英単語の効率的な覚え方8選

効率的に暗記できる英単語のおすすめの覚え方をご紹介! 勉強法




英単語の覚え方は英語を勉強していく上でとても大事で、暗記出来ていないと英文を読めない上に、英作文でも使える単語が制限されます。

しかし、中々覚えられない人や、めんどくさくて途中で諦めてしまう人も多いと思います。

なので、今回の記事では英単語の効率的な覚え方や、考え方について詳しく解説していきます。英単語暗記が苦手な人はぜひ参考にしてください。

英単語の覚え方で意識すること

英単語の覚え方として、意識するべきことや注意点があるのでまずはそこから解説していきます。

英単語は最低3000語覚える

英単語の覚え方で意識すること「英単語は最低3000語覚える」

大学受験の場合は、センター試験レベルで約3000語、大学の二次試験レベルでは約4000〜5000語が必要とされています。なので、最低でも3000語を目標にして暗記を行いましょう。

高校生の間に学校で学習する英単語は約2000語と言われているので、そこから1000語追加して覚えれば基本的には英語の試験には対応できます。

4000〜5000語覚えることができればさすがに大丈夫だと思いますが、ここまで完璧に覚えるためには、計画的に暗記する必要があります。

一気に単語を覚えることは不可能なので、時間があるときにコツコツ覚えていきましょう。

0.1秒で思い出せるくらいに暗記する

英単語の覚え方で意識すること「0.1秒で思い出せるくらいに暗記する」

大学入試の試験では、英単語そのものの問題はほとんど出されません。英語長文や英作文を通じて単語力が試されます。

なので、英単語を覚える際は「0.1秒で思い出せるようにしておく」ことを常に意識して覚えるようにしましょう。

例えば「dog」の意味を答える際に「え〜っと…犬!」と答えていては、本番の試験で時間がいくらあっても足りません。

単語を見た瞬間に意味を思い出すことで、初めてスピード感を持って問題を解き進めていくことができるのです。英単語で悩んでいる時間は本番はありません。

暗記したことはすぐに忘れてしまう

英単語の覚え方で意識すること「暗記したことはすぐに忘れてしまう」

英単語に限らず、暗記するべきこと全てに言えることなのですが「覚えたことはすぐに忘れてしまう」ことは意識しておきましょう。

「エピングハウスの忘却曲線」という化学的な指標では、記憶した情報は20分後に42%、1時間後に56%、1日後に74%忘れることがわかっています。

なので、最初から全て覚えようとするのではなく「忘れることは前提で何回も復習を行う」ことを心がけて暗記することが重要です。

単語を覚えることはゴールではない

英単語の覚え方で意識すること「単語を覚えることはゴールではない」

英単語は、覚えるだけでは点数に結びつけることができません。英単語を使って問題を解くことで初めて点数にすることができるのです。

しかし、この部分を履き違えてしまい「英単語を覚えることが目標になっている人」も少なくありません。英単語は手段に過ぎないのです。

この部分を意識すると、学校の先生が「単語だけでなく、例文も覚えることが大事」と言っている本当の意味がわかると思います。

例文を覚えることで、英単語の意味だけでなく「問題における単語の使われ方」も一緒に学ぶことができるのです。

英単語を覚える際は、英語長文や英作文で使うことをイメージして暗記するように心がけましょう。

英単語の効率的な覚え方

ここでは、英単語を正しい覚え方をいくつか紹介していきます。自分にあった覚え方を見つけてもらえればと思います。

自分にあった英単語帳を決める

英単語の効率的な覚え方「自分にあった英単語帳を決める」

まずは英単語を覚えるにあたって最も重要な英単語帳を決めていきましょう。ここで自分や志望校にあったものを選ぶことができるかで暗記効率が格段に変わってきます。

例えば、難関大を目指す人であればもちろん単語の収録数が多い英単語帳を選んだほうがいいですし、CDを使ったほうが覚えやすいという人もいるでしょう。

学校で配布された英単語帳が必ずしも覚えやすいとは限らないので、書店などに行って自分に合うものを探すことから始めましょう。

大学受験プロがおすすめしている英単語帳は以下の記事で紹介しているのでぜひ参考にしてください。

【2019年版】レベル別おすすめ英単語帳12選

2018.03.25

暗記のスケジュールを立てる

英単語の効率的な覚え方「暗記のスケジュールを立てる」

英単語帳を購入したら単語を暗記するスケジュールを具体的に立てていきましょう。ここでの注意点は「一気に覚えすぎない」ことです。

上でも説明しましたが、人間は覚えたことをすぐに忘れてしまいます。なので、新しい英単語を覚えると同時に以前覚えた英単語の復習を行なっていく必要があります。

復習を考慮しても、1日に覚えることができる限界の英単語は30語程度です。ということは、単純計算しても3000語を全て覚え切るには「3000➗30=100日」もかかることがわかります。

