【眠気を吹き飛ばす】勉強中に眠い時に目を覚ます方法8選!

勉強中眠くなった時の対処法について 集中力アップ




勉強中に急にウトウトするときはよくありますよね。勉強の大敵、それは「眠気」です。眠くてはいくら勉強しても頭に入ってきませんし、効率の悪い勉強になってしまいます。

逆に眠気を覚まして目をパッチリさせた状態で勉強出来れば勉強の効率も上がりますし、合格までの距離も近くなります。

なので、この記事では勉強中に眠くなった時の対策や理想の睡眠時間についてまとめました!

なぜ勉強中に眠くなるの?

なぜ勉強中になると眠くなってしまうのでしょうか?どこに原因が潜んでいるのでしょうか?

眠くなってしまう原因についてまとめました!

毎日の睡眠に問題がある

 

勉強中に眠くなる原因『日ごろの睡眠の問題がある』

 

まず、勉強中に眠くなる理由を考える際に自分の睡眠の質について見直してみましょう。寝る前の行動に問題があったり、睡眠時間が短いせいで勉強中に眠くなってしまうのかもしれません。

特に寝る直前までスマホをいじったりテレビを見る、またはコーヒーを飲んでいる人は要注意です。

寝る直前にスマホを30分いじると、その効果はコーヒー2杯分ほどにもなります。寝る前の1件のLINEの確認が想像以上に睡眠の質を下げてしまっているのです。

コーヒーなどのカフェインを取る際にも必ず就寝4時間以上前に取るようにしましょう。また、寝る前にはコーヒーではなくホットミルクのような寝つきが良くなるようなものにしましょう。

 

面白くないものや単純作業をすると眠くなる

人間は自分が興味のないものや単純作業をしていると、脳がそのことについて飽きてしまい眠くなってしまいます。

脳に対してストレスを溜めないようにするために、自分の中で勉強を楽しくしたり、メリハリをつけて行うやり方を考えることで対策しておくことが重要です。

例えば、3時間連続で勉強するよりは、90分2回にわけて勉強する方がメリハリもつく上に効率も上がります。

勉強は基本楽しいと思える人はなかなかいないので、自分の中でやる気を出したり、集中力を高める方法を持っておくことが大事です。

 

勉強していて眠い時は寝るのが一番

 

勉強中に眠くなったら寝るのが一番

 

勉強中に睡魔が襲ってきた!どうしても眠い!

こんな経験は受験生の方なら一度はあるでしょう。そして、その眠い中コーヒーや栄養ドリンクを飲んで無理やり眠気に打ち勝ち、勉強を続けていたという人が多数だと思います。

ポイント
しかし、ここで伝えておきたいことは、勉強の効率を上げていくためには眠気に打ち勝つ必要はないということです。

勉強中に睡魔が襲ってきたら素直に寝てしまうのがいいのです。睡眠は勉強を邪魔するものではありません。むしろ助けてくれるものなのです。

なぜかというと、人間は睡眠中に暗記したことを整理して頭に定着させるのです。つまり、睡眠時間は受験勉強にとっては必須であり、絶対に削ってはいけない時間なのです。

睡眠時間を削ることで下のような悪影響が出るのです。

 

 

睡眠不足で起こる症状

 

1 ストレスが解消出来ない
2 老化の進行
3 太りやすくなる
4 疲れが取れない
5 集中力と判断力の低下
6 感情のコントロールが難しくなる
7 コニュニケーション能力の低下
8 パニックを起こしやすくなる
9 肌のシワや怪我が治りにくい
10 成績や学習能力の低下
11 ミスや事故を起こしやすくなる
12 腸内環境が悪化する

 

引用元 快適.Life

 

そもそも、眠い目をこすりながらの勉強ほど無駄な時間はありません。無駄に起きているくらいなら、しっかり睡眠時間を取って起きている時間をいかにうまく使って勉強するかを考えた方が効率も上がるのです。

また、30分程度の昼寝は効果的という話も有名ですよね。午後からの勉強に集中して取り組むために30分程度を昼寝に費やすのも悪い選択ではありません。

勉強時間を確保しようと睡眠時間を削るのは一見効率がいいかもしれませんが、それは逆に非効率な勉強法で、志望校合格から遠ざかっているということを理解しておきましょう。

 

眠気を覚ます方法8選

 

ここでは、勉強中どうしても眠いけど勉強しないといけないという状況になった人のために、眠気を軽減させる方法を8つ紹介していきます!

どれもかなり効果的で手軽に出来るので実践してみてください!

