受験生の夏休みの勉強計画・スケジュールの立て方を解説!

受験生の夏休みにおける勉強計画・スケジュールの立て方について コラム




「夏休みは受験の天王山」という言葉は聞いたことがある人も多いと思います。実際、夏休みをどう過ごすかはとても重要で合否に直結してきます。

そんな夏休みにしっかりと実力をつけ、成績を上げるためにも夏休みの勉強計画を立ててみましょう。

毎日ただただ過ごしているよりも、計画を立てることで毎日のすべきことをはっきりさせて勉強したほうが集中して取り組むことができます。

この記事では勉強計画の立て方から勉強計画の例まで紹介しているのでぜひこの記事を参考にして充実した夏休みを送ってください!

 

夏休みで実力をつけるためにも勉強の計画を立てよう

 

夏休みを買う課的に使うためにも受験生は勉強の計画、スケジュールを立てよう

 

受験生にとっては夏休みを充実したものにできるかできないかで合格率はかなり変わってきます。夏休みという約40日はとても大事なものになってくるのです。

夏休みは学校の授業もなく、部活も体育会系は引退しているところが多いので1日中時間を自由に使うことができます。

なので自分の苦手分野を徹底的につぶしていったり実力を伸ばしていくには夏休みを効果的に使っていく必要があるのです。

ポイント
そのためにも夏休みには「毎日の勉強計画を立てる」ということを行ってほしいと思います。

毎日のやるべきことを明確化することによって「今日は何をしよう」と悩んでいることもなくなりますし、モチベーションの維持にもつながります。

いままで勉強計画を立ててきた人はもちろん、立てていなかった人もこの機会に夏休みの勉強計画を立ててしまいましょう

 

夏休みの勉強計画・スケジュールの立て方

 

ここでは具体的な夏休みの計画の立て方について手順を追って1から説明していきます。いままでスケジュールを立てていかなかった人はぜひこれを参考にして立ててみてください!

 

手順① まずは目標を決めよう

 

受験生における夏休みの計画、スケジュール作成手順①『まずは目標を決めよう』

 

夏休みの勉強計画を立てる前に行ってほしいことは「夏休み後の目標を立てる」ということです。この部分は決して省略してはいけないので必ず決めてください。

目標が決まっていないと何をすればいいかがいまいち明確にならず、結局勉強計画も曖昧なものになってしまいます。それでは成績も上がる可能性は低いでしょう。

「夏休み後のテストで○○点とる」や「9月の模試で○○番以内に入る」のような目標を自分の中で決めてください。

 

手順② やるべきことを明確化しよう

 

受験生における夏休みの計画、スケジュール作成手順②『やるべきことを明確化しよう』

 

目標が決まったら次はその目標を達成するためには何を行わなければならないのかを決めていきましょう。自分には何が足りないのかを確認してください。

「英語の単語力が足りない」、「数学の実力がつけられていない」など、いろいろ足りていない部分があると思います。

では、その部分を埋めて目標を達成するためには何をすればいいのかを紙に書き出してください。この『紙に書き出す』ことはかなり重要です。

紙に書き出すことで考えを整理することができ、やるべきことを正確に決めていくことができます。

 

手順③ 何日かけて行うか決めよう

 

受験生における夏休みの計画、スケジュール作成手順③『何日かけて行うか決めよう』

 

やるべきことが決まったら何日かけてそれを行うかを決めていってくださいこの問題集を終わらせる」などのやるべきことは手順②で決めたはずです。

例えば、問題集を終わらせることがやるべきことでそれが50ページあったとすると、10日かけて行うと決めたら1日5ページ進めればいいことになります。

このようにやらなけれなならないことを細かくすることで1日にやらなければならないことが決まっていきます。

 

手順④ 計画を埋めていこう

 

受験生における夏休みの計画、スケジュール作成手順④『計画を埋めていこう』

 

1日のやるべきことが決まったら最後はそれをカレンダーに埋めていきましょう。これで夏休みの勉強計画は完成します。

ここで注意してほしいことは「日曜日は勉強計画を入れない」ということです。今までの経験から分かる人もいるかもしれませんが計画通りにうまくいく可能性はかなり低いです。

