受験うつの対策と克服法

受験うつを克服するにはどうしたら良いの?その方法や対策をご紹介! コラム




多くの受験生が陥ってしまう受験うつ。

 

陥った状態で何の変化も起こさないと、どんどん症状は悪化していってしまいます。その為、出来るだけ早く何かしらの対処をする必要があります。

 

実は、受験うつを克服するには様々な方法があります。今回は、そんな受験うつの克服法などについて紹介していきます。是非、参考にしていって下さい。

受験うつとは?

受験うつとは、受験生が陥るうつのことです。

受験生は、『受からなかったどうしよう』『本当に成績が上がるのか』というような不安を常に抱えています。

受験うつはそのような強いストレスを継続して受けることで、脳内の機能が正常に働かなくなることによりもたらされると考えられています。

 

受験うつの主な症状

・虚脱感や無気力

・睡眠障害

・食欲不振や過食

・記憶力や集中力の低下

・疲労感があり、エネルギーがなくなる

・何にも興味がわかない

・イライラしたり怒りがある  等々

受験うつを克服する上での心得

受験うつを克服していくには「正しい考え方」を持っていることが非常に大切です。これから3つ紹介していくので確認していきましょう。

自分がうつであることを自覚する

受験うつを克服する上での心得『自分がうつであることを自覚する』

 

まず、これは具体的に治療をしていく前提としてですが、自分でうつ病に陥っているということを、自分自身で自覚する必要があります。

 

うつになってしまっている人の多くは、それを自覚していないことが多いです。というのも、日々の頭痛や憂鬱な事が慢性化してしまって、それを当たり前だと思ってしまっているからです。

 

また、うつ病は風邪のように「いつごろから急に具合が悪くなってきた」というようなことも分かりにくいです。

 

そうして、自分が自覚していないままだと、何も改善しようとせずに「もっと頑張らないと!」とどんどん思い詰めていってしまいます。

 

その結果、うつ病を放置してしまって、どんどんその症状が重くなっていってしまいます。

 

そのようなことにならない為にも、自分がうつに陥っていることを自覚する必要があるんですね。

周りの意見をしっかりと聞く

受験うつを克服する上での心得『周りの意見をしっかりと聞く』

 

先ほど、自分がうつであるということを自覚するのが大事だということを書きましたが、どうやったら自覚出来るのか疑問に思った方も多いのではないかと思います。

 

うつ病を自覚する上で大事になってくるのが、自分の周りにいる人たちの意見をしっかりと聞くということです。

 

たとえ自分が自覚していなくても、周りの人は「以前と比べて様子が違う」「なんとなく変だ」というようなことを感じています。

 

うつに陥っていると、好きな食べ物に対しても食欲が湧かないので、特に家族からすると、かなり分かりやすいかと思います。

 

そのような周りの人たちから、なんとなく様子がおかしいということを言われたら、しっかりとそれを流さずに受け止めるようにしましょう。

薬だけではなく、自分で治す努力を惜しまない

受験うつを克服する上での心得『薬だけではなく、自分で治す努力を惜しまない』

 

受験うつを克服する上では、『薬だけで治していく!』というような意識は間違っているということを知っておきましょう。

 

というのも、薬を使うということは『無理やり体内の物質の状態をコントロールしている』という状態なんです。受験うつの対策の薬では、セロトニンと呼ばれる幸福度を上げるような物質ややる気にさせる物質などが含まれています。

 

これによって、その薬の効果を得ることが出来るのはもちろん良い事なんですが、無理やり薬でコントロールしているので、その分身体にとって悪い効果が後々起こることになります。

 

そのため、身体にはあまりよくありません。

 

また、先ほどのセロトニンなどは元々自分の体で日常的に作り出している物質です。そのため、増やそうとすると薬を使わないでも、自分で増やすことが可能なんですね。

 

なので、薬を使って『セロトニンを無理やり増やす』のではなくて、『自分の体をセロトニンを作りやすい状態にして増やす』という方が体に負担がかかりません。

 

薬だけに頼らないで、自分で克服するんだという努力を惜しまないようにしましょう。

受験うつの克服法

では受験うつをどのように克服していけばいいのでしょうか?

