【浪人生必見】センター試験廃止に伴う浪人生の影響とは?

センター試験が廃止された際の浪人生の影響ついて 浪人生向け




『センター試験が廃止され、新しいテストが作成される』このようなことを聞いたことがある高校生の方は多いと思います。

では、その時に受験生の人、特に浪人生の場合はどうなるのでしょうか?廃止された後もセンター試験を受けることができるのでしょうか?

この記事ではセンター試験の廃止と浪人との関係や、新しいしテストの試験内容について記事にしたのでぜひこれから受験生になる人は参考にしてください!

 

そもそもセンター試験廃止はいつから?

センター試験廃止の浪人の疑問『そもそもセンター試験廃止はいつから?』

 

結論から言うと、センター試験廃止は2020年から始まり2024年で完全に現在のセンター試験はなくなります。そして新しく『達成度テスト』というものが導入されます。

2024年のまで浪人している人は少ないかもしれませんが、2020年の場合は浪人で不利になる人も多いと思います。実際、2020年からセンター試験の廃止が始まりこの年に現在の試験の形はかなり変わっていきます。

詳しい試験内容の変更点はこれから解説していくので確認しておきましょう。

 

試験内容の変化について

 

ここではセンター試験が廃止された後の新しい試験の内容について現在わかっている情報を1つずつ解説していきます!

 

思考力や判断力が試される試験となる

 

センター試験廃止後の浪人生が受けるテストの内容について『思考力や判断力が試される試験となる』

 

現在のセンター試験が廃止となった理由として1番に挙げられるのは『知識を身に着けるだけで解ける問題になってしまっている』ことが挙げられます

しかし、実際社会にでたら知識だけではなく、思考力や判断力が大事になってきます。この力をつけるためにもこれまでのセンター試験のような『知っていれば解ける』ような問題は少なくなっていきます。

出題方法も工夫しており、例えば日常生活や社会とのかかわりを重視した問題や、いくつかの文章や資料をあわせて読んで考える問題などが検討されています。

過去に行われたプレテストでは探究学習や実験を題材にした問題が多くみられたほか、正答数を示さずに該当する選択肢を「全て選べ」とする新傾向の出題もありました。

 

国語の試験で記述式問題が出題される

 

センター試験廃止後の浪人生が受けるテストの内容について『国語の試験で記述式問題が出題される』

 

センター試験と達成度テストの大きな違いは、記述式の問題が出題される点でしょう。センター試験と言えば、すべてがマーク式になっていてテスト後の自己採点をもとにして志望大学を決めるのが一般的でした。

一方で達成度テストの場合は、基本的にはマーク式の問題なのですが、国語では記述式の問題が出題されます。

古文と漢文以外の範囲、つまり現代文の評論と小説の部分で記述式の問題が出題されます。具体的には80~120文字程度の文章を書かせる問題を3題程度出題し、試験時間は20分程度伸ばされるようです。

ちなみに、モデル問題では自治体の文書や契約書が、17年11月に実施された試行調査では生徒会の部活動規約の文章や生徒たちの会話などが題材にされた。

 

数学の試験で記述式問題が出題される

 

センター試験廃止後の浪人生が受けるテストの内容について『数学の試験で記述式問題が出題される』

 

国語だけではなく、数学でも数学でも記述式の問題の出題がされる予定です。範囲で言うと数ⅠAの『数学Ⅰ』の分野のみ記述式の問題が3題程度出題され、試験時間は10分程度伸びるようです。

マーク式では見ることができなかった問題を解くまでの過程を見たり、『数学の良さ』を伝えるのが目的となっています。

試行調査では、文化祭でのTシャツ販売、観光客の消費額、高速道路の渋滞など、日常生活とかかわる問題が多く出ました。

記述式のテストとなるとマーク式とは違った対策を取らないといけないですし、しっかり採点基準を考えておかないと受験生の点数がぶれてしまう可能性があるので注意が必要ですね。

 

英語では民間の資格試験が導入される

 

センター試験廃止後の浪人生が受けるテストの内容について『英語では民間の資格試験が導入される』

 

達成度テストの英語では、民間の資格試験を使う合否の判定方法の導入がされるようです。民間の資格試験とは、『英検』や『TOEIC』や『TOEFL』などが挙げられます。

大学受験をする年の4月~12月までの間でこの民間の資格試験を受け、その成績を大学入試センターに送ることで受験にその成績が反映されるようになります。

ポイント
つまりこれまでのセンター試験のような一般的な達成度テストも受験して、民間の資格試験と達成度テストの2つが合否を決定する材料となってきます

変更点としては、今までのセンター試験の英語では、ただ単語を覚えてマーク式で点数を取ればいい、という『受け身の英語』でした。

しかし、資格試験を用いることで『読む』、『聞く』の能力だけでなく『話す』、『書く』という能力も加わり実践的な4つの能力が必要になってくる一筋縄ではいかないテストとなるでしょう。

 

移行期に浪人してしまった際はどうなるの?

 

センター試験廃止した際に浪人したらどうなるの?

 

浪人生が一番気になっているのは『浪人した際の試験について』です。これはまだ公式的には発表されていないですが、おそらく『センター試験は受けられず、1から新しいテストに対応する』しかなさそうです。

ゆとり教育から脱ゆとり世代へと移行した時もそうだったのですが、基本的には受験生への配慮はないと考えたほうがよさそうです。たまたまその年に浪人してしまった際は勉強しなおさなければなりません。

ポイント
なので、浪人している人や浪人する予定の人は2019年までのセンター試験実施期間に何としてでも受かっておく必要があります。

センター試験の対策方法については下の記事で詳しく紹介しているのでぜひ参考にしてみてください。

これでカンペキ!センター試験対策の完全版

2018.02.05

 

まとめ

 

いかがでしたか?

センター試験と達成度テストの移行期に浪人しても今までの傾向を見ると浪人生への対処はない可能性が高いです。なので、今からセンター試験の対策を行って浪人しないことが一番です。