大学受験で失敗する人の特徴とは?20個をご紹介!

大学受験で失敗する人の特徴とは?20個をご紹介! メンタルマネジメント




大学受験で合格する人と失敗する人の違いは何なのでしょうか?

 

もちろん、それには様々な要因が考えられますが、失敗する人には何かしら共通の特徴があると言えます。そこで、今回は大学受験に失敗する人の特徴を20個ご紹介していきます。

 

気づいていないだけで、あなたも「大学受験で失敗する人の特徴」に当てはまっているかもしれません。自分と照らし合わながら読んでみて下さい。

大学受験で失敗する人の特徴

勉強計画を立てない

大学受験で失敗する人の特徴「勉強計画を立てない」

 

学習計画を立てずに、やみくもに勉強していてもその頑張りの方向が間違っていれば意味がないですよね。

 

例えば、今から1ヶ月間でできるだけ遠くまで行った方が勝ちというレースがあったとします。その際に、気合が入っている人はレースが始まった瞬間にすぐに家を出発して自転車を走らせるでしょう。

 

しかし、もう1人は1ヶ月もあるんかと、自分が持っていないバイクの免許を取りに行って、バイクを購入します。

 

そうすると、確かに後者の方がスタートは遅れていますが、バイクのスロットルをひねるだけでその人は進むので、すぐに前者を追い抜くでしょう。

 

そして、1ヶ月もあれば、その差は圧倒的なものになります。「計画」とはこういうことです。

 

つまり、大学受験でも、とにかくやみくもに勉強するよりも、「志望校合格のためには何をやらなければいけないのか?」ということをしっかりと把握した上で勉強することが大事になります。

 

志望校の入試問題の出題形式も知らない、配点も知らないという状態で勉強をしているのは、先ほどのスタートと同時に自転車で家を飛び出している人と同じです。

高い目標に対して努力が見合っていない

大学受験で失敗する人の特徴「高い目標に対して努力が見合っていない」

 

「目標は高く立てろ」先生や親からもよく言われることかと思います。もちろん、目標を高く立てることは素晴らしいことです。

 

しかし、その目標に対して、自分の努力は見合っているでしょうか?

 

例えば、偏差値65の大学を第一志望としている、現在偏差値45の人がいたとします。その人が、休日で学校が無い日の勉強時間が2,3時間だったらどう思いますか?

 

もちろん、勉強時間が全てではありません。しかし、常識的に考えて、その場合は目標に対して努力が見合っていないと思いますよね。

 

これは少し極端な例ですが、そのように高い目標を掲げているものの、自分の努力が見合っていないという人は案外多くいます。

 

勉強していく中で、定期的に今の自分の力と目標としているところの差を確認するようにしましょう。

志望校をどんどん下げていく

大学受験で失敗する人の特徴「志望校をどんどん下げていく」

 

先ほど、勉強していく中で、定期的に今の自分の力と目標としているところの差を確認するようにと書きましたが、そうするとどうしても志望校との間にギャップを感じてしまうことがあるかと思います。

 

そういう時に、志望校をどんどん下げていってしまう人がいますが、それはいけません。

 

確かに、志望校を下げると、今の自分との差が小さくなって精神的にも楽になり、余裕も出来ます。

 

しかし、そうすると何よりモチベーションが低下してしまいます。「こんなもんで良いか」と思ってしまい、どんどん自分の中の基準が下がっていってしまうんです。

 

そうして最終的には、その下げた志望校すらも行けなくなっていて、さらに志望校を下げざるを得なくなってしまいます。

 

志望校を下げることは一概に悪い事とは言えませんが、何度も下げるものではありませんし、下げるにしても具体的に受験する大学を決める直前までは粘りましょう。

基礎が曖昧

大学受験で失敗する人の特徴「基礎が曖昧」

 

入試が近づいてくるにつれて、焦りから「早く入試問題を解けるようになりたい!」と発展問題に取り組みたくなる気持ち、よく分かります。

 

しかし、いくら発展問題を解こうとしたところで、基礎が曖昧だったら解ける訳がありません。何しろ発展問題は、どんな問題であれ基礎的な知識を前提として作られています。

 

なので、試験が近づくにつれ焦る気持ちはあるかと思いますが、そこはグッと堪えて基礎を確実にこなしていきましょう。

 

焦らないでしっかりとやるべき事をこなしていけば、入試問題のような発展問題も解けるようになっていきます。

最後の追い込みが出来ない

大学受験で失敗する人の特徴「最後の追い込みが出来ない」

 

