【センター英語】試験の特徴&満点への勉強法まですべてを解説!

センター英語の勉強法を解説 勉強法




センター試験は国公立大学を受験する人はかならず受けなければならない試験です。その中でもセンター英語は対策方法も確立していてしっかり勉強を行えば誰にでも8~9割は取れるようになっています。

私もセンター英語は対策を行った結果本番でも9割の点数を出すことができました。なので、この記事ではセンター英語の特徴や問題形式や勉強法について詳しく、具体的に解説していきます。

センター英語で高得点を取りたい受験生の方はぜひ参考にしてもらえればと思います!

センター英語の特徴

 

センター英語の特徴

 

ポイント
センター試験の英語の特徴としてまず最初に挙げられるのは『問題の量が多い』ということです。センター試験の問題量は二次試験と比べてもかなり多く、それに比べて試験時間は短いので非常に時間制限が厳しいです。

特に、長文問題はそこまで難しい単語や文法は出てこないものの、時間が短く文章量もボリュームがあるのでケアレスミスが多発する原因となりがちです。

ポイント
また、もう1つ挙げられるのは『知識量が求められる』ということです。センター試験では二次試験では問われることの少ない発音問題や文法問題がかなり多く含まれていて、その部分で点数を稼げるかはかなり重要です。

しかし、そんなセンター英語も難関大学を目指すような人は英語では9割~満点を取りに来ているのでそのような大学を志望している人はこれから説明する特徴をよく読んで取りこぼしがないようにしていきましょう。

ちなみに、センター英語の問題構成は次のようになっています。

大問1 発音・アクセント問題(15点)

大問2 文法・語法/会話文/語句序列問題(40点)

大問3 意味類推/不要文指摘/意味要約問題(45点)

大問4 図表読解問題(33点)

大問5 文章読み取り問題(33点)

大問6 長文読解問題(33点)

リスニング問題(50点)

大問1~3の知識系統の問題で約100点、大問4~6の長文問題で約100点の構成となっています。

 

各分野について

 

ここではセンター英語の各分野についてどのような問題が出るのかということを1つずつ解説していきます!

 

大問1 発音・アクセント問題

 

毎年必ずこの発音・アクセントの問題が第1問に出題されています。配点は15店程度と低めなのですが難関大志望者はこの分野で9割~満点を毎回取ってきます。15点は意外と大きい点差となります。

ポイント
この分野の勉強方法としては、まずは英単語を覚える際にめんどくさいかもしれませんが毎回必ず発音記号とアクセントをチェックしておいて思い出せるくらいにしておきましょう。

そして、試験直前になったら参考書を1冊購入して『試験に出やすい発音記号・アクセント』という部分があるのでそこで総復習を行います。これで大体の試験では9割は取れるようになります。

下のような問題が出るので参考にしてください。

 

センター英語の発音・アクセントの問題例1

 

センター英語の発音・アクセントの問題例2

 

大問2 文法・語法/会話文/語句序列問題

 

この分野では、ほとんどが英語の知識を問う問題となっています。文法や構文、表現などの細かい知識を穴埋めや並び替え問題として出してきます。

しかし、二次試験のような難問は出ることはないので安心してください。基本的な問題しか出ないので参考書を1冊完璧に行えばほとんどの問題は解けるようになります。

また、並び替えの問題は少し難易度が高く設定されていること多いので苦手な人は対策をしっかり積んでおくことをおすすめします。

下のような問題が出題されます。

 

センター英語の文法問題の問題例1

 

センター英語の文法問題の問題例2

 

大問3 意味類推/不要文指摘/意味要約問題

 

これはセンターと特有と言ってもいい問題です。特に不要文指摘の問題はセンター試験以外では出題されることはほとんどないと言ってもいいくらいで確実性のある英語力があるかどうかが大事になってきます。

ポイント
どういうことかというと単なる知識ではなく、問題の文章を読み取り、何が言いたいかを考えるなどの『国語力』が必要ということです。

ただ、難易度はそこまで高くもないので慣れていけば数分で終わらせることができます。センター試験の過去問や専門の問題集をやってみてもいいかもしれません。

不要文指摘の問題は次のように出題されます。

 

