倫理の勉強法

倫理を得意科目に出来る!倫理がわかりやすくなる勉強法とは 勉強法



倫理の勉強法で困っている人は多いです。

一見内容が難しそうに見える科目ですが、やり方を間違えなければ確実に点数を上げることが出来ます。

それでは、どのように勉強すると良いのでしょうか?

倫理がわかりやすくなる勉強法についてまとめてみたので、確認しましょう。

 

倫理という科目の特徴

倫理とはそもそもどんな科目なのでしょうか?

確認しましょう。

 

大きくわけると4つの分野から出来ている

倫理は4つの分野からできている

倫理は次の4つの分野から出来てます。

倫理の分野
・源流思想仏教、キリスト教、イスラム教、古代ギリシャ哲学、諸子百家

・日本思想→日本仏教、神道、江戸時代の思想、近代以降の思想

・西洋思想→経験論、合理論、啓蒙主義、ドイツ観念論、マルクス主義、実存主義、プラグマティズム、構造主義、科学哲学

・青年の心理、現代の人権→青年の心理、現代の権利・倫理的諸問題

これらの4分野について学習していく必要があります。

 

暗記だけでなく思考力もいる

倫理をただの暗記科目だと考える人もいますが、この科目には本文を読んでその内容を掴んでいないと解けない問題が存在します。

つまり、覚えるだけだと読解に対応出来ないのです

従って、勉強法としてはある程度の読解力や思考力を養う練習が必要です。

 

他の科目と範囲が少し被る

倫理では、他の科目と範囲が被る分野があります。

例えば、日本思想だと日本史と内容が被り、源流思想や西洋思想だと、世界史と範囲が被るのです。

そのため、文系で社会が二つ必要だと、倫理の勉強が他の科目の役に立つ場面があるのです。

 

分野間に繋がりがない

倫理では、分野毎に全く違う内容を勉強することになります。

例えば、源流思想と西洋思想はそれぞれ独立した内容で、片方を覚えても、もう片方まで解答出来るようにはなりません。

そのため、一つの分野の勉強を疎かにするとその問題では点を落としてしまいます。

全分野をバランスよく勉強することが、倫理の勉強法として大切なのです。

 

・大きくわけると4つの分野から出来ている

・暗記だけでなく思考力もいる

・他の科目と範囲が少し被る

・分野間に繋がりがない

 

倫理の勉強法

倫理の特徴は上で述べた通りですが、どんな勉強法だと効果があるのでしょうか?

チェックしてみましょう。

 

人物と発言を組み合わせて覚える

倫理の勉強法で重要なのは「誰が何を言ったか」です。

勉強する際はそれを強く意識する必要があります。

人物だけ覚えても発言や行動を覚えていないと正しい選択肢を選ベませんし、その逆も然りです。

人と主張を組み合わせて覚えましょう。

 

 丸暗記せずに内容を落とし込む

倫理の勉強法として、言葉を丸覚えしないのは鉄則です。

内容を言葉だけで覚えても、意味を理解出来ていないと問題を解くことは出来ません。

例えば、劇場のイドラというワードを覚える時、依拠する伝統的思考による偏見という言葉で丸覚えしても役に立ちません。

「学者などの権威のある人が発言したことを全て盲目的に正しいと考えることで生じる思い込み」のように、具体例を考えながら覚えることで、初めて試験に対応出来ます。

倫理を勉強する際は、内容を理解しながら覚えるようにしましょう。

 

一度に覚える範囲は少なくする

倫理の勉強法として、闇雲に詰め込もうとしても範囲が多いため覚えきれません。

過去問を解きながら覚えるという人もいますが、覚えていない分野は勘で解くことになるので、効率としては悪いです。

よって、一度に覚える内容はある程度絞りましょう。

この分野を覚えると決めたら、教科書や参考書で熟読して、大まかに理解してみましょう。

その後、勉強した範囲を何も見ずに説明出来るか試してみて、わからなかった箇所を覚え直しましょう。

説明出来る頃には勉強していた範囲はもう身についています。

 

読解問題では読み方を身につける

倫理の読解問題では、漠然と読んでも答えを出すことは出来ません。

読解問題には必ずテーマがあります。

仏教の思想が元になった文章や、西洋の思想が元になった文章など、倫理として習う内容が軸になっています。

そのため、文章の軸となった思想を考えることで、内容理解の問題を解くことが出来ます

よって、まず現代文と同じように文章を精読した後、文章の核となる思想について考えましょう。

 

 問題を解いた後は解説を読み込む

倫理の勉強法では、問題を解いた後に丸付けだけしても意味がありません。

倫理の点数を伸ばすためには解説を読むのが大事です。

なぜなら、その問題の解法がわかる上に、間違いの選択肢が誰の思想を元にしてるかを知ることが出来ます。

そのため、問題を解いたら解説を全部読みましょう。

 

倫政選択ならどう勉強する?

倫政選択の場合にどう勉強するのが良いか

倫政選択の場合、勉強する科目に政経が追加されます。

倫理と政経のバランスを考えて勉強する必要があり、当然覚える時間も増えます。

失敗しないように全分野を勉強しても間に合う勉強時間を概算し、そこから計画を立てましょう。

 

また、政経の勉強法については下の記事を参考にしてください。

よくわかる政経の勉強法

2018.03.27

倫理の勉強法まとめ

倫理の勉強法のポイントは以下の通りです。

・具体例を交えて内容を理解する

・読解問題は軸になっている内容を考える

・問題演習では解説を入念に読む

 

あなたも、この記事を参考に点数を伸ばしてください。

 

倫理のおすすめの参考書については次の記事を読んでください。

【2019年版】倫理のおすすめ参考書・問題集11選

2018.01.28

成績が上がる勉強法を習得する

【広告掲載】無料相談のご案内

広告掲載