入試前の最後の1ヶ月、追い込みの時期ですよね。

 

ただ、その時期には、体力的にもメンタル的にもかなりきつくなってくる時期かと思います。しかし、その直前期に「最後の追い込み」をかけれるかどうかで入試の結果は大きく変わってきます。

 

というのも、その時期は知識を入れていくインプットの時期ではなく、徹底的に過去問などを解いていく「アウトプット」の時期です。

 

つまり、このアウトプットをどれだけ出来るかどうかが、本番に自分が持っている知識を発揮できるかどうかに関わってきます。

 

この時期に十分なアウトプットが出来ていないと、知識は多く知っているのに、「具体的にそれをどのように使うのか」が分からずに、自分の持っている知識を十分に発揮できなくなってしまいます。

 

それでは、まるで”宝の持ち腐れ”ですよね。

 

そうならないためにも、直前の1ヶ月などはしっかりと追い込むようにしましょう。

勉強法を何度も変更する

大学受験で失敗する人の特徴「勉強法を何度も変更する」

 

勉強していても中々結果に出ていない時、「自分の勉強法が間違っているのではないか?」と不安になりますよね。

 

しかし、その度に勉強法をコロコロと変更していると、結局全てが中途半端なままで終わってしまう可能性が高いです。

 

もちろん、受験勉強を始めたての頃に、自分に合っている勉強を見つけるために様々な勉強法を試すのは良いかと思います。

 

しかし、1度決めてしまった勉強法はそんなに簡単に変えないようにしましょう。

 

勉強法を変えてしまうと、せっかく表われようとしていた成果が表われるのがさらに後になってしまい、損です。

 

大事なのは、成果が出ないからやり方を変えるのではなく、成果が出るまでしっかりと継続することです。

 

ただ、もちろん無茶苦茶な勉強法でしていても意味がないので、どうしても不安な場合は先生などに相談してみましょう。

問題をやりっぱなしにしている

大学受験で失敗する人の特徴「問題をやりっぱなしにしている」

 

問題集などを解いていて、解けた問題は良いですが、解けなかった問題や間違えた問題、そのままにしていませんか?

 

復習するのは面倒くさいし、なんだかたくさんの問題を解いている方が勉強しているという気にもなりますよね。

 

しかし、出来なかった問題をそのままにしていたら、いくら問題数をこなしたところで学力は中々伸びていきません

 

勉強で特に大事なのは、出来なかった問題を出来るようにすることです。

 

また、出来なかった問題は、1度解説を見てそれで”解けたような気になっている”人もとても多いです。

 

たとえその時は分かったとしても、実際に入試の際に分からなかった意味がありません。なので、解けなかった問題は、少し期間を開けて、2度3度と解いてみることも大事です。

複数の参考書を使っている

大学受験で失敗する人の特徴「複数の参考書を使っている」

 

入試が近づくにつれて、「この参考書で良いんかな?」と不安に思ってくることはよくあります。

 

また、周りの友達などが使っている参考書などはなんだかとてもよく見えて、欲しくなりませんか?しかし、そうして複数の参考書を試していても、結局どれも中途半端に終わってしまうことが多いです。

 

これは、先ほどの、様々な勉強法を試す場合と同じですね。

 

なので、とにかく自分が今使っている参考書を信じるようにしましょう。参考書は、どれも受験のプロが作っているので、そこまで大差はありません。

 

様々な参考書を試したり、悩んだりするよりも、今自分の目の前にある参考書をしっかりと完璧にすることを目指すようにしましょう。

模試などの結果に一喜一憂する

大学受験で失敗する人の特徴「模試などの結果に一喜一憂する」

 

先生などに、「悪くても気にするな」と言われていても、やっぱり模試の結果は気にしてしまいますよね。

 

もちろん、模試の結果が良かったら喜んだり、悪かったらショックを受けてしまうことはそこまでダメなことではありません。

 

しかし、模試の結果を鵜呑みにしてしまい、そこから余裕をこいてしまったり、モチベーションが下がったりしてしまうことはいけません。

 

実際に大学に合格するのは、入試で良い点数を取った人であり、模試で良い点数を取った人ではありません。

 

なので、模試の判定を鵜呑みにしすぎて、そこから自分の行動を変えるようなことはやめましょう。

体調管理を出来ていない

大学受験で失敗する人の特徴「体調管理を出来ていない」

 

これは特に、実際に入試が始まる秋から冬にかけてですが、そのような季節の変わり目は体調を崩しやすいですよね。

 