センター英語の意味類推・不要文指摘・意味要約問題の問題例1

 

大問4 図表読解問題

 

この大問4~6は長文問題になります。この大問3つをいかに早く説ききるかはセンター英語で高得点を取るためのポイントとなります。

図表やポスター、広告などいろいろな形式があります。長文では出てこないような英語独特の言い回しがあったりするので日本の広告とうまくリンクさせて考えられると高得点が狙えます。

この分野もセンター試験特有の問題形式であるので過去問を使って慣れておくことが重要です。下のような広告が出題されます。

 

センター英語の図表読解問題の問題例

 

大問5 文章読み取り問題

 

この大問では長文を読んで状況を把握したり、データと長文を関連させて問題を解いていくような形となります。問題例としては『英語長文で表現されている状況を選びなさい』という問題が出されます。

長文問題としては1番簡単になっているのでぜひ満点を狙っていきましょう。大問4のような特徴はありませんし、大問6のような硬い文章でもありません。

長文の内容としてもかなり面白いものがそろっているので興味がある人は1回解いてみてもいいかもしれません。下のような問題が出題されます。

 

センター英語の文章読み取り問題の問題例

 

大問6 長文読解問題

 

この大問では二次試験で出題されるような長文問題が出題されます。テーマも『環境問題』や『伝統文化』など硬いものが多くセンター試験の中では1番難易度が高いでしょう。

さらに、注意してほしいのは『長文問題は1問6点もある』ということです。1,2点を争うセンター試験の中では6点を得点するかどうかは合否に直結します。

センター試験のみを受ける人にとっては難しく感じるかもしれませんが、二次試験でも英語がある人は簡単に思える文章なのでそこまで気にする必要はないでしょう。

また、最後には文章の内容正誤問題があるので段落を読み終わるごとに内容をまとめておくと時間短縮をすることができます。

下のような問題が出題されます。

 

センター英語の長文読解問題の問題例

 

リスニング問題

 

センター英語の特徴といってもいいくらいなのは『リスニング問題がある』ということです。二次試験でリスニングの問題がある大学はとても少ないと思います。

なので、リスニング対策をあまり行わない人も多いかもしれませんがリスニング問題は1~2ヶ月程度で満点を取ることができるようになるので一気に実力をつけてしまいましょう。

ポイント
また、リスニング問題を解く際に意識してほしいことは『先に問題を見ておく』ということです。何を問われるのかが分かっているだけでも問題を解く際には有利に働きます。

 

センター英語の攻略法

 

ここではセンター英語で高得点を取るポイントについて解説してくので勉強する際は実践してもらえればと思います!

 

発音・アクセントは単語と一緒に覚えよう

 

大問1の発音・アクセント問題で満点を取って幸先のいいスタートを切るためにも単語を覚える際には発音とアクセントも覚えるように心がけてください。

英単語の発音が分からない際は『goo辞書』というサイトを使えばすぐに発音を調べることができるのでまずは英単語を覚える際は発音を確認しましょう。

 

 

そして、次に『自分の発音が本当に正しいか』ということを確かめましょう。これはアプリで『google翻訳』というものがあるのでインストールしておくと使い勝手もいいのでおすすめです。

センター英語の勉強法『発音・アクセントは単語と一緒に覚えよう』

 

センター英語対策におすすめのアプリ「google翻訳」をApp Storeで手に入れよう センター英語対策におすすめのアプリ「google翻訳」をGoogle Play で手に入れよう

文法は一気に覚えてしまおう

 

センター英語の勉強法『文法は一気に覚えてしまおう』

 

文法は覚えておかないとセンター試験で大きな得点源となる長文問題に取り組むことすらできません。ので、文法は一気に覚えてしまって長文の勉強を行いつつ確認していくようにしましょう。

具体的な期間でいうと『3~5か月』くらいで1通りは終わらせるようにしましょう。また、英語長文を読むにあたって特に大事になってくる文法を下にいくつか挙げておくのでその部分は重点的に勉強しましょう。

関係代名詞

✅比較

✅形容詞・副詞

英文法のおすすめ参考書についても下の記事で紹介しているので興味のある方はぜひ見てみてください。

 

多すぎてわからない!おすすめの参考書や問題集はどれ?【英文法編】

 

