数学のプラチカの特徴や効果的な使い方を丸ごと解説!

数学のプラチカの使い方 参考書




数学のプラチカシリーズは受験生に大人気です。

ですが、どう活用したらいいのかわからない人や、そもそもプラチカがどんな参考書なのか知らないという人も多いのではないのでしょうか?

参考書の使い方一つで、勉強の効率は大きく変わります。

今から、プラチカの効果的な使い方について紹介していくのでぜひ目を通してみてください。

 

プラチカの特徴

まずプラチカには、どんな特徴があるのでしょうか?

順に確認していきましょう。

 

 プラチカは3種類ある

数学のプラチカには、「文系数学の良問プラチカ 数学1・A・2・B」「理系数学の良問プラチカ 数学1・A・2・B」「理系数学の良問プラチカ 数学3」の3種類があり、河合塾が出版しています。

プラチカのページ数、問題数
・文系数学の良問プラチカ 数学1・A・2・B…48ページ149題

・理系数学の良問プラチカ 数学1・A・2・B…54ページ153題

・理系数学の良問プラチカ 数学3…32ページ76題

ページ数が一見少なく見えるかもしれませんが、これは問題のページだけで、解答のページはまた別にあります。

ⅠAⅡBの範囲については、意外かもしれませんが理系用よりも文系用の方が難しく、最難関大レベルのものがずらずらと載っています。

そのため、数学がそこまで得意ではない文系の受験生の場合は、難関大志望であっても文系用のプラチカではなく、理系用のプラチカを選んだ方が上手くいきます。

逆に、理系の受験生で最難関大に向けてⅠAⅡBの範囲を勉強したいという場合は文系用のプラチカに手を出してみるというのも良いでしょう。

大体の難易度としては、文系のプラチカは完全に最難関大向けです。

理系のプラチカは、数学1・A・2・Bの方は中堅大~難関大に対応していて、数学3については難関大~最難関大に対応しています。

自分の学力に合わせて選ぶと良いでしょう。

 

 

 解説が分厚い

プラチカは、問題1問1問に対して解答がしっかりついている解説に重きをおいた参考書です。

そのため、解答のページが、問題のページよりもかなり多いです。

難しめの問題でも、解説がわかりやすいのは考え方を勉強する際にもかなり使いやすいです。

また、1問で2種類の解き方をしている問題も多く、いろんな視点で問題を見ることが出来る良書です。

 

独学で使いやすい

解説がしっかりしているということは、自習でわからない問題を解消しやすいため、一人の時でも勉強しやすいということです。

そのため、プラチカは他の問題集に比べて圧倒的に独学に適しています。

そのため、宅浪している人には特におすすめの問題集です。

 

・プラチカは3種類ある

・解説が分厚い

・独学で使いやすい

 

プラチカのおすすめの使い方

では、プラチカはどう使うのがおすすめなのでしょうか?

順に確認していきましょう。

 

順番に進める必要はない

プラチカは、章ごとに二次関数や確率などの単元別に分けられています。

プラチカは、問題集としての難易度を考えると、全単元を既に勉強出来ている状態で、基礎が出来ている前提で解く問題集です。

そのため、他の問題集を解く時のように順番に解いて単元毎に確認するという使い方にこだわる必要はありません。

ある1つの分野を先に集中的にするのも良し、各分野をバランス良く解き進めても良しです。

また、1問ごとが重めな問題であり問題のページには問題しか載っていないという特性上、単元4つぐらいから1問ずつ選んで80分ぐらい時間を計ってまとめて解くことで、あたかも模試のような感覚で使うことも出来ます。

 

1問1問で時間をかけて解説を読む

問題を解く順番については特に指定はないですが、プラチカは理系用にせよ文系用にせよ骨のある問題が出てきます。

そのため、1問1問記述練習も兼ねて、漏れがないかをしっかり見直しながら解くようにしましょう。

問題を解いた後は答え合わせして解説を読みます。

この時、間違った問題や、考え方を間違えていた問題については、後日解き直せるように問題にしるしをいれておきましょう。

プラチカは、その解説が真骨頂であるため、熟読しない意味はありません。

自分の解いた解法だけでなく、別解の解き方もしっかり読み、そのやり方でも解けるようにしておきましょう。

 

間違いが多い分野では少し簡単な問題集を使う

念押ししておくと、プラチカは難しめの問題集です。

そのため、苦手分野ではほとんど自力で正解出来ないということが起こるかもしれません。

そのような範囲は、あなたにとってはプラチカに手を出すのはまだ早い範囲であると判断出来ます。

その場合、その範囲だけ一度前やっていた問題集などで復習し直すようにしましょう。

 

・ 順番に進める必要はない

・ 1問1問で時間をかけて解説を読む

・間違いが多い分野では少し簡単な問題集を使う

 

プラチカが終わった後のおすすめの参考書

プラチカが終わって次の参考書に進もうとしている場合に、どうやって決めたらいいのかわからないという人もいるでしょう。

数学の参考書については、下の記事でレベル別に41冊まとめています。

自分のレベルや性格を考えてこの中から自分に合った1冊を探してもらえればと思います。

ぜひこちらもご覧ください。

よくわかる!数学のチャートの選び方や使い方

 

まとめ

プラチカについてまとめると以下の通りです。

 

・数Ⅰ・A・Ⅱ・Bに関しては文系用の方が難しい

・解説が多く、1問に2つの解法がついていることもある

・解説をフル活用して、考え方を重点的に学ぶのに利用するのがおすすめ

 

あなたも、この記事を参考にプラチカを使いこなして、数学の勉強に役立ててください。

また、数学の勉強法については、下の記事で詳しく載せてあるためどちらもぜひご覧ください。

知らないと損する!数学の効率を2倍にする勉強法とは

誰でも伸びる!センター数学をスラスラ解くための勉強法とは

【高校数学】満点を取るための証明問題の解き方・書き方を一から解説!