英文法の効率的な勉強法

英文法を得意にしていくための勉強法について 勉強法



英文法は英単語と並んで全ての基礎のなる部分であり、長文や英作文でも必ず必要となってくる知識です。

今回の記事では、そんな英文法について効率的な勉強法や苦手な人が行うべきことを詳しく解説していきます。

英文法が苦手な人はぜひ参考にして成績を上げてもらえればと思います。

英文法が苦手な人がまずやるべき勉強法

英文法が苦手で英語の点数が上がらないという人は何をしていけばよいのでしょうか。英文法が苦手な人がまずやるべき3つのことについて解説していきます。

品詞を理解する

英文法が苦手な人がまずやるべき勉強法「品詞を理解する」

英文法を勉強する前に、まずは「品詞を理解する」ことを行いましょう。この部分をおろそかにしていては、いつまでも問題が解けないままです。

品詞とは「動詞」や「形容詞」とった英単語ひとつひとつに与えられた役割のようなものです。名前は聞いたことがある人は多いのではないでしょうか。

品詞を理解し、覚えておくことで英文法の問題でよくある「語順の並べ替え問題」がとても簡単に解けるようになります。品詞は英文法を学ぶ前の基礎ルールのようなものなのです。

英文法の中で重要なのは、以下の5つの品詞です。わからないものや理解できていないものは今すぐにでも勉強して完璧にしておきましょう。

名詞・動詞・形容詞・副詞・助動詞

基礎的な文の形を覚えてしまう

英文法が苦手な人がまずやるべき勉強法「基礎的な文の形を覚えてしまう」

品詞と同時に、覚えておいてほしいことが「基本的な文型」です。文系とは、英語を訳していく際に必要な英文のテンプレートのようなものです。

以下の5つの文型が英語には存在します。逆に、これ以外の文型の英文はほとんど存在しないので一気に覚えてしまいましょう。

第1文型(SV)…SがVする
第2文型(SVC)…SはCである
第3文型(SV0)…SがOをVする
第4文型(SVOO)…SがO(人)にO(もの)を与える
第5文型(SVOC)…SがOにCさせる

この文型は、高校1年生の最初の試験から、大学受験の本番まで全てにおいて必ず必要になってくる基礎的な知識です。

逆に、これをしっかり理解しておかないと時間が経つに連れて英語が読めなくなってしまうので、わからない人は今のうち勉強しておきましょう。

自動詞と他動詞の区別ができるようになる

英文法が苦手な人がまずやるべき勉強法「自動詞と他動詞の区別ができるようになる」

動詞は英文の核となるとても重要な要素ですが、動詞には「自動詞」「他動詞」の2種類があります。この違いを理解しておくことが文法においてはとても重要です。

自動詞とは「目的語を必要としない動詞」であり、他動詞は逆に「目的語を必要とする動詞」のことを指します。

例えば「go,come」などは自動詞であり、「play,eat」などは他動詞に区別されます。この違いを理解しないと、文法だけでなく英作文でも点数が取れなくなって今います。

文法を勉強する前の基礎事項なので、わからない人は理解しておきましょう。

英文法の効率的な勉強法

ここでは英文法を効率的に勉強するため方法を1つずつ紹介していくのでぜひ実践してみてください。

まずは理解を重視して参考書を読み込む

英文法の効率的な勉強法「まずは理解を重視して参考書を読み込む」

英文法を勉強する際は、まずは3〜4週間程度時間をかけて理解することを意識して参考書を隅々まで読み込みましょう。

覚えることは重視しなくても大丈夫なので、とにかく理解して自分で説明できるくらいに完成度を高めることがとても重要です。

具体的には理解した文法を使って、例文を自分で作ってみる勉強法がおすすめです。理解したことを一度アウトプットすることで自分の中で知識を整理することができます。

もちろん一度読んだだけで全ての内容を理解することはできないので、何度も読み返しましょう。ここが最も重要であるので絶対に怠らないように心がけてください。

簡単な問題を通じて知識を定着させる

英文法の効率的な勉強法「簡単な問題を通じて知識を定着させる」

参考書を読み込んで、文法を理解することができたら簡単な問題を通じて知識を定着させていきましょう。ここで初めて英文法を覚える作業に入ります。

内容は理解できているので、英単語を覚えるときと同じように何回も書いたり、声に出して読んだりして覚えると効率的に覚えることができます。

わからない問題が出てきたときは、調べても構いませんのでとにかく「完璧に理解した状態で暗記する」ことを心がけて取り組むことが重要です。

自分に説明しながら問題を解く

英文法の効率的な勉強法「自分に説明しながら問題を解く」

英文法をある程度覚えることができたら、問題集を1冊購入して演習をどんどんこなしていきましょう。

ここで意識してほしいことは「自分に説明しながら問題を解く」ことです。人間は自分で理解したと思っていても全体の30%しか理解できていないと言われています。

しかし人に教えることができれば90%まで理解度を上げることができるのです。試しに行ってみればわかるのですが、思った以上に説明でつまづく部分があると思います。

そこで最後まで回答までの過程を説明することができれば、本番でも確実に点数を取ることができるのでぜひ行ってみてください。

長文問題を文法的に解いてみる

英文法の効率的な勉強法「長文問題を文法的に解いてみる」

英文法の勉強が全て終わった人向けなのですが「長文問題を文法的に解く」ことはとても効果的です。

英語の長文問題は500〜1000語程度の文章が多いと思いますが、その長文をすべて文法的な目線で解釈してみてください。

例えば「この関係代名詞はこの単語にかかって…」といったことは普段の長文問題では行わないと思いますが、1文ずつ行ってみましょう。

慣れてくると、文法を瞬時に理解する瞬発力がついてきてスピード感を持って問題を解き進められるようになります。

毎日継続して勉強しよう

英文法の効率的な勉強法「毎日継続して勉強しよう」

英文法を身に着けていくために大事なのは「毎日継続して勉強する」ことです。理科や社会ではまとめて勉強することが効果的ですが、国語や英語は毎日継続することが効果的です。

外国人が英語をペラペラに話したり、聞いたりすることができる大きな理由の1つが毎日英語に触れ、英語を使う機会がたくさんあることです。

なので、英語を得意にしていくためには毎日英語を使うということが必須なのです。1日の勉強時間は1時間~1時間半程度でいいので、1日も欠かさず勉強していきましょう。

完璧主義になる

英文法の効率的な勉強法「完璧主義になる」

英文法は長文問題や英作文、和訳問題などすべての英語の基礎となる部分であり、単語暗記と同じくらい重要事項です。なので、英文法に関しては曖昧な記憶は許されません。

完璧主義になって、文法問題では毎回満点を取れるくらいの実力をつけてしまいましょう。そうすると後々かなり楽になります。

また英文法を勉強する際の注意点ですが、英文法にダラダラと時間を費やすことはあまり効果的ではないので一気に解いてしまうことがポイントです。

まとめ

今回の記事で紹介した英文法の効率的な勉強法は以下の6つです。

まずは理解を重視して参考書を読み込む
簡単な問題を通じて知識を定着させる
自分に説明しながら問題を解く
長文問題を文法的に解いてみる
毎日継続して勉強しよう
完璧主義になる
また、下の記事では他の科目の勉強法についても紹介しているのでぜひ読んでみてください。

各科目の勉強法はこれで完全網羅!大学受験プロ式勉強法まとめ

2018.01.14

英文法のおすすめ参考書は以下の記事で紹介しています。

【2019年版】英文法のおすすめの参考書・問題集14選

2018.01.30

【広告掲載】無料相談のご案内

広告掲載