復習の適切なタイミングや効果的なやり方とは!?

復習の適切なタイミングや効果的なやり方とは!? コラム




受験勉強において、非常に大事な『復習』。

 

しかし、どのように復習するかなどは適当に行っている人が多いのではないでしょうか?今回は、そんな復習のおすすめのタイミングや効果的な復習のやり方について紹介していきます。

 

是非、参考にしていって下さい。

復習をするにはタイミングが大事

復習をするにはタイミングが大事

エビングハウスの忘却曲線

そもそも、人はどのくらいで暗記したことなどを忘れてしまうのでしょうか?実は、このようなことについて研究した結果があります。

 

それが『エビングハウスの忘却曲線』です。

 

これは、ドイツの心理学者であるヘルマン・エビングハウスが行った、人の記憶が時間の経過によってどれだけ忘却されていくかを数値化する実験のことです。

 

それによって得られた結果が次の通りです。

 

復習のタイミングを知るのに役立つ『エビングハウスの忘却曲線』

wikipediaより引用

 

このグラフは、横軸に経過時間、縦軸に記憶している割合を示しています。これによると、人は何かを記憶した時に、

 

20分後には42

1時間後には56%

1日後には74%

1週間後には77%

1カ月後には79%

忘れるとされています。

覚えた直後が最も忘れやすい

先ほどのエビングハウスの忘却曲線の結果を見ても分かる通り、人は何かを記憶した時に、それを覚えた直後が最も忘れやすくなっています。

 

例えば、英単語を30個覚えたとします。先ほどの忘却曲線からすると、すると、20分後にはその内の約12個を忘れてしまっているんですね。

 

ただ、仮にその30個を1日後にも覚えていたとすると、その1ヶ月後にはその日から1つしか単語を忘れないんです。

 

この例からも、覚えた直後がどれだけ忘れやすいかが分かりますよね。

 

『昨日覚えたところちょっと復習してみよう!』と見てみたところ、『びっくりするほど覚えていなかった、、』というような経験はあるかと思います。

 

つまり、覚えた直後に復習を繰り返すことで、なんとなく記憶に定着しそうですね。

復習ではとにかくタイミングが大事

ここまでで、人の記憶の性質などについて紹介してきました。

 

では、『人の記憶にそのような性質があるのなら、その性質に従って、記憶に定着しやすいようなタイミングで復習をすれば良いのではないのでしょうか?』

 

というのも、先ほども書いたように、人は覚えた直後に最も忘れやすいのに、暗記した内容を2日後や3日後などに復習しているには非効率的ですよね。

 

それでは、いつまで経ってもその内容を記憶に定着させることが出来ませんし、何より時間がもったいないです。

 

なので、復習をするにはその方法はもちろんのことですが、何よりタイミングが重要なんです。

おすすめの復習のタイミング

覚えた直後に軽く思い返してみる

おすすめの復習のタイミング『覚えた直後に軽く思い返してみる』

 

一般的に、記憶したことをその直後にしっかりと復習してもあまり効果はないと言われています。

 

例えば、英単語を覚えてから、その10分後にまた復習するなどというのはおすすめできません。その為、ある程度復習をするには時間を置く必要があります。

 

例えば、塾の授業が1時間あったとします。そこで勉強した内容をしっかりと記憶に定着させるためには、その直後に軽くで良いので頭の中でその内容を思い返してみます。

 

これだけのことで、記憶への定着率は大きく変わってきます。なので、授業後の休み時間などに軽く思い返してみるだけで良いんです。

1時間後にしっかりと復習する

おすすめの復習のタイミング『1時間後にしっかりと復習する』

 

先ほどは覚えた直後に、『軽く思い返す』だけにとどめていましたが、1時間後にはしっかりと復習をしましょう。

 

この時に、しっかりと学習した内容を復習していきます。

 

ただ、1時間後に出来ない場合でも、その日の内の3時間後や5時間後、7時間後などでもそこまで大差はありません。1日以内が本格的な復習のタイミングの許容範囲です。

 

というのも、先ほど紹介した忘却曲線からも分かるように、1日で74%を忘れてしまいますが、その後は1週間後でも79%と、ほとんど記憶量に差がないからです。

 