克服法を8つ紹介していくので順にみていきましょう。

生活リズムを改善する

受験うつの克服法『生活リズムを改善する』

 

受験うつの人は、ついついその生活リズムが崩れていってしまいがちです。

例えば、中々寝つくことが出来なかったり、夜中に目覚めてしまい、そのまま朝まで寝つくことが出来なかったりというようにどんどんリズムが崩れていってしまいます。

 

そうなると、気分が優れなくなるので、余計にふさぎ込んでしまいます。そうならない為にも、生活リズムはしっかりと固定するようにしましょう。

 

中でも、次の4つの時間はできるだけ毎日そろえるようにしましょう。

・寝る時間

・起きる時間

・食事の時間

・お風呂の時間

 

また、朝の8時前の日差しを浴びることは、先ほども紹介した、セロトニンを多く分泌するのに重要だと言われています。

 

なので、早寝早起きを意識して、生活リズムをなるべく一定に保つようにしましょう。

とにかく休養する

受験うつの克服法『とにかく休養する』

 

受験うつに陥っている状態は、言い換えると「フル回転で毎日を送っていて、脳がパンク寸前の状態になっている」という状態です。

 

そのため、のんびりとリラックスして休養することが大事です。そうすることで、フル回転で動いている自分にストップをかけることが出来ます。

 

また、薬を処方している場合でも、休養をしっかりととることでその効果をしっかりと得れるように出来ます。

 

受験うつは、体からの『生き方を見直しましょう』という無言のメッセージであるとも言えます。しっかりと休養を取るようにしましょう。

悪いニュースを出来るだけ遠ざける

受験うつの克服法『悪いニュースを出来るだけ遠ざける』

 

テレビを付けていると、様々な悪いニュースが流れています。例えば、殺人事件や戦争、不正問題や災害情報などです。

 

そのような悪いニュースは、神経を緊張させて、受験うつの人にはあまりよくありません。

 

受験うつに陥っている時は、出来るだけ悪いニュースを遠ざけるようにしましょう。

食生活に気をつける

受験うつの克服法『食生活に気をつける』

 

これは当たり前のことですが、人の体は食べ物にとって作られています。そのため、脳のバランスを整えるような物質が多く含まれている食べ物を食べることは大事です。

 

中でも、先ほども紹介したセロトニンが多く含まれている食べ物がおすすめです。

 

セロトニンが多く含まれている食べ物
・チーズや牛乳などの乳製品

・味噌や醤油などの大豆製品

・カツオやマグロなどの魚類

・アーモンドなどのナッツ類

・鉄分が多く含まれているレバー等

・ビタミンが多く含まれているバナナ等

これらの食べ物を積極的に摂るようにしましょう。

 

受験うつの時に、取らない方が良い食べ物

・ハンバーガーなどのファーストフード

・カップ麺などのインスタント食品

・スナック菓子

・アイスクリーム

また、これらの胃に負担がかかるような食べ物は、逆にバランスを崩してしまうので、出来るだけ摂らないようにしましょう。

サプリメントを利用する

受験うつの克服法『サプリメントを利用する』

 

先ほど受験うつの時には、食生活を改善しようということを書きましたが、うつでストレスが溜まっていると食欲が中々出ないということもあります。

そういう時に、無理に食べてしまうと、さらに体の調子を崩してしまいます。

 

食欲がそんなに出ないという場合には、しっかりと栄養を補給する為に、サプリメントを利用するようにしましょう。

 

ただ、その量は必要最低限にしておくことが大事です。

というのも、先ほども紹介したようなセロトニンでも、過剰に摂取してしまうと、身体に蓄積されていって、健康に害を及ぼしてしまいます。

 

『しっかりと栄養を補給しないと!』と思い、ついつい摂取しすぎないように注意しましょう。

リラックスする

受験うつの克服法『リラックスする』

 

これは受験うつに陥っている人が最も苦手とすることかもしれません。というのも、『何もしない状態でのんびりとする』ことに対して、罪悪感を持ってしまうことが多いからです。

 