長文は音読をしよう

 

センター英語の勉強法『長文は音読をしよう』

 

上でも説明しましたが、センター試験の英語長文問題は文章量も多く、時間との戦いとなります。なのでいかに早く長文を読み進めていくかが高得点をとるためのポイントになります。

その『英語長文を速く読む』ということのためにおすすめしたい方法が『音読』です。音読をしていくと英語を英語のまま訳すことができるようになってきます。日本語訳を1回1回しなくても英語を読めるようになるのです。

音読の詳しい方法や、長文を読む際に意識してほしいことについては下の記事で紹介しているのでぜひ見てみてください!

 

『正確さ』『速さ』どちらも手に入れる英語長文の勉強法とは? 

 

リスニング対策について

 

センター英語の勉強法『リスニング対策について』

 

リスニングについてですが、行ってほしいこととしては『シャドーウィング』を私はおすすめしています。シャドーウィングとはリスニングの音源の後に追いかけるようにして英語を読んでいく勉強法のことです。

この勉強法のメリットとしては『インプットとアウトプットを同時に行うことができる』ということです。ふつうは別々に行うことを1度に行っているので効率も2倍になり、英語独特のリズムやスピードにも対応しやすくなります。

また、注意点としてはシャドーウィングをする前にリスニング音源の日本語訳は行うようにしましょう。行っていないと『音読』ではなくただの『棒読み』になってしまいます。

リスニングのさらに詳しい勉強法については下の記事で紹介しているので苦手な人は見てみてください。

 

【必読】3ヶ月でネイティブ並みに聞き取るための英語リスニング勉強法とは?

 

時間配分を考えよう

 

センター英語の勉強法『時間配分を考えよう』

 

ポイント
これはセンター試験全般に言えることなのですが、センター試験を解く際はまず『時間配分』を考えてから解き始めるように意識してください。

時間配分を考えないままとくと『時間が足りずに大問1問全部解けなかった…』なんてことになりかねません。特に、長文問題では必要以上に問題を読み込まないようにしましょう。

1文1文しっかり日本語訳をしていては時間はいくらあっても足りません。問題に関係のある文をうまく見極めてその部分だけを重点的に読みましょう。

文法や並び替え問題でもわからない問題が出てきたらあまり考えずに飛ばして最後に時間が余ったら解きなおしましょう。

具体的な時間配分としては

大問1 3分

大問2 7分

大問3 15分

大問4 15分

大問5 15分

大問6 20分

確かめ 5分

というような時間配分です。なるべく大問1,2は速く終わらせてしまって点数の高い大問4~6に時間をかけるのがおすすめです。

 

過去問で問題形式に慣れよう

 

センター英語の勉強法『過去問で問題形式に慣れよう』

 

各大問の対策方法もわかり、実力もある程度はついてきたら最後に行ってほしいことは『過去問演習』です。結局最後に頼りになるのは過去問なのです。

センター試験では不要文を見抜く問題やポスターから読み取る問題など、他の試験ではないような独特の問題が多いです。このような問題の対策を行うためにも過去問はできる限りやりこみましょう。

具体的には最低5年分は行ってください。また、毎回復習も行って知識の抜けを補っていけば試験本番でも高得点を取ることができますよ。

 

英語のおすすめ参考書まとめ

 

センター試験に限らず、英語の成績を上げていくためには『参考書』というものが非常に重要になってきます。自分に合った参考書を見つけることができれば成績を一気に上げることが可能です。

下におすすめの英語長文参考書や単語帳などを紹介している記事があるのでぜひ参考書を選ぶときは見てみてください!

 

レベル別で紹介する英語長文のおすすめ参考書17選

大学受験におすすめの単語帳をレベル別にご紹介!

レベル別に紹介!おすすめの英熟語帳11選

 

まとめ

 

いかがでしたか?

センター英語は時間制限も厳しく、一見難しそうに見えるかもしれませんが対策をしっかり行っていけば8~9割は誰でも取れるように作成されています。

なので、この記事を参考にしてセンター試験本番でも結果を出せる実力をつけてもらえればと思います。

 

=========================================================

センター試験対策に関するまとめ記事はこちら

センター試験対策のバイブル

=========================================================