 

地理には『系統地理』という分野と『地誌』という分野の2つが存在します。ここではその2つの分野の特徴について解説していきます。

 

系統地理

 

地理の各分野の勉強法『系統地理編』

 

系統地理は地理の勉強の根本となる部分であり、大部分を占めています。正直、この系統地理を完璧にしておけば、地誌の分野はほとんど勉強することはないくらいです。

この系統地理では、気候や各生産物のランキングなどを覚えてくことになりますが、その際は『なぜそうなるのか』を意識するようにしましょう。

例えば

なぜアフリカには砂漠が多いのか?

なぜアジアでは稲作が盛んなのか?

なぜアメリカでは電車をあまり使わないのか?

という疑問が勉強していくと出てくると思います。ここで大事なことは『生じた疑問はその場で解決する』ことです。

地理では、すべての現状には必ず理由があります。ただただ暗記をこなしていくよりも自分の中でしっかりと理解して進めていったほうが圧倒的に効率の良い勉強を行うことができます。

また、勉強するペースとしてはダラダラ行っていても意味がないので3ヶ月程度で一気に終わらせるようにしましょう。

 

地誌

 

地理の各分野の勉強法『地誌編』

 

系統地理が終わったら次は地誌を勉強していきましょう。地誌では各国の有名な産業や農作物を覚えていくことがメインとなります。なので暗記するだけになってしまいがちです。

しかし、地誌で大事なことはただ暗記することではありません。地誌で重要になってくることは『系統地理とつなげて考える』ことです。

例えば、ノルウェーでは水力発電が盛んですがこの事実をただ覚えるのではなく、

ノルウェーには山脈がある

ノルウェーには偏西風がついている

ノルウェーは降水量が多い

などを合わせて考えると『ノルウェーでは水力発電が盛ん』という事実を導き出すことができるのです。

系統地理でも言いましたが、地誌でも『なぜそうなるのか』を意識していけば覚える量はかなり少なくなってくるはずです。

また、地誌の勉強するペースとしては系統地理をきちんと勉強していれば早く終わらせることができるので2ヶ月で終わらせるようにしましょう。

 

地理の勉強方法

 

ここでは、地理の具体的な勉強方法について1つずつ解説していきます!

 

資料集、地図帳を活用しよう

 

地理の勉強法『資料集や地図帳を活用する』

 

地理を勉強する際は教科書だけなく資料集や地図帳を活用するようにしましょう。教科書や参考書の地図や統計は説明することがメインなので、掲載されている情報が少なかったりします。

資料集では細かい数値を知ることができたり世界全体と比べて広い視野で学んでいくことができます。地図帳では参考書には書かれていない細かい経線や高低線が記されていてとても便利です。

おすすめの使い方としては、参考書や授業などで出てきた地名や地域を地図帳で確認し、マーカーで塗っておいたり特産物を地名の隣に書いておいたりしましょう。

また、移動時間などにパラパラとめくっておくだけでも有効です。『そういえばこんなこと書いてあったなあ』くらいでいいので覚えておくと得点につなげることができますよ。

 

問題数をこなそう

 

地理の勉強法『問題数をこなす』

 

地理は1通り基礎を覚え終わってしまったらとにかく問題数をたくさんこなして、自分に知識の確認をしていきましょう。インプットを重視しすぎてアウトプットができてない人は意外と多いです。

また、地理では基礎を覚えた程度ではわからない問題も少なくないです。そこで問題をこなし、復習していくことで新しい知識をどんどん身につけていくことができるのです。

特に、地理ではセンター試験しか使わない、という人も多いと思うのでセンター試験の過去問をどんどん解いていけば自然と成績も上がってくるはずです。

 

用語は意味を理解してから覚えよう

 

上でも説明しましたが、地理は『なぜそうなるのか』という理由や関連知識を覚えているかどうかが点数に直結してきます。

どの教科にも『覚える必要のないもの』『覚えるべきもの』がありますが、地理ではそれを勘違いしている人がかなり多いです。下に例をいくつか示しておくので自分は間違っていないか確認しておいてください。

覚えなくていいこと
石油の産出上位10か国

世界各国の人口

EUの正式名称

覚えるべきこと
石油の産出上位3か国と、なぜそうなるかの理由

東アジア、東南アジアの人口が多い理由

EUが作られた理由や背景

 

地理のおすすめ参考書

 

地理の成績を上げていくためには自分に合った『参考書選び』というものがとても重要になってきます。下の記事では厳選した成績を上げるにあたって効果的な参考書を紹介しているのでぜひ見てもらえればと思います。

地理のおすすめ参考書・問題集を10冊レベル分けして紹介

2018.02.04

 

まとめ

 

いかがでしたか?

地理では覚えることは少ないのですが、その分しっかりと頭を使って勉強していくことがとても重要な科目となっています。なので、この記事を参考に地理の成績を上げていってもらえればと思います。

 

=========================================================

各科目の勉強法に関するまとめ記事はこちら

各科目の勉強法はこれで完全網羅!大学受験プロ式勉強法まとめ

2018.01.14

=========================================================