一対一対応(数学)の演習のレベルや効果的な使い方とは!?

一対一対応,数学 参考書




数学の参考書として、高い人気を誇っている一対一対応の演習。

 

今回は、そんな一対一対応の演習のレベルや効果的な使い方を紹介していきます。是非、参考にしていってください。

一対一対応の演習の基本情報

一対一対応(数学)の演習の基本情報

 

一対一対応の演習は、東京出版から出されている参考書です。

 

数学1,A,2,B,3(微分・積分編),3(複素数平面・式と曲線編)と高校数学の内容が6冊に分かれて収録されています。

 

この参考書は、amazonの数学の参考書の売り上げ部門において、数学1,A,2,Bの4冊が10位以内に入っているという大人気の参考書です。

 

それぞれの問題数は以下の通りです。

 

数Iの問題数・・・例題53題、演習50題

数Aの問題数・・・例題54題、演習54題

数Ⅱの問題数・・・例題83題、演習83題

数Bの問題数・・・例題41題、演習41題 融合例題18題、融合演習18題

数Ⅲ(微分・積分編)の問題数・・・例題75題、演習75題

数Ⅲ(複素数平面・式と曲線編)の問題数・・・例題30題、演習30題、融合例題6題、融合演習20題

 

問題数はそこまで多くありませんね。しかし、その分厳選された問題が収録されていて、効率的に数学の力を付けることが出来ます。

 

 

対象受験生のレベル

一対一対応(数学)の演習の対象レベル

 

一対一対応の演習のレベル的には、中堅大学~難関大レベルです。

 

なので、センター試験でのみ数学を使うという人には少し難しく感じると思います。先ほども書いた通り、厳選された良問が揃っているので二次試験で数学を使うという人は是非ともやっておきたい参考書です。

 

一対一対応の演習はこんな人におすすめ

✔中堅大学以上を受験する人全般

✔少ない問題数で、効率的に数学の力を伸ばしたい

✔とにかく解説が丁寧な参考書が良い

✔特定の分野、単元を復習したい

 

効果的な使い方

苦手なところから順に解いていこう

一対一対応(数学)の演習の効果的な使い方「苦手なところから解いていく」

 

先ほども書いた通り、この参考書は、難易度はそこまで易しくないので1冊目にやるというよりかは、ある程度基礎が固まってからやるのがおすすめです。

 

その為、参考書の前のページから順に解いていく必要がありません。解いていく順としては、自分が「苦手だな、、」と感じる分野からです。

 

そうすることで苦手分野に早く手を付けることができ、苦手分野の点数を伸ばすことで模試などの点数も上がっていきます。

単元ごとに復習しよう

一対一対応(数学)の演習の効果的な使い方「単元ごとに復習する」

 

先ほど、この参考書は前から順にやるべきではなく、苦手なところからやっていくべきだと書きました。

 

前から順にやっていたら、ある程度関連する分野などが続いていることもあるのでそこをまとめて復習することもあるかと思いますが、

 

この参考書は、苦手分野から解いていくということでその単元ごとに復習をしていくようにしましょう。そうすることで、それぞれの分野の理解がより深まります。

 

間違えたところは2周目もしよう

一対一対応(数学)の演習の効果的な使い方「間違えたところは2周目もする」

 

1度解いてみて間違えたところにはチェックしておいて、全部解き終えてから2周目でもう1度解くようにしましょう。

 

なにしろ、1度解けなくて解説を見て「分かった気でいる」という人が非常に多いです。それでは、その問題を習得できていることになりません。

 

あくまで自分の力で1から解けてこそ習得出来たことになるので、2周目として自分の力で解いてみることが大事です。

 

例題は解説見ないでチャレンジしよう

一対一対応(数学)の効果的な使い方「例題は解説見ないでチャレンジする」

 

よくある質問で「例題は解説見ながら解いて良いのか?」ということがありますが、この参考書においては、例題は解説見ないでチャレンジするようにしましょう。

 

この参考書には各章のはじめに要点整理としてその分野の内容がかなり詳しくまとめられています。

 

なので、それをしっかりと読んで例題からしっかりと自分の力で解いていくことが大事です。最初から解説を見てしまうと、納得しているつもりでも中々頭には残らないです。

 

解説見ないでチャレンジしてみて、もし分からなかったら解説を見ることで「あ、そういうことか!」とより自分の頭に残るようになります。

 

全問題を解く必要はない

一対一対応(数学)の演習の効果的な使い方「全問題を解く必要はない」

この参考書に関しては、全問題を解く必要はないです。

 

この参考書では色々な問題を解くというよりも、「苦手分野に特化して解いていく」ということの方が効果的です。

 

なので、苦手分野の問題は解くべきですが、現時点で得意としている分野の問題などはそこまで解く必要がないです。

 

それよりは次の参考書や過去問に移るというのが大事なので、解くべき問題を解いてしまったら次の参考書などに移っていくようにしましょう。

 

この参考書の前後にすべき参考書

 

この一対一対応の演習は言わば、”教科書と過去問をつなぐ一冊”です。

 

なので、まずは教科書やチャート式で基礎部分を一通り勉強して、そこから実際に志望校の過去問を解くまでに取り組むようにしましょう。

 

この参考書に載っている問題は、公式を当てはめるだけで解けるような問題はありませんし、そのほとんどが大学入試の過去問です。

 

なので、教科書などでいれた基礎知識の応用の仕方をこの参考書で勉強して、実際に志望校の過去問に取り組んでいきましょう。

 

ただ、難関大を目指すならこの参考書からいきなり過去問にチャレンジするのは中々厳しいかもしれません。

 

なので、難関大を目指す人はこの参考書の後に、プラチカなどの参考書に進んでそこから過去問へと繋げていくのがおすすめです。

 

チャート式に関してはこちら↓

よくわかる!数学のチャートの選び方や使い方

プラチカに関してはこちら↓

数学のプラチカの特徴や効果的な使い方を丸ごと解説!

まとめ

いかがでしたか?

 

一対一対応の演習は教科書などで勉強した基礎知識を実際に演習して、過去問演習につなげていくような参考書です。

 

良問揃いになっているので、1問1問大切に解いていきましょう。