短期間でマスターできる!無機化学の勉強法とは?

短期間でマスターできる!無機化学の勉強法とは? 勉強法




暗記科目としての性質が大きい無機化学。その分、勉強した量が点数に直結しやすい科目であるとも言えます。

 

今回は、そんな無機化学の主な特徴やおすすめの勉強法を紹介していきます。

無機化学はどんな科目?

そもそも無機化学はどのような科目なのでしょうか?ここでは、その主な特徴について紹介していきます。

無機化学は暗記が9割

無機化学は暗記が大半を占める

 

無機化学はとにかく暗記事項が多く、内容の9割ほどが暗記事項です。

 

例えば、鉄という1つの元素だけでも、次の事を覚えないといけません。

 

・単体Feの性質

・コロイド

・様々な酸化鉄の特徴

・鉄(Ⅱ)イオンの特徴や沈殿反応

・鉄(Ⅲ)イオンの特徴や沈殿反応

・・・

・・・

 

単に鉄というだけでも、様々な関連事項を覚える必要がありますね。

 

また、高校の範囲では、なぜこのような匂いになるのか?や、なぜこんな色になるのか?などは詳しくやらないので、理解するというよりも単に暗記しなければならないことがほとんどです。

理論化学の知識も使う

無機化学は理論化学の知識も使う

 

無機化学では、理論化学の知識も使います。

 

例えば、無機化学で習う、「無機物質が酸として働いたり酸化還元反をする反応」は理論化学の「酸と塩基」や「酸化、還元」という分野の知識を必要とします。

 

逆に言うと、この理論化学の知識が無いと、無機化学のこの範囲は理解することが出来ません。

 

つまり、理論化学で学んだ内容が無機化学を理解する上でも、その幹になってくるということです。

無機化学の勉強法

無機化学がどのような科目であるのかについてはある程度分かってもらえたかと思います。では、どのように勉強していけばよいのでしょうか?

 

ここからは、そんな無機化学の勉強法について紹介していきます。

互いに関連付けて覚えよう

無機化学の勉強法「互いに関連付けて覚えていく」

例えば、各元素単体で暗記していく場合でも、様々な知識と関連付けて覚えることが大事です。

 

濃硝酸の中に金属を入れたときに、水に溶けない性質を持つ元素は、Fe・Ni・Al・Cr・COの5種類あります。

 

つまり、無機化学では、異なる元素だが同じ性質を持つものが多くあります。そういうものをグループにしておくと、元素ごとに暗記していく場合でももう1度その情報に触れることが出来ます。

 

つまり、Al(アルミニウム)という元素に注目して暗記している時でも、「アルミニウムは濃硝酸に対して不導体を形成して溶けない」という性質は出てきます。

 

また、「濃硝酸に対して不導体を形成する元素はアルミニウムを含めて5つある」という点でも、同じ話題に触れることになります。

 

つまり、異なる観点から同じ情報を関連付けて覚えることで、より記憶に定着しやすくなるということです。

色や形は図を見て覚える人も

無機化学の勉強法「色や形は図を見て覚える」

 

色や形が多く出てくる無機化学において、文章がだらだらと羅列されているものでは中々覚えにくいです。また、黄褐色などと言われても、どんな色なのか想像できる人は少ないかと思います。

 

そこで、 そのような色や形などは図を見て覚えることがおすすめです。

 

これによって、文字だけでなく視覚的にも記憶に訴えることが出来るので、より記憶に残りやすくなります。

同定問題のパターンを身に着けよう

無機化学の勉強法「同定問題の解き方を身に着ける」

 

無機化学では、よく出題される固定問題があります。

 

例えば、最初に4つほどイオンが用意されていて、それに様々な物質などを入れていて化学反応を起こしてどんどん分類分けしていくという問題です。

 

それで最終的に、反応しきった後の物質の色を当てたり、それぞれの化学反応がどのように起こっているのかを当てるというものです。

 

これはセンター試験では頻出問題で、2次試験などでも記述式でよく出題されます。

 

なので、そのような固定問題をよく解いておいて、その解法のパターンを身に着けておくことが大事です。

完成した後も復習を欠かさないでおこう

無機化学の勉強法「完成した後も復習を欠かさない」

 

最初に無機化学は暗記が9割だと書きました。

 

そのくらい覚えることが多いんです。その為、ある程度完成したなと思っても、定期的に復習することを忘れないでおきましょう。

 

さもないと他の科目を勉強している間に忘れてしまって、せっかく暗記したものも中々定着しなくなってしまいます。

化学のおすすめの参考書

ここまで無機化学の特徴や勉強方法などについて説明してきましたが、どの問題集を使って勉強すれば良いの?と思っている人多いかと思います。

 

そこで、化学のおすすめの参考書を以下の記事にまとめておいたので、合わせてご覧ください。

【2018年版】化学のおすすめ参考書・問題集31選

2018.01.18

まとめ

今回は無機化学の主な特徴やそのおすすめの勉強法を紹介してきました。無機化学は暗記事項が大部分を占める分、勉強した量が点数に直結しやすい教科です。

 

様々な知識を関連付けて効率よく暗記していくようにしましょう。