受験生の夏休みの勉強時間はどのくらいがベスト?

受験生の夏休みの勉強時間はどのくらいがベスト? 勉強法




高校生活の中でも、最もまとまった休みである夏休み。

 

高1の時には、部活と遊びの繰り返しだと思いますが、高2、高3と学年が上がるにしたがって、夏休みの中で勉強が占める割合が増えていくかと思います。

 

今回は、そんな受験生にとっての夏休みの重要性や、具体的にどのくらいの勉強時間がベストなのかということについて紹介していきます。

【受験生の登竜門】夏休みの過ごし方で成績が大きく変わる

【受験生の登竜門】夏休みの過ごし方Yあ勉強時間で成績が大きく変わる

 

夏休みは、ずっと学校が無く休みなので、本当に自由な時間です。

 

夏休みを迎えるにあたって、『受験までは、まだまだ月日がある』『高校最後の夏休みだし遊びたい』『まだ受験生としての自覚が無い』というようなことを思っている人は多くいるかと思います。

 

しかし、『夏を制する者は、受験を制す』とよく表現されるように、夏休みの過ごし方で成績が大きく変わるということはしっかりと意識しておく必要があります。

 

というのも、夏休みの間は学校が無く授業が進むことが無いので、復習に全ての時間を費やすことが出来ます。

 

部活をしている場合は別ですが、睡眠時間を7時間として、食事や入浴を3時間とすると、合計で14時間は勉強しようとすればすることが出来るんですね。

 

夏休みが終わり学校が始まると、そこからはまた授業があり、受験の結果にも直結するような3年間の仕上げの内容に進んでいきます。

 

これは3年間の仕上げと言うことで、それまでの3年間で習った基礎があってのことです。つまり、その3年間の復習が夏休みの間に終わっているか否かで、その後の成績に大きく影響してくるんですね。

 

自由が利く分、中々身が入りにくいということは分かりますが、しっかりと夏休みの重要性を理解しておくようにしましょう。

高2の夏休みの勉強時間はどれくらい?

受験生で高2の夏休みの勉強時間はどれくらい?

 

おそらく高2の夏休みだと、ほとんどの人が部活動などに時間を取られているのではないかと思います。

 

ただ、受験を終えた人たちの約60%は『高2の内から受験勉強を始めるべきだった』と答えています。本格的にみんなが勉強を始めるのおそらく、高2から高3の春休みくらいではないかと思うので、その時にしっかりと勉強に入れるように、

 

高2の夏休みの間には、とにかく毎日机に向かうという習慣を付けておくことが大事です。

 

その為、その勉強時間は3時間程度で大丈夫です。

 

『3時間も何をすれば良いか分からない』という人もいるかと思いますが、高校に入ってからやったことの総復習で構いません。また、英単語などを覚えるのも良いですね。

 

しっかりと毎日3時間ほどは時間を取って、勉強に取り組むようにしましょう。

高3の夏休みの勉強時間はどれくらい?

私立文系(3科目)の場合

早慶やMARCH、関関同立などを志望している人であれば、大体1日で8時間が目安です。

 

その内訳はもちろん、得意不得意にもよりますが

 

英語…3時間

社会…3時間

国語…2時間

 

です。

 

英語は文理関係なく、受験生にとっては生命線になる科目です。なので、夏休みでもしっかりと時間を取るようにしましょう。

 

また、文系の人にとって、かなり重要になる社会科目も夏休みの時間が取れる間にしっかりと暗記に時間を割くことも大事ですね。

 

逆に、夏休みの間にしっかりと時間をかけることが出来ないと、夏休みが終わった後に問題演習に進むことができません。

 

ただ、この勉強時間はあくまでも4月などから受験勉強をスタート出来た人向けであって、部活を夏休みまで続けていたりしたりして、まだ受験勉強をスタートしてから間もない人などは、大体1日12〜13時間はする必要があります。

私立理系(3〜4科目)の場合

早慶やMARCH、関関同立などを目指している理系の人は、大体1日10時間が目安です。

 

その内訳は、

 

英語…3時間

数学…4時間

理科…3時間

 

です。

 

やはり理系で大事なのは、数学なのでしっかりと時間を割く必要があります。また、理科も夏の間にしっかりと基礎を固める必要があるので、しっかりと時間を割く必要があります。

 

ただ、数学や英語に苦手意識があるという人は、1日で12〜15時間くらいは勉強して、しっかりと基礎を固めないといけません。

国公立5教科(6〜7科目)の場合

国公立大を目指していて、入試で5教科6〜7科目に取り組む必要がある人は、大体1日12〜13時間が目安です。

 

その内訳は、

 

2次試験で必要な科目…2〜3時間
センター試験のみで必要な科目…1〜2時間

 

です。

 

国公立大学の場合は、どうしても科目数が多いので、勉強時間を多く確保する必要があります。

 

また、2次試験で必要な科目だけでなく、あくまでもセンター試験があっての2次試験なので、センター試験のみで必要な科目に関しても、しっかりと時間をかけて対策をすることが大事です。

まとめ

いかがでしたか?

 

今回は、受験生にとっての夏休みの重要性や具体的にどのくらいの勉強時間がベストであるのかということについて紹介してきました。

 

受験生にとっての登竜門を制して、しっかりと受験生活を優位に進めていきましょう。

 

また、夏休みの勉強計画の立て方が分からないというような人は、以下の記事で紹介しているので合わせてご覧ください。

夏休みにおける受験生の勉強計画・スケジュールの立て方について解説!

2018.06.08