大事なのは、その日の寝る前までに、しっかりと学習した内容を復習することです。

翌日にも復習する

おすすめの復習のタイミング『翌日にも復習する』

 

復習では先ほどの、『その日の内のしっかりとした復習』が鉄則なのですが、その復習はあくまでも、1日以内に起こる急激な記憶の忘却に歯止めをかけるためのものです。

 

つまり、その日の内に復習をして、いくら忘却曲線が緩やかになったと言っても、その忘却はどんどん進んでいっています。

 

なので、さらにその忘却を緩やかにするためにも、翌日にもしっかりと復習をしましょう。

1週間後にも復習する。その後も…

おすすめの復習のタイミング『1週間後にも復習する。その後も…』

 

ここまでで、2日以内に計3回の学習を繰り返して行ったことになります。

 

2日以内に3回も学ぶと、少なくとも1週間は記憶力を維持することが出来ます。ただ、もちろんいくら忘却曲線が緩やかとは言え、その間も忘却は進行します。

 

なので、最初に学習した時から数えて1週間後にもう1度復習をしましょう。これで、計4回学習をしたことになりますね。

 

その後は、徐々に復習の間隔を広げていくことがポイントです。1週間後に復習したら、次は1ヶ月後、3ヶ月後、半年後、、、という風にすることで、長期記憶としてしっかりと頭に定着させることが出来ます。

効果的な復習のやり方

自分で人に説明出来るようにする

効果的な復習のやり方『自分で人に説明出来るようにする』

 

まず、学習した内容を何も見ないでも人に説明できるようにします。

 

人に説明出来るようになることで、その説明したことは、もう忘れられないほど記憶に残るようになります。というのも、人に説明する時には、5感を最大限に活用して脳が活性化されるからです。

 

また、人に説明するには、分かりやすく説明できるように、知っていることを噛み砕く必要があります。そのような過程を踏むことで、より自分自身の理解も深めることが出来ます。

 

その上、人に説明をしようとすることで、自分の記憶が抜けている部分、内容を誤解していた部分、理解が曖昧な部分などを発見するきっかけにもなります。

 

こうして、人にも完全に説明できるようになった時に、完全に自分の頭の中で内容を理解できたということになります。

自分1人の力でもう1度解く

効果的な復習のやり方『自分1人の力でもう1度解く』

 

その次に、1度取り組んだ問題を解き直してみたり、その類題に取り組んでみたりします。

 

この際に大事なのは、1度目で分かった問題も解き直すということです。学校や塾などでやった問題で、分からなかったり間違えた問題を帰って解き直すという人は多いかと思いますが、わかった問題を解き直すという人は案外少ないかと思います。

 

しかし、学校や塾などで分かっていても、それはあくまでも『分かったつもり』であって、実際に入試の時にそれが出来なかったということはよくあります。

 

あくまでも『家で1人の時に解けるようになることが、その内容をマスターしたということ』ということを意識しておきましょう。

 

このように、1度やったことも再現できるかどうかをここでは確認します。

制限時間を設ける

効果的な復習のやり方『制限時間を設ける』

 

復習の目的は、解き直して覚え直すことによって、より記憶に定着させることです。

 

なので、しっかりと制限時間を設けて、緊張感をもって復習をしていくようにしましょう。

 

この緊張感は復習の際には非常に大事で、例えば『定期テスト前日などで、自宅で1人で勉強している時には、ある程度の緊張感があって、普段よりも集中して勉強に取り組むことが出来た』ということは経験したことがあるかと思います。

 

逆に、定期試験前などの差し迫ったものが無い状態での学習では、ついダラダラとしてしまい集中力を失ってしまいますよね。

 

このような緊張感を持たせるためにも、復習をする際には制限時間を設けるようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?

 

今回は、そもそもの人の記憶の性質やそれを利用した復習のタイミングややり方などについて紹介してきました。

 

復習をする際には、1度だけで終わらずに何度も繰り返すことが大事です。今回紹介してきたようなおすすめの復習のタイミングを参考にして、しっかりと記憶に定着させていきましょう。