集中力が上がる!タイマー式勉強法とは

集中力が上がる!タイマー式勉強法とは 集中力アップ




あなたは、勉強しようとしても集中力がなくてすぐダレてしまうということはありませんか?

これは受験生だとよくある悩みだと思います。

集中力を維持して勉強する方法の中に、タイマー式勉強法という方法があります。

タイマー式勉強法とはどんな勉強法なのでしょうか?確認していきましょう。

 

集中力を底上げするタイマー式勉強法のやり方

タイマー式勉強法とは、一言で言うと時間を区切って勉強することで集中力を維持する勉強法です。

具体的なやり方について順に確認していきましょう。

 

1日で勉強する時間を決める

まず、その日にしたい勉強時間の合計を考えます。

実際に考える時ですが、まず1日の勉強量の目標を先に決めてしまい、その内容だとどれぐらいかかるかを考えて勉強時間の合計を決めてしまうのが良いでしょう。

多少前後することを考えて、勉強量に対して勉強時間を多めに見積もっておくと調整しやすいです。

継続的に勉強することを考えて、最初はお試し感覚で無理のない勉強時間にしておきましょう。

 

1回で集中する時間を決める

勉強時間の合計が決まったら、1回でどれぐらい集中するかを考えて分けていきます。

例えば、勉強時間の合計を4時間と設定して、1時間×4に分けるなどです。

人間の集中力が持つ時間を考えると、最大で90分ぐらいにしておくと良いでしょう。

また、必ずしも全ての期間で同じ時間ずつわける必要はありません。自分の予定や勉強の教材などを考えて、自分が勉強しやすいように計画を立てるのが良いでしょう。

 

タイマーを使って時間通りに勉強する

一回辺りの時間を決めたら、タイマーでその時間を計って、スタートを押した瞬間から勉強を始めるようにしましょう。

ポイントは、タイマーが0になるまでは、全力で集中するようにすることです。

タイマーが0になったら、一旦勉強はやめて休憩しましょう。

大体勉強時間30分につき5分ぐらいを目安にして休憩時間を設定すると良いでしょう。

この休憩時間もタイマーで計るようにしてください。

そして、休憩時間が終わったらまたタイマーで勉強時間を計測します。

これを繰り返して勉強時間と休憩時間を管理し、勉強時間を確保するというのがタイマー式勉強法なのです。

 

・1日で勉強する時間を決める

・1回で集中する時間を決める

・タイマーを使って時間通りに勉強する

 

タイマー式勉強法のメリット

タイマー式勉強法にはどんなメリットがあるのでしょうか?

順に確認していきましょう。

 

勉強のメリハリがつく

タイマーで勉強時間と休憩時間を管理することで、勉強にメリハリをつけることが出来ます。

勉強にメリハリがつくと、今は勉強するための時間だということを明確に意識するようになるため、勉強に対する集中力を保つことが出来るようになるのです。

そのため、集中力がなくて困っているという人は、一度試してみると良いでしょう。

 

緊張感を持つことが出来る

タイマー式勉強法をする際に、この問題を○○分で解く!のような目標を立てることになります。

すると、問題ごとに時間の区切りが出来るため、何としてでも時間内に問題を解こうとするでしょう。

そのため、緊張感を持って問題を解くことになり、テストを同じ感覚で問題に取り組むことが出来るのです。

 

勉強時間の管理が出来る

タイマーで時間を計ることで、勉強時間がその分だけ自動的に確保されているということになります。

毎日の勉強時間をチェックしなくても、タイマーが管理してくれるのです。

そのため、タイマー式勉強法は計画性のない人にもおすすめです。

 

・勉強のメリハリがつく

・緊張感を持つことが出来る

・勉強時間の管理が出来る

 

アプリのタイマーは使わない方がいい

勉強の際はアプリのタイマーは使わない方がいい

肝心のタイマーですが、スマホのタイマーはおすすめしません。

何故なら、スマホには様々な誘惑があるからです。

例えば、タイマーを触る時についついLINEやTwitterなどをチェックしてしまうということが考えられます。

集中するためにタイマーを使おうとしているのに、逆に集中出来ないとなってしまったら本末転倒です。

アプリのタイマーは避けて、タイマーとしての機能だけがあるものを使いましょう。

 

おすすめのタイマー

タイマーを選ぶ時にどれがいいのかわからないという人もいるでしょう。

おすすめのタイマーについて紹介していきます。

ドリテック 大画面タイマー シャボン ホワイト T-542WT

タイマー式勉強法「ドリテック 大画面タイマー シャボン ホワイト T-542WT」

とてもシンプルなタイマーです。

見やすく使いやすいため、かなりおすすめです。

ドリテック メロンタイマー グリーン T-168GN

タイマー式勉強法「ドリテック メロンタイマー グリーン T-168GN」

メロン型のタイマーです。

安いのでお試しとして買いやすいです。

図書室や自習室用の無音のタイマー

図書室や自習室など音を鳴らしてはいけない空間で勉強することもあるでしょう。

そういった場所で使える無音のタイマーを紹介していきます。

 

LINKSY(リンクシー) 光と音で知らせる! ! デジタルタイマー 時計付 カウントアップ カウントダウン ホワイト LT091W

タイマー式勉強法「LINKSY(リンクシー) 光と音で知らせる! ! デジタルタイマー 時計付 カウントアップ カウントダウン ホワイト LT091W」

見やすくて使いやすいタイマーです。

音のみ、音と光両方、光のみを選んで設定することが出来るため、様々な場面で使用することが出来ます。

 

XXERT(イグザート) デジタルタイマー マグネット付き 置き掛け両用 ホワイト XXT504WH

タイマー式勉強法「XXERT(イグザート) デジタルタイマー マグネット付き 置き掛け両用 ホワイト XXT504WH」

これもタイマーの音あり、音なしを選べます。

上のタイマーに比べると安いため、お試し感覚で使用することが出来ます。

まとめ

タイマー式勉強法のポイントは以下のようになります。

・勉強時間と休憩時間を決めてタイマーで管理する

・勉強にメリハリがつくため集中力を保ちやすい

・アプリのタイマーは使わない方がいい

あなたも、タイマー式勉強法で、勉強に集中して成績を伸ばしていきましょう。

 

また、勉強に集中するための方法については次の記事で詳しくまとめてあります。そちらもぜひ読んでみてください。

【集中できない高校生へ】勉強に集中する方法まとめ

2018.01.11