このように、英単語を覚えるためにはかなりの日数がかかるので、計画的にスケジュールを立てることが単語力をつけるポイントと言えるでしょう。

アウトプットを常に意識する

英単語の効率的な覚え方「アウトプットを常に意識する」

英単語暗記というとインプットのイメージが強いですが、アウトプットも並行して行うことを意識しましょう。

よく「英単語は大体覚えたけど、長文になると点数が取れない」人がいますが、その原因のほとんどがアウトプット不足です。

アウトプットの方法としては「覚えた英単語で1つ文を作ってみる」方法がとてもおすすめです。これによって単語がどのように使われているのかを確認しながら意味を覚えることができます。

ボキャブラリーが増えてくるにつれて作ることができる英文も多彩になるのでぜひ実践してみてください。

単語と単語を結びつけて覚える

英単語の効率的な覚え方「単語と単語を結びつけて覚える」

英単語ひとつひとつを全て独立したものとして暗記すると、暗記量が膨大になってしまうので「英単語同士を結びつける」ことを心がけると効率的に暗記することができます。

例えば「have」という英単語では、以下のように何個もの意味があります。

I have something to do.
私にはやらなければいけないことがある

I have been to America before.
私はアメリカに以前行ったことがある

I have to go.
私は行かなければならない

これは一例ですが、ほとんどの英単語は複数の意味を持っています。なので、英単語同士を線で結ぶことを意識して覚えていきましょう。

複数の感覚を利用する

英単語の効率的な覚え方「複数の感覚を利用する」

英単語の覚え方で、よく単語帳を眺めるだけの受験生がいますがじっと眺めただけで勉強した気分になってはいけません。

長期間覚えるためには、様々な感覚器官を働かせて脳を活性化させることが必要不可欠です。

なので、単語を覚える時は声を出したり、ノートに書いたり、CDを聞いたりと様々な感覚を利用することが大事です。

色々な感覚を使って英単語を覚えてみて、自分はどの方法で効率的に覚えることができるのかを見つけていきましょう。

小さなテストを繰り返す

英単語の効率的な覚え方「小さなテストを繰り返す」

英単語の覚え方として、1日分の暗記を一通り終えたら1度確認テストをしましょう。その時に、瞬間的に意味がわからない単語をピックアップして覚え直します。

そして、その日の寝る前にもう一度覚えていない英単語を覚え直しましょう。10分ほどでできるのですが、行なっていない人がほとんどです。

寝る前に覚え直すことで、短期記憶を長期記憶に変えることができます。めんどくさいかもしれませんが、英語の成績を上げるためには必須なのでぜひ行なってもらえればと思います。

長期的に復習を行う

英単語の効率的な覚え方「長期的に復習を行う」

英単語暗記において最も重要であるのが「復習」です。復習では覚えた1時間後や1日後だけでなく、もっと長期的な目線で復習を行うように意識しましょう。

記憶は私達が思っている以上に抜けやすいものであるので、覚えた1週間後や1ヶ月後にも、同じ範囲を復習する必要があるのです。

その際、半分以上の英単語は忘れていると思いますがしっかりと覚え直してもう一度記憶に定着させていきましょう。覚えた日の1ヶ月後、3ヶ月後をカレンダーに書いておくと忘れずに復習できるのでおすすめです。

マイ単語帳を作る

英単語の効率的な覚え方「マイ単語帳を作る」

英単語の覚え方として、分からない単語を放置してはいけません。長文中の分からない単語は、意味を覚え直してノートにその単語を記録しましょう。

分からない単語は覚えられてない単語であるため、長文が自分が苦手とする単語を教えてくれるのです。

これは覚え直してもすぐ忘れます。よって、自分が苦手な単語のみをまとめた”マイ単語帳”を作れば、効率的に単語を覚えられます。

まとめ

英単語の覚え方のまとめは以下の通りです。

・自分にあった英単語帳を決める
・暗記のスケジュールを立てる
・アウトプットを常に意識する
・単語と単語を結びつけて覚える
・複数の感覚を利用する
・小さなテストを繰り返す
・長期的に復習する
・マイ単語帳を作る

英単語の暗記は、かなり面倒でサボってしまう人が多いのですが、ここを頑張るかどうかで成績の伸びは格段に変わってきます。

ぜひ、今回の記事を生かして英単語を効率的に覚えてもらえればと思います。

また、おすすめの単語帳や英熟語帳はこちらの記事で紹介しているのでぜひ参考にしてください。

【2019年版】レベル別おすすめ英単語帳12選

2018.03.25

【2019年版】レベル別に紹介!おすすめの英熟語帳11選

2018.04.03
大学受験プロおすすめの勉強法