その原因としては1日やるべきことを入れすぎて途中であきらめてしまうからなのです。計画を立てた直後はモチベーションも高く厳しい勉強計画を立てがちです。

しかし、その計画も実行できなければ全く意味がないので日曜日は休憩日にして勉強を継続できるようにしましょう。

 

手順⑤ 修正を入れやすい計画か確認しよう

 

受験生における夏休みの計画、スケジュール作成手順⑤『修正を入れやすい計画か確認しよう』

 

計画を立てた後、最後に行ってほしいことは「計画が修正を入れやすいものかどうか確認する」ことです。

計画は立てた際は「絶対に勉強計画通りに進めるぞ!」と意気込んでいる人が多いのですが、実際はまず勉強計画通りにいかないでしょう。これは仕方のないことです。

なので、計画通りに進めるやる気も大事ですが、計画通りにいかなかったときに修正を加えやすいような計画にしておくこともかなり重要なことです。

「計画通りにいなかったときの対策をあらかじめ考えておく」「自分の立てた計画の8割の量で計画を立て直す」などが効果的です。

 

夏休みの勉強計画例

 

ここでは大学受験プロが独自に調査した、夏休みを効果的に使って成績を上げた4人を紹介します!

取り入れられるところは取り入れて夏休みをより良いものにしていきましょう。

 

A.Tさん(大阪大学)

 

A.Tさん 大阪大学
僕は夏休みの前の時点でかなり成績も悪かったので夏休みでは毎日10時間は勉強するように心がけました。これが合格の要因だと今は思います。

体育会系の部活に所属していたので早起きすることには慣れていました。朝8時には起きて毎日学校に通っていたのを覚えています。

計画は立てていたのですが1週間で自分には厳しいスケジュールだと気づきました。なのでかなり軽めの計画を立てることが大事だと思います。

 

S.Rさん(京都大学)

 

S.Rさん 京都大学
私は理系だったので高校3年生の夏休みの間に理科の全範囲の復習を行いました。これは夏休みにしかできないことだったので前々から決めていました。

今まで習ったところでも抜けている部分が思った以上に合ったので毎日毎日理科ばかりしていていました。そのおかげでかなり実力はつけることができました。

夏休みはせっかくの長期休暇なので早めに学校の課題を終わらせてしまって普段の週末ではできないことをすると成績も上がりやすいと思います。

 

T.Nさん(神戸大学)

 

T.Nさん 神戸大学
僕は毎年のように夏休みになると計画を立てて過ごしていたので受験生の年もスケジュールを細かく設定してそれに従って毎日勉強していました。

夏休みに入る前に学校の定期テストや模試から自分の苦手分野を見つけ出して、それの克服をすると僕個人的には点数が上がりやすいと感じます。

計画は毎日何をするかだけではなく、何時から何をするかまでとにかく細かく立てておくと何をすればいいか悩むこともなくなるのでぜひ行ってみてください。

 

U.Kさん(関西大学)

 

U.Kさん 関西大学
私は基礎学力自体が足りなくて問題演習をしても時間の無駄だったので夏休みはまず基本的な知識を身に着けていくことから始めていきました。

夏休み中には毎日『英単語10個暗記』『古文単語10個暗記』『社会の用語を10個暗記』の3つは欠かさずにやっていました。

今思い返してみるとこれをすることで基礎学力もつきましたし、勉強を始める際の準備運動的なものにもなるのでよかったと思います。

 

まとめ

今回の記事をまとめると、下の3つです。

夏休みは効率的に成績を上げるためにも計画を立てる

計画を立てるにはまず目標を決めることが大切

計画は達成しやすいように余裕を持たせる

夏休みは遊びたい気持ちもわかりますが、勉強をしっかりと行っていけば夏休み後にはライバルにかなりの実力差をつけるチャンスの期間です。

なので今回紹介した計画の立て方を参考にして自分なりのスケジュールを作成し、成績を効率的に上げていってもらえればと思います。