また、その時期は大事な模試があったり、併願の私学の入試があったりと体力的にも精神的にも疲労がたまっていることが多いです。

 

実際に本番の入試の近くで体調を崩してしまっては、もうそれだけで100%の力を発揮することは出来なくなってしまいます。

 

おそらく今この記事を読んでいるあなたも、他人事のように考えるかと思いますが、実際になってしまってからでは遅いです。しっかりと自分事だと捉えて、体調管理をするようにしましょう。

 

また、入試シーズンにはインフルエンザが流行します。その詳しい対策などはこちらの記事に書いているので、是非ご覧下さい。

大学受験とインフルエンザとの正しい付き合い方

危機感が無く、逃げの道を用意している

大学受験で失敗する人の特徴「危機感が無く、逃げの道を用意している」

 

入試への危機感が全くなく、「もし今年無理でも、浪人したら来年もあるし」と自分の中で逃げの道を用意している人はダメです。

 

もちろん浪人がダメなのではなく、しっかりと全力を出し切った上での浪人は良い事だと思います。

 

しかし、先ほどのように最初から自分の中で逃げ道を作っていると、現役時代にも中々追い込むことが出来ずに、そのまま浪人したところで思うような結果は得られないでしょう。

 

なので、「あと1年ある」「もし今年無理だったら、来年でも良いや」というように考えるよりも、「今年で絶対に合格するんだ!」という風に考え、最後までしっかりと食らいついていくようにしましょう。

苦手科目から目を背けている

大学受験で失敗する人の特徴「苦手科目から目を背けている」

 

苦手科目の勉強は中々気が進まないですよね。出来たら得意科目ばかりしていたいという気持ち、よく分かります。

 

しかし、そうやっていつまでも苦手科目から逃げていたら、合格は掴めません。

 

「先延ばしにしていたらいつの間にか時間が経りなくなった」なんてことになってしまうことも珍しくありません。

 

そうならない為にも、強制的にも毎日苦手科目に取り組む時間を設けることが大事です。

 

入試で強いのは、「ある1つの教科が秀でている」という人ではなく「すべての教科が満遍なく良い」という人だということを覚えておきましょう。

プライドが高い

大学受験で失敗する人の特徴「プライドが高い」

 

あなたは、「何か質問があった時に素直に手を挙げて聞けますか?」あるいは、「友達で賢い人がいたら、ひねくれずにどんな勉強をしているのか、何をしているのかを聞けますか?」

 

受験に失敗しやすい人の特徴として、素直にこのような行動をとることが出来ない、「プライドが高い」というのがあります。

 

そういう人は、「質問したら周りから何か思われるのではないか」「友達に勉強法などを聞くのは、自分がその人より劣っているというのを認めることになるから嫌だ」という風に考えています。

 

しかし、あなたが質問などをしたところで、別に誰もなんとも思いません。

 

なので、受験勉強においては、そういうプライドはさっさと捨ててしまいましょう。さもないと、逆に損をしてしまいます。

 

自分が知りたいと思ったことに対しては、その感情に従って行動する。その方が、より学びが多いのは明らかなので、得ですよね。

過去問を十分に解かない

大学受験で失敗する人の特徴「過去問を十分に解かない」

 

これは、先ほどの学習計画についてと被る部分でもありますが、過去問を解かなかったら、その大学の出題傾向はもちろん、出題形式、時間配分の訓練もすることが出来ません。

 

もちろん、入試で同じ問題が出るということはありませんが、同じ雰囲気の問題は出ます。

 

また、大学によって、「偏差値の割に結構難しい問題が出る」、「基本的な問題が多いのであまり難問には手を出す必要がない」「変わった問題が出るのでそれに慣れておかないと本番で戸惑う」というような特徴があります。

 

そういう特徴を把握していないで勉強しているのは、あまりにも無謀だと感じませんか?試験までに何をすれば良いのか逆算することが出来ませんしね。

 

そういう意味でも、過去問に関しては、十分に演習することが大事です。

周りのせいにする

大学受験で失敗する人の特徴「周りのせいにする」

 

上手くいかない時に、それを周りのせいにしてしまうのは楽ですよね。

 

例えば、「家庭環境が、、」「先生が、、」という風に、勉強が出来ないような言い訳というにはいくらでもすることは出来るかと思います。

 

しかし、そうやって周りのせいにしても意味がなくないですか?

