英単語の覚え方について

効率的に暗記できる英単語のおすすめの覚え方をご紹介! 勉強法




英単語の覚え方は英語を勉強していく上でとても大事で、暗記出来ていないと英文を読めない上に、英作文でも使える単語が制限されます。

しかし、中々覚えられない受験生は多いです。そこで、今回は効率的な暗記法を紹介します。

英単語の覚え方で意識すべきこと

英単語の覚え方として、意識すべきことがあります。

順に説明しましょう。

英単語が長文で出てきたときにすぐに思い出せるように勉強する

英単語を覚えるときは長文ですぐに思い出せるレベルまで覚えよう

英単語の覚え方は、長文の中で出てきた時に反射的に意味が分かるようにする必要があります。

単語の意味が分からず長文を読む途中で考えていると、時間がどれだけあっても足りません。

また、よく単語帳では覚えていても長文で意味を思い出せない人がいます。しかし、実際の試験では長文中に単語が出るため意味がありません。

長文中に出たら意味がすぐに分かることが大事です。

英単語の意味は一単語につき一つではない

英単語の意味は一単語につき一つではない

英単語の覚え方で、1単語につき1つの意味だけで覚えようとする受験生がいます。

しかし、日本語でも同じですが英語の単語の意味は1単語につき複数あります。

それに気づかず1つの意味だけで覚えると、長文を読んだ時に別の意味で訳し文意が取れないです。

よって、英単語帳に載っている意味は全部覚えましょう。

復習しないと忘れてしまう

英単語は覚えても復習しないと忘れてしまう

 

英単語の覚え方で気をつけたいのは、一度覚えても時間が経つと忘れることです。

人の記憶と時間の関係を測る指標として「エピングハウスの忘却曲線」があり、人は記憶した情報を20分後に42%、1時間後に56%、1日後に74%忘れることがわかっています。

よって、もし1時間で50個の単語を覚えても、復習しないと次の日に大半を忘れています。

何度も復習して記憶に定着させる必要があるのです。

英単語は英語学習の基本

英単語の暗記は英語学習の基本

英単語の覚え方は英語学習を円滑にするために大事です。

例えば、日本語を学んでいる外国人がいたとします。

その人が単語を全く覚えず日本語を理解するのはまず不可能でしょう。

“はし”という言葉を聞いて、それが”橋”か”端”か”箸”かは、文脈と単語の意味を理解しないと判断出来ません。

これは英語の場合も同じなのです。

単語を覚えることはゴールではない

英単語を覚えることを目標にしない

英単語の覚え方は、単語を覚えることを最終目的にするわけではありません。

よく学校で、「英単語を覚えよう!」や「単語テストを毎週します」と言われるため覚えることが目的になりがちですが、これは受験勉強では長文の意味を正確に把握する為の手段に過ぎません。

そもそも、受験勉強自体が大学に合格して夢を叶えるための手段に過ぎないのです。

それをはき違えると、単語テストでは点数を取れても他のテストで点を取れなくなります。気をつけましょう。

英単語の覚え方

英単語の覚え方について紹介していきます。

確認しましょう。

複数の感覚を利用する

英単語の覚え方「複数の感覚で覚える」

英単語の覚え方で、よく単語帳を眺めるだけの受験生がいますが、じっと眺めただけで勉強した気分になってはいけません。

長期間覚えるためには、様々な感覚器官を働かせて記憶する方が脳が活性化して覚えられます。

よって、単語を覚える時は「目で見て」「耳で聞いて」「時には書いて」と様々な感覚を利用することが大事です。

その為、CDで発音を聞き、声に出して単語を覚える方法がおすすめです。

これには以下のメリットがあります。

・単語を覚えられる

・単語の正しい発音を知れる

・英語の音声に慣れ、リスニング対策になる

視覚以外にも様々な感覚を使い学習しましょう。

分野ごとに分けて覚える

英単語の覚え方「分野ごとに分けて覚える」

 

英単語の覚え方として、分野ごとに分けて覚えましょう。

人の記憶は関連する事柄があると強固になります。例えば、「雪・ワイシャツ・ティッシュ」という3つの言葉を覚えるとします。

この時、3つとも白いものだとイメージ付けるとより覚えやすくなります。

同様に、単語は共通の分野に関連付けて覚えましょう。具体的には、以下の通りです。

教科⇒英語(English)、数学(math)、化学(science)、国語(Japanese)、体育(PE)

野菜⇒トマト(tomato)、きゅうり(cucumber)、玉ねぎ(onion)、人参(carrot)

同じ分野の単語に分けて覚えると非常に覚えやすいです。

同意語、類語を同時に覚えてしまう

英単語の覚え方「同意語、類語を同時に覚えてしまう」

 

英単語の覚え方として、同意語、類語は同時に覚えましょう。関連事項として繋げると印象に残り記憶出来ます。

例えば、以下の通りです。

・秋⇒fall、autumn

・大学⇒college、university

・発展⇒advance、progress、advance

同意語、類語はセットにして覚えると楽に単語を覚えられます。

小さなテストを繰り返す

英単語の覚え方「小さなテストを繰り返していく」

英単語の覚え方として、1日の目標量を一通り覚えたら、勉強を終える前に1度確認テストをしましょう。

その時に、瞬間的に意味がわからない単語をピックアップして覚え直します。

次の日も同じ範囲の単語を覚えているか何度も反復してテストしましょう。

単語を覚える

覚えた範囲の確認テスト

分からなかった単語をピックアップして覚え直す

次の日にも同じ範囲を覚えているか確認テストをする

分からなかった単語をピックアップして覚え直す

これらを繰り返し、分からない単語がなくなるまで反復することが大事です。

自分が分からない単語を反復して覚え直すことで記憶に残せます。

マイ単語帳を作る

英単語の覚え方「マイ単語帳を作る」

英単語の覚え方として、分からない単語を放置してはいけません。

長文中の分からない単語は、意味を覚え直してノートにその単語を記録しましょう。

分からない単語は覚えられてない単語であるため、長文が自分が苦手とする単語を教えてくれるのです。

これは覚え直してもすぐ忘れます。よって、自分が苦手な単語のみをまとめた”マイ単語帳”を作れば、効率的に単語を覚えられます。

英単語の覚え方まとめ

英単語の覚え方のまとめは以下の通りです。

・複数の感覚を利用する

・分野ごとに分けて覚えていく

・同意語、類語を同時に覚えてしまう

・小さなテストを繰り返していく

・マイ単語帳を作る

これらの方法を活用し効率よく単語を覚えましょう。

 

おすすめの単語帳はこちらの記事で紹介しています。

【2018年版】大学受験におすすめの英単語帳12選!

2018.03.25

おすすめの英熟語帳はこちらの記事で紹介しています。

【2018年版】レベル別に紹介!おすすめの英熟語帳11選

2018.04.03