センター数学の勉強法

誰でも伸びる!センター数学をスラスラ解くための勉強法とは 勉強法




センター数学の勉強法で悩んでいる人は多く、点数を上げるためには相応の努力が必要です。

また、素早く解けるように対策しないと時間切れの危険性もあります。

では、どう勉強すれば良いでしょうか?

センター数学の勉強法についてまとめてみました。

 

センター数学の特徴

勉強法をより効率的なものにするために、まずはセンター数学にはどんな特徴があるのか確認していきましょう。

 

 出題範囲が決まっている

センター数学では出題される単元が決まっています。主な出題範囲は以下の通りです。

数ⅠA
大問1…数と式、二次関数

大問2…図形と計量、データの分析

大問3…場合の数と確率

大問4…整数の性質

大問5…図形の性質

(大問3~5のうち2つ選択)

 

数Ⅰ
大問1…数と式

大問2…二次関数

大問3…図形と計量

大問4…データの分析

 

数ⅡB
大問1…三角関数、指数関数・対数関数

大問2…微分・積分の考え

大問3…数列

大問4…ベクトル

大問5…確率分布と統計的な推測

(大問3~5のうち2つ選択)

 

数Ⅱ
大問1…三角関数、指数関数・対数関数

大問2…微分・積分の考え

大問3…図形と方程式

大問4…いろいろな式

 

単元が決まっているということは、正しく対策すれば点が伸びるということです。

そのため、今数学が苦手な人でも、諦めず対策していくようにしましょう。

 

文章は書く必要がない

数学の二次試験では、答案を論理的に作る必要があるため、必要な分だけ文章を書く必要があります。

しかし、センター数学では答えるのは数値だけです。

つまり、計算結果を出せたら十分なので、わざわざ文章を書く必要はないのです。

そのため、言葉を書く癖がある人は言葉を書かずに計算しましょう。

 

答案は全部埋めた方が得

センター数学だと1つのマスにつき選択肢が「-、±、0~9、a~d」の16通りあります。

この中でも、問題の都合上絶対あり得ない選択肢を省いていくと、意外と答えは絞られます。

最後時間がなくて適当に埋めた数値が合っていて、合否を左右することも起こり得ます。

そのため、時間が足りてなくても、空欄にせずにマークを全部埋めるようにしましょう。

 

二次試験の対策だけでは対策出来ない

二次試験の対策だけすればセンター数学も一緒に対策出来るようになると考える人もいます。

しかし、この2つは完全な別物です。

二次試験の数学では、問題を読んで自分で一から解法を考え、それをどうやって論理的に表現するかが大切です。

それに対して、センター数学は問題の流れに沿って素早く処理する必要があります。

つまり、求められる計算速度だけでなく、センター試験特有の誘導に乗れるかということが違うため、勉強法を考える際に考慮する必要があります

 

・出題範囲が決まっている

・文章は書く必要がない

・答案は全部埋めた方が得

・二次試験の対策だけでは対策出来ない

 

 

センター数学で半分も取れない人向けの勉強法

センター数学で半分も取れない人はどんな勉強法だと良いでしょうか?

確認しましょう。

 

参考書を使って定理や解法を身につけよう

センター数学で半分も取れないのは、問題を解くための知識が全く身についていないということになります。

試験において知識とは道具です。

道具なしに問題を解くことは絶対に出来ません。

よって、まずは参考書を読み、問題を解くための知識を身につける必要があります。

具体的には、参考書を使って定理や解法をまずインプットしましょう。

演習に入るのは、ある程度問題を解くための知識が身についた後です。

 

計算問題で計算力を鍛え直そう

センター数学で半分も取れないなら時間も全然足りていません。

数学で時間が足りなくなる原因は、やはり計算力の欠如です。

よって、解法を身につけるのと同時に、計算力もつけておく必要があります。

ただし、自分に取って難しめの問題で計算力を一緒につけようとすると、間違えた時どこが原因かわからず混乱する結果になります。

そのため、まずは計算問題から練習するべきです。

 

・参考書を使って解法を身につけよう

・計算問題で計算力を鍛え直そう

 

センター数学で5~7割程度の人向けの勉強法

センター数学が5~7割程度の人は、どんな勉強法だと良いでしょうか?