 

30分程度仮眠をとる

 

勉強中眠い時の対処法『仮眠をとる』

 

勉強中に眠気を感じてしまう理由としてまず第一に考えらえるのは『睡眠不足』です。なので眠くなったら対策を取るのではなくまずは素直に寝てみることが大事です。

勉強で疲れた体を休息させるには仮眠がとても有効なので行ってみてください。

注意点としては仮眠は時間をかけすぎないことです。人間の脳は1時間以上寝てしまうと起きたときに倦怠感などに襲われてしまいます。仮眠を取る際は基本30分以内にしましょう。

仮眠で寝すぎないために、下に書いてあるようなことを行って効率的に体を休めていってください。

ベッドで寝ずに、机などで寝る

寝起きにカフェインを取る

アラームをセットしておく

 

深呼吸をする

 

勉強中に眠気を感じた際の対策法『深呼吸をする』

 

眠い時はどうしてもあくびをしてしまいます。これはなぜかというと、人間の体は眠気を感じているときは酸素不足に陥っていることが多いです。

そのため、なるべく酸素を取り入れようとしてあくびをしているのです。なので、眠気を感じている際には積極的に酸素を取り入れて頭を働かせていけばいいのです。

そのためにおすすめしたいのは『深呼吸』です。1回10秒くらい使って思いっきり深呼吸をすると、思った以上に眠気も覚めていきますよ。

 

ストレッチ

 

勉強中眠い時の対処法『ストレッチ』

 

眠気を覚ましていくには、軽い運動を行うことも効果的です。軽い運動と言っても、外に走りに行ったりしていては疲れてしまって勉強出来なくなるということも起こるので、ストレッチを適宜行いましょう。

勉強中はずっと座りっぱなしで体も固くなってしまうので、ストレッチを行うことで血流をよくしていくことが大切です。

また、ストレッチだけではなく手のひらのツボ押しなども眠気覚ましにはいいと言われているのでぜひ試してみてください。

 

カフェインを取る

 

勉強中眠い時の対処法『カフェインを取る』

 

この方法は行っている人も多いでしょう。ーヒーやエナジードリンクに含まれているカフェインを摂取することで睡魔を軽減し、勉強に集中出来るようになります。

朝少し眠い時や、夜にもう少し勉強したいときなどいつ飲んでも効果が表れるのでとても便利ですよね。

しかし、カフェインを取りすぎることで不眠の原因やカフェイン中毒になってしまう可能性があります。カフェイン中毒になってしまっては勉強どころではありません。

眠気を覚ます程度ならいいのですが、1日3杯以上は飲まなないように心がけましょう。

また、カフェインを取るにはコーヒーだけではなく。抹茶や緑茶などもあるので自分に合った飲み物を探してみてもいいかもしれません。

 

冷水で洗顔

 

勉強中眠い時の対処法『冷水で洗顔』

 

朝起きた後と夜にはほとんどの人は顔を洗うことだと思います。これは、習慣として行っているのでしょうが、『眠気を覚ます』という点から見ても有効な手段なのです。

眠気を感じているときは顔の自律神経が活発に働いていない証拠なのです。ここで顔を洗うことで自律神経を刺激することが出来るため、眠気を軽くすることが出来るでしょう。

また、洗顔だけではなくて首や腕などを冷たいタオルで冷やしてみても同じ効果があるので眠い時はぜひ行ってみてください。

 

お菓子やドリンクを活用する

 

勉強中眠い時の対処法『お菓子やドリンクの活用』

 

『ミンティア』や『レッドブル』、『モンスターエナジー』など今では多くの眠気を覚ますためのお菓子やドリンクが販売されています。

これらもコーヒーと同様にカフェインを含んでいるので同じ効果を得ることができます。そのうえ、これらはコンビニなどに売っていて手軽に購入できるのもメリットです。

注意点としては、カフェインは効果が効き始めるのは摂取してから30分後なので眠くなる前に事前に摂取しておきましょう。

また、カフェインはとればとるほど免疫が出来てしまい、効き目は薄くなってしまうので高頻度で使うことは避けるようにしてください。

 

部屋の温度を調整する

 

勉強中眠い時の対処法「部屋の温度を調整する」

 

勉強に集中していくためには周りの環境もとても大事です。特に重要視してほしい部分は『温度』なのです。

夏の場合はクーラーを付けて部屋を涼しくしたほうがいいのですが、問題は冬の時です。暖房を付けていると、知らないうちに眠気が襲ってきます。

何故なら、暖房が効きすぎていると人間はそれによってリラックス効果を得ることが出来ます。それによって眠気を感じてしまうのです。こたつに入ったら眠くなるのもこれが原因です。

具体的な設定温度としては暖房をつける際はいつもの設定温度よりも3度低くすることを心がけてください。

 

勉強科目を変えてみる

 

勉強中眠い時の対処法『勉強科目を変える』

 

上でも述べましたが、自分にとって楽しくないことや単調なことを繰り返していることが勉強中に眠気を感じる原因になっているかもしれません。

人間は同じことをずっとしていると反応がだんだん鈍ってきてしまいます。これは脳の性質なのでどうしようもありません。

なので勉強をしているときでは単調になりすぎないように意識しましょう。1時間以上同じ勉強をしないことがとても大事です!

また、勉強するときの科目の性質にも気を付けましょう。同じような性質の科目を続けるよりは、全く別の性質の科目をした方が効率は上がります。

例えば古文単語の暗記を行った場合は、次は英単語の暗記ではなく数学の問題演習などの考える作業を行うといいでしょう。

これだでもかなりの効果が期待できて、眠気解消の助けになるでしょう。

 

まとめ

今回の記事をまとめると以下の通りになります。

・眠い時には寝た方がいい

・カフェインは眠気覚ましに効果があるが取りすぎに注意

・個人に合った眠気対策を選ぶことが大切[/aside]

今回紹介した眠気の対策も一時的なものでしかありません。睡眠時間や生活リズムを見直して毎日快適に勉強ができるようにしましょう!