 

あくまでも実際に入試に挑むのはあなた自身です。なので、周りのせいにするよりは、仮に周りに問題があったとしても、「その置かれた環境の中でどうやったら自分の工夫でそれを回避できるのか」というのを考えるようにしましょう。

生活習慣が乱れている

大学受験で失敗する人の特徴「生活習慣が乱れている」

 

生活習慣、特に就寝と起床の時間が乱れていくと、何となくボーっとしたり、だるさを感じたりと、いつもとの違和感を覚えることはありますよね。

 

そうしてどんどん生活習慣が崩れていくと、ボーっとして勉強できないのはもちろんのこと、そこからフラストレーションも溜まっていきます。また、食欲が低下したりと、どんどんエネルギーも無くなっていってしまいます。

 

そういう状況で受験勉強を進めていくというのは困難で、成果は中々出ないでしょう。

 

そうならないためにも、生活習慣は乱れないように注意しましょう。受験生にとって、生活習慣のコントロールは勉強する以前に大事なことです。

 

受験生にとって、理想の睡眠時間などを知りたいという人は、こちらの記事をご覧ください。

大学受験における理想の睡眠時間を一挙公開

ネットなどの信憑性のない情報を信じる

大学受験で失敗する人の特徴「ネットなどの信憑性のない情報を信じる」

 

インターネットが普及している今、インターネットを通して情報を集めるという人は多いです。

 

もちろんそれは良い事なのですが、それらの情報を鵜呑みにするのは無しです。大学受験は自分の人生を少なからず左右する重要なイベントです。

 

なのに、なぜそんな時に顔も見たこともなく名前も知らないような人のアドバイスを信用できるのでしょうか?

 

もちろん、中には長年受験生を見てきた、受験のプロと呼ばれるような人もいます。ただ、ネット上に転がっている情報の多くは、誰が書いたかが分からないようになっていて、中にはセンター試験すら受けたことのないような人もいるでしょう。

 

実際に経験したことのない人のアドバイスほど参考にならないものはないです。

 

なので、「ネットでこう書いていたから!」という風に、全てネットの情報を鵜呑みにするのはやめましょう。

勉強時間だけを気にしている

大学受験で失敗する人の特徴「勉強時間だけを気にしている」

 

多くの参考書に書かれていることですが、勉強の時間というのはそこまで重視すべきではありません。

 

大事なのは、やった”量”です。2時間かけてやるよりも、同じ量を30分でやった人の方がよっぽど効率の良い勉強であると言えます。

 

そうすると、余った1時間30分でまた新たな勉強を出来ますよね。

 

なので、自分の満足感を高めるために「今日は○○時間勉強した!」というのをよく言っている人は多いですが、あくまでも「どれだけの量をこなしたのか」というのを重視するようにしましょう。

 

ただ、目安として受験生の勉強時間を知りたいという人はこちらの記事をご覧ください。

https://daigakuzyuken-pro.com/2018/01/14/zyukensei-benkyouzikan/

同じ受験生を敵だと認識する

大学受験で失敗する人の特徴「同じ受験生を敵だと認識する」

 

受験勉強をしていくに従って、疑心暗鬼からクラスメイトなどをライバルとして認識してしまう人がいます。

 

確かに自分と同程度の学力の人と競い合いながら勉強するのは良いことです。

 

しかし、本当にライバルとして考えるべきなのは、実際に同じ志望校を目指している全国の受験生です。

 

クラスメイトなどとは共に応援しあいながら勉強していくべきです。さもないと、周りみんなをライバルとして認識してしまい、どんどん孤独な気持ちになっていきます。

 

何気ない会話で笑い合えるようなクラスメイトなども受験には大事なので、そのような周りの人たちを敵だと認識しないようにしましょう。

全て1人で抱え込もうとする

大学受験で失敗する人の特徴「全て1人で抱え込もうとする」

 

受験生が抱えるような悩みは案外同じであることが多いです。

 

なので、同じ受験生である友達だったり先輩、また毎年受験生を見てきている先生などに相談してみると、良い答えが返ってくるかもしれません。

 

また、勉強以外での悩みは、親に相談してみるのも良いですね。

 

そうやって、悩みなどを他人に話してみるだけでも案外スッキリします。逆に、1人で全部抱え込んでしまうと、ストレスが溜まっていってしまいます。

 

勉強は1人ですることかもしれませんが、悩みなどは積極的に信頼できる人に相談するようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?

 

大学受験で失敗する人の主な特徴が分かってもらえたかと思います。この中で1つでも当てはまっているなと感じた人は、この段階で気づけただけチャンスです。

 

今回紹介してきた中で、自分が当てはまっているなと感じたものは、すぐに改善して合格に向かって進んでいきましょう。