だからこそ、意図的にゆっくりと何もしないで気持ちを落ち着ける時間を作るようにしましょう。案外気持ちがスッキリとするかもしれません。

 

その方法は人それぞれかと思います。下に主なリラックスの方法を載せておきます。

✔好きな音楽を聴く

✔お風呂にゆっくりと浸かる

✔日光浴をする

 

自分なりにゆっくりと心の底からリラックスできるものを見つけて、するようにしましょう。

インターネットの使用は注意する

受験うつの克服法『インターネットの使用は注意する』

 

この時代、暇な時にスマホなどをいじらないという人の方が珍しいです。

 

もちろん適度に利用するのは大丈夫なのですが、受験うつの人はその使い方に注意するようにしましょう。

 

ネット上には、先ほども紹介したような悪いニュースをはじめとして、誹謗中傷や悪意に満ち溢れているようなサイトは溢れています。

 

先ほども書いた通り、そのようなものを見てしまうと、さらに気持ちが沈んでしまう恐れがあります。

 

また、寝る時間の2時間以内に見るのもやめておいた方が良いです。というのも、スマホやパソコンなどの画面から出ているブルーライトは、とても強くて覚醒作用があると言われています。

 

寝る間際までそれらを触っていると、睡眠の質が低下してしまいます。

 

大事なのは、“適度に”利用することです。中には、受験うつの人を励ましてくれるサイトや様々な良い情報が載っているものもあリます。そういうものは見ると、元気を貰えることもあるのでおすすめです。

運動を習慣化する

受験うつの克服法『運動を習慣化する』

 

受験うつに陥った場合でも、運動はした方が良いです。そもそも、ずっと寝たままだと体力が低下してしまいます。

 

特にリズム運動は、セロトニンを分泌させることが出来るので効果的だと言われています。

 

リズム運動とは、ある一定の動きを何度も繰り返すことです。階段を上り下りことなどもこれに当てはまります。

リズム運動は、とてもエネルギッシュな運動です。そして、このエネルギッシュな運動は、受験うつに陥っている人のマイナスの要素を取り除いてくれると言われています。

 

その根拠は簡単で、人の精神と身体には深い関係があって、精神は身体に影響を与えるからです。例えば、あなたも悲しい時には泣いたり、嬉しい時には笑ったりすると思います。

 

それと同じで、リズムを取りながら運動を行うと、楽しいという感情を引き起こすのに役立つと言われてるんです。

 

おすすめのリズム運動

・スキップ

スキップは見るからに楽しい運動ですよね。スキップをするのは意識的にリズムを取る必要があるので、セロトニンが大量に分泌されます。

 

・ウォーキング

ウォーキングは、一定のリズムで歩くだけというその手軽さが魅力です。よりセロトニンが大量に分泌されるように朝日を浴びながらするのがおすすめです。

受験うつ克服に役立つ本

受験うつの克服に役立つ本も出版されているので、一度本屋に行って手に取ってみるといいでしょう。

中でもおすすめな本を紹介します。

誰も知らない受験必勝術! 受験に勝利した親子が実践したストレス克服法

受験うつ克服に役立つ本『誰も知らない受験必勝術! 受験に勝利した親子が実践したストレス克服法』

 

この本は、『受験の神様』とも呼ばれている和田秀樹さんが出している本です。

 

受験生が受験うつに陥る主な原因やその対策法や予防法まで、詳しく書かれています。また、心理学を利用したTMS治療と呼ばれる治療法は高い評価を得ています。

 

実際に受験うつに陥りながらも、第一志望を諦めなかった親子の実例集も付いていて、おすすめの1冊です。

まとめ

いかがでしたか?

 

今回は、受験うつを克服する上での心得やその方法、また受験うつ克服に役立つ本について紹介してきました。

 

受験うつの克服法

・生活リズムを改善する

・とにかく休養する

・悪いニュースを出来るだけ遠ざける

・食生活に気をつける

・サプリメントを利用する

・リラックスする

・インターネットの使用は注意する

・運動を習慣化する

 

受験うつの克服法をまとめると、こんな感じです。今回紹介してきた方法は、受験うつの予防対策にもなり得るので、是非試してみて下さい。