【古文単語】暗記効率を3倍に高める古文単語の効率的な覚え方とは?

古文単語の効率的な覚え方について 勉強法




古文が苦手…古文単語が思うように覚えられない…特に理系の人はこのような悩みを持っている人は多いのではないのでしょうか。私も受験の際はかなり苦労したことを覚えています。

しかし、英単語と同じように古文単語にも覚えるための『コツ』というものが存在します。1つ工夫をすることで意外と簡単に覚えることができるようになるものなのです。

この記事では古文単語を覚えられない原因から、覚えるための方法まで多くのことをまとめておいたので今後の勉強に生かしてください!

 

古文単語は何語覚えるべき?

 

古文単語の覚え方について『古文単語は何語覚えるべき?』

 

古文の勉強をこれから始めていこう!古文単語をまずは覚えよう!という人がまず気になるのは『古文単語の暗記量』だと思います。

当たり前のことですが、目指す志望校のレベルによって古文のレベルも変わってきます。なので、そのレベルに合わせた古文単語を暗記していかなくてはなりません。

定期テストである程度の点数が取れたらいい人と、難関大学の古文で高得点を取りたい人では覚える量は違います。下に目指すレベルに応じた覚えるべき古文単語の量をまとめておくので確認しておいてください。

定期テストレベル・・・200~300

センター試験レベル・・・300~500

国公立二次試験レベル・・・500~600

 

古文単語がなかなか覚えられない原因

 

ここでは『古文が苦手…』『古文単語が覚えられない…』という人が多い原因についてまとめたので確認しておきましょう!

 

複数の意味を持つ古文単語が多い

 

古文単語の間違った覚えた方『古文単語は複数の意味を持っている』

 

まず、古文単語は複数の意味を持っているものが多いです。しかも、英単語に比べて意味も多く5~7つほどの意味を持つ古文単語も少なくはありません。

なので、あいまいに覚えたままだと、古文単語の意味を間違えてとらえてしまい、文章自体の意味も間違って日本語訳してしまいます。また、文章中で正しい意味を選ぶ際にミスをしてしまう人も多いです。

せっかく意味を知っていても文を違った意味で認識してしまっては点数を稼いでいくこともできませんよね。これを解決するために後の部分で覚え方を解説していくので今の覚え方がうまくいかないという人はぜひ試してみてください。

 

現代語と意味が違う古文単語が多い

 

古文単語の間違った覚え方『古文単語は現代語違う意味を持つものが多い』

 

古文の中では現代語と全く同じ文字であっても意味が全然違う古文単語が多く存在しています。

例えば

あやし(怪し)

あやしい(現代語)

珍しい(古文単語)

かなし(愛し)

悲しい(現代語)

かわいい(古文単語)

あたらし(惜し)
新しい(現代語)

もったいない(古文単語)

これらの語句は古文読解の際に出てきても現代語の意味がもう頭の中に染みついているのでなんとなく読めるようになってしまうのです。そして、中途半端な単語の暗記になってしまいフィーリングで古文読解を進めていってしまいます。

古文は英語とは違って単語が分からないと文自体が全く読めない、ということはありません。しかし、問題を解くということになってくると古文単語の知識は必須なのです。

古文単語を学習する際は英単語を覚えるときと同じ感覚を持っておくようにしましょう。

 

文法を理解していないのに単語暗記をしている

 

古文単語の間違った覚えかた『文法を理科していないのに単語を覚えている』

 

これも古文が苦手、古文単語が覚えられないという人にとよくある共通点です。古文単語には四段活用などの『活用形』が存在し、古文の文中に出てくる単語はほとんど活用されています。

つまり、古文単語帳に掲載されている古文単語がそのまま文章に出てくることはほとんどないのです。しかし、そのことを知らないと、ただただ暗記をしていざ問題を解いてみると全くわからない…となってしまうのです。

私たちのゴールは古文単語を覚えることではありません。古文読解で高得点を取ることです。なので、焦る気持ちはわかりますが、単語を覚える前にはまずは簡単な文法の参考書は1冊終わらせるようにしましょう。

 

古文単語で大事なのは『核』

 

古文単語は英単語と比べても意味の多いものが多いです。そこで効率的に覚え、できるだけ暗記量を少なくしていくためにも古文単語を覚える前には一度『古文単語の核』を確認する癖をつけましょう。

どんな単語にも『核』は存在します。日本語訳の方法が変わってくるのはその核の意味が状況や場面によって違う意味に変化していくからなのです。

現代語で一つ例を挙げてみます。例えば『やばい』という日本語があります。これは、『すごい』という核になる意味が存在します。しかし、状況によっては

① うれしい

② 楽しい

③ 異常だ

④ 大変だ

  …

などのように意味が変わってきますよね。このように今私たちは『やばい』に対して核となるイメージを持っていますよね。これを古文単語にも応用してほしいのです。

例えば、『あいなし』という古文単語だと、核となるイメージとしては『何かいやだ』という意味を持っています。なので、状況によっては『不快だ』、『つまらない』、『気に食わない』というように変わってきます

たいていの古文単語は1つか2つの核となる意味で乗り切れるので覚える前に確認しておくことをおすすめします。

 

古文単語の効率的な覚え方

 

ここでは、古文単語の効率的な覚え方について4つ紹介するので覚える際は試してみてください!