確認しましょう。

 

 同じ問題を解けるようになるまで解く

センター数学で5~7割の場合は、ある程度基本は身についていても解ききれていないパターンです。

この場合は、実際に問題を解いてみて、間違ったところとその関連知識を重点的に復習しましょう。

その際、自分の間違えた問題が解けるようになっているかは確かめる必要があります。

そのため、同じ問題のセットを、しっかり完答できるようになるまで解き直すようにしましょう。

 

 間違えた原因を考える

センター数学の勉強法として、自分の間違いが、知識の覚え違いによるものなのか、計算ミスによるものなのかは確認しましょう。

それがわかってないと、復習する時に何を重点的に復習すべきかがあやふやになります。

闇雲に復習しようとするよりは、何を対策したいかを考えて復習した方が成績を伸ばせます。

そのため、間違えた問題は、自分に何が足りなかったかを確認するという目線で答えをチェックするようにしましょう。

 

 大問1つごとにわけて計算トレーニングをする

センター数学は時間との戦いでもあります。

問題を解けるようにするのと同時に計算スピードも鍛える必要があります。

計算力をつけたいなら、大問1つを15分で解くのを4セット演習するという形で解きましょう。

何故なら、その問題に集中するため、次の大問の時間配分のことを考えて計算が散漫になるということを防げるからです。

それで時間内に解けたら60分1セットで練習してみましょう。

 

・同じ問題を解けるようになるまで解く

・間違えた原因を考える

・大問1つごとにわけて計算トレーニングをする

センター数学で9割越えを目指す人向けの勉強法

センター数学で9割越えを目指す人は、どんな勉強法だと良いでしょうか?

確認しましょう。

 

時間配分を考える

センター数学で、大問毎に完答してから次に進まないといけないと考える人もいます。

しかし、この解き方だと一問に拘って時間を浪費し、本来解けた問題を落とす可能性があります。

そのため、勉強する時は大問ごとのデッドラインを設定して、その時間を越えたら切り上げて次の大問を解くように演習しましょう。

飛ばした問題に戻ってくるのは時間が余った時です。

時間の目安としては、60分100点満点のテストであるため、配点が30点の大問なら3割の18分かけるというように決めましょう。

 

追試などの難しめの問題を解く

センター数学が本番でどんな難易度になるかは予想出来ません。

難化するかもしれませんし、標準レベルだとしても緊張で焦ってしまう可能性もあります。

それでも実力を出せるように、追試のような難しめの問題を解いておくことで、重い問題に慣れましょう。

勉強でも、大は小を兼ねるのです。

 

センター数学だけでなく二次試験の数学も対策する

センター数学で9割を越えたいなら、これだけを対策し続けるのは得策ではありません。

何故なら、センターとしての解法しか身につかず、視野が狭くなるからです。

これは、二次試験の問題にも触れておくことで解消出来ます。

視野を広げて対応力を上げることで、様々な解法を使えるため、問題を解いて詰まりにくくなります。

そのため、マーク式だけでなく記述式の問題も練習しましょう。

 

・時間配分を考える

・追試などの難しめの問題を解く

・センター数学だけでなく二次試験の数学も対策する

 

センター数学の勉強法まとめ

センター数学の勉強法をまとめると以下の通りです。

・半分も取れない人…基本知識を身につける、計算問題で計算練習をする

・5~7割程度の人…間違えた原因を考えて解き直す、大問1つごとに計算トレーニングをする

・9割越えを目指す人…時間配分を考える、センターよりも難しめの問題を解く

 

あなたも、この記事を参考に点数を伸ばしてみてください。

 

センター試験全般の対策や、他の科目のセンター対策を知りたい方はこちらの記事を読んでください。

これでカンペキ!センター試験対策の完全版

2018.02.05

 

センター数学対策のおすすめの参考書については次の記事を読んでください。

【受験生必見!】数学のおすすめの問題集・参考書をレベル別に41冊ご紹介!

2018.01.15