 

例文で覚える

 

英語でもよく『単語は例文と一緒に覚えると効果的』というのを聞きますが、これは古文単語を覚える際にも有効です。

この覚え方を行うことで、古文単語において大事な『単語の文中での使われ方』について古文単語ごとに学んでいくことができます。複数ある古文単語の意味から文に合った意味を選ぶ感覚を身に着けていけます。

さらに、例文集などに載っている例文は有名なものが多いです。なので試験に出る可能性が高い文章に触れることができる、というものおすすめする理由の1つです。

私の友人でもたまたま覚えていた例文の一部が入試問題に出た、というのをよく聞きます。それだけ例文は入試問題に出てきやすいということです。

 

イラストや語呂合わせで覚える

 

古文単語の覚え方『イラストやゴロ合わせで覚える』

 

この方法は使っている人も多いと思います。『楽しく古文単語を覚えたい』、『古文単語の意味が全然頭に残らない』という人には語呂合わせがぴったりです。

古文単語の何個もある意味を1つずつ覚えていくには時間、労力がかなりかかります。なので、ただ文字を見て覚えるだけではない方法を使うことによってより効率的に覚えることができます。

人間は、ものを文字として覚えるよりも、イラストなどで覚えたほうが記憶に残りやすいという性質があります。

『ものをはっきりとイメージできるけど名前が思い出せない』ということは誰もが経験したことだと思います。

このことからもわかるように自分で文字をイラストなどと関連させて覚えることで古文単語が苦手な人でも苦を感じることなく覚えていくことができますよ。

 

プラスマイナスのイメージで覚える

古文単語の覚え方『プラスマイナスのイメージで覚える』

これは古文読解の際に役立つことなのですが、古文単語の覚える際は『古文単語が持つイメージ』を意識しながら暗記してほしいと思います。

例えば、『いみじ』という古文単語では

プラスのイメージ
素晴らしい
マイナスのイメージ
ひどい
の2つの意味を持っています。

もう1つ例を出してみると『あく』という古文単語では

プラスのイメージ
満足する
マイナスのイメージ
飽きる
の2つの意味を持ちます。この場合は、赤がプラスのイメージで青がマイナスのイメージです。

日本語訳を作っていく場合でも、イメージを持っておくと『この古文単語はプラスのイメージだから訳すときもプラスの感じで行う』というようにニュアンスを考慮して解答を作っていけます。

このように単語それぞれには『イメージ』というものがあるのでそれを頭に入れておくと古文読解の時に、ぎこちなく訳さずにきれいな日本語訳ができるようになるのです。

 

一気に覚えてしまう

 

古文単語の覚え方『一気に覚えてしまう』

 

上でも説明しましたが、古文単語の暗記量は300~600語程度で、英単語と比べてもかなり少ないです。なので、古文単語を覚える際は1日10語ではなく1日40~50語一気に覚えてしまいましょう。

そして、一通り覚え終わったらとりあえず問題演習をしてみましょう。すると、自分の知識の抜けや足りてない部分が見えてくると思うのでそれを復習する、という方法のほうが効率は格段にいいです。

寝る前の3分間や移動時間などのスキマ時間をうまく使うことができれば自然に覚えていけます。どの教科においてもそうですが、復習にどれだけ時間を使えるかが成績を伸ばすにあたってとても重要です。

 

おすすめの古文参考書

 

古文の成績を上げていくためには自分に合った『参考書選び』がとても大事になってきます。下の記事では古文のおすすめ参考書を数多く紹介しているのでぜひ見てもらえればと思います!

古文のおすすめ参考書・問題集をレベル別で13種類紹介

2018.01.16

 

まとめ

 

いかがでしたか?

今回の記事では、古文単語を覚えられない原因から、覚えるポイントまで解説しました。この記事を読めば古文単語の覚え方についてはすべてわかるようになっているのでぜひ参考にしてもらえればと思います。

 

=========================================================

各科目の勉強法に関するまとめ記事はこちら

各科目の勉強法はこれで完全網羅!大学受験プロ式勉強法まとめ

2018.01.14

=========================================================