英単語ターゲットの種類や評判や使い方・覚え方を解説!

英単語ターゲットの覚え方や使い方を解説 参考書




「英単語帳を選ぼうと思っても何を選んだらいいのかわからない」「どの単語帳をどうやって使えばいいの?」と思っている方は多いでしょう。

今回の記事では数ある英単語帳の中から『英単語ターゲット』という英単語帳について種類や使い方を詳しく解説していきます。

かなり有名な単語帳でもあり、効果的な使い方をすることで成績も上げやすくなるので、ぜひこの記事を参考にしてもらえればと思います。

 

英単語ターゲットの種類

 

英単語ターゲットは『英単語ターゲット1200』『英単語ターゲット1400』『英単語ターゲット1900』の3つがあります。1つずつ解説していくので何を購入するか考えてみてください。

 

英単語ターゲット1200

 

英単語ターゲット1200

 

著者
宮川 幸久
価格
918円
難易度
高校基礎~センター試験レベル

 

対象者としては中学の英語からつまづいてしまった人や、高校1年生で英単語を今から覚え始めたいという人にはおすすめです。

また、英単語ターゲット1200の各セクションは以下のようになっています。

Section1 中学校で習った200語 熟語60語

Section2 基本の300語  熟語60語

Section3 テーマで覚える500語 熟語60語

Section4 語法で覚える200語 熟語60語

Section5 センター試験に出る500語 熟語60語

 

英単語ターゲット1400

 

英単語ターゲット1400

 

著者
宮川 幸久
価格
1080円
難易度
センター試験~中堅私立大レベル

 

対象者としては日東駒専、産近甲龍などの大学を志望している受験生です。

また、英単語ターゲット1400の各セクションは以下のようになっています。

Section1 これだけは覚えたい600語

Section2 さらに実力を伸ばす500語

Section3 ここで差がつく300語

 

英単語ターゲット1900

 

英単語ターゲット1900

 

著者
宮川 幸久
価格
1080円
難易度
センター試験~難関大レベル

 

対象者としてはセンター試験で8割~9割を取ることや、旧帝国大学を志望している受験生がメインとなります。

また、英単語ターゲット1900の各セクションは以下のようになっています。

Section1 常に試験に出る基本単語800

Section2 常に試験に出る重要単語700

Section3 ここで差がつく難単語400

 

英単語ターゲットの評判

 

英単語ターゲットはやはり有名な英単語帳だけあって、評判はかなり良いです。その中でも一部を取り上げて掲載しておきます。

入試に出る順なので簡単なものから段々と難しくなっていき、調度良い。また、関連している語がある程度まとまっているから同時に覚えられる。

スマホのアプリとも連携していて非常に使い勝手が良い。

私が在籍する特別進学クラスのほとんど全員が持っていると言っても過言じゃないです!やる気も出るし、使いやすい。このターゲットのアプリもオススメです。

いつでもどこでも手軽に単語が勉強できます。

よい買い物ができました。現在1900文字覚えるのに頑張っています。非常に内容が濃く、勉強しがいがあります。
受験期はこれ一冊に頼っていました。何周も読み込み、記憶し、もれなく覚えていった結果、大学受験に必要な単語はほとんどこれで覚えられたと思っています。

引用元 Amazon

 

この英単語ターゲット1冊で受験を乗り切ったという声も上がっています。それほど信頼されている英単語帳ということですね。

 

英単語ターゲットの特徴

 

ここでは英単語ターゲットの特徴について解説していきます。購入を考えている方はぜひ参考にしてください。

 

英単語がレベル別に収録されている

 

英単語ターゲットの特徴『英単語がレベル別に収録されている』

 

英単語ターゲットは英単語をセクションごとにレベル別で収録しているので、今の自分のレベルに合わせた学習を行っていくことができます。

各セクションごとに『差がつく英単語』『覚えておきたい英単語』などわかりやすく区別されています。

また、30年にわたって旺文社独自の大学入試データベースの分析を重ね、入試の結果から出る英単語を厳選しているので、勉強に無駄がありません。

その中でも特に覚えるべき英単語については赤文字で記されているので、試験まで時間が足りない人は、ここから覚えていくといいでしょう。

 

例文が1つ1つの英単語についている

 

英単語ターゲットの特徴『例文が1つ1つの英単語についている』

 

多くの英単語帳と同じく、この英単語ターゲットにも1つ1つの英単語に対して例文がついています。

学校の定期テストなどの場合は英単語のスペルを書けば点数がもらえますが、実際の大学入試となるとそのように簡単にはいきません。

長文問題のなかで英単語を読み取ったり、英作文において必要な英単語を自分に選んでいく必要があるので例文が付属しているのも大きなメリットと言えるでしょう。

 

1単語につき1つの意味になっている

 

英単語ターゲットの特徴『1単語につき1つの意味になっている』

 

英単語ターゲットにおいて、他の単語帳と違う点としては『1つの単語に対して1つの中心的な意味が収録されている』ということが挙げられます。

入試で最も出やすいであろう英単語の意味にすることによって記憶の定着率も上がり、本番の入試でも意味を推測しやすくなります。

英単語を始めたばかりの人や、苦手な人にとっては1つの意味を覚えるだけでいいのでストレスを感じずに勉強していくことができるでしょう。

 

英単語ターゲットの効果的な使い方

 

ここでは成績を上げていくための英単語ターゲットを効果的な使い方について解説していきます。購入した方はこの方法で勉強を行うといいでしょう。

 

基本的には例文を使って覚えていく

 

英単語ターゲットの効果的な使い方『基本的には例文を使って覚えていく』

 

英単語ターゲットにおいても、他と同じように英単語を覚えていく際は、例文を活用して覚えていくように意識しましょう。英単語だけ覚えていてもあまり意味はありません。

まずは英単語の意味を確認して覚えてしまいます。この際は5回は英単語を書いたり読んだりすれば覚えることができるでしょう。

そのあとは例文を使って実際の英文でその英単語がどのように使われるのか学んでいきましょう。ここをおろそかにしてしまうと英単語は覚えているのに点数が上がらなくなるので注意してください。

 

付属教材を活用する

 

英単語ターゲットは他の単語帳とは比べものにならないくらい付属教材が充実しています。無料音声やアプリ、英単語カードなど多くのものが作成されています。

なので、英単語があまり覚えられない、覚えるのが苦手という人はこれらの教材を使ってみましょう。下に付属教材を挙げておくので参考にしてください。

 

無料音声

 

英単語ターゲットにはすべての英単語において、発音を確認するための無料音声がダウンロードできるようになっています。『英単語のみ』と『英単語とその意味』の2つを選ぶことができます。

これによって電車の待ち時間やお風呂の時間など、普段は無駄にしがちな時間も有効活用していけるので、試しにダウンロードしてみるのもいいかもしれません。

 

単語カード

 

英単語ターゲット1900のみの教材として英単語帳とは別に英単語カードも販売しています。カードを英単語帳とは違う順番に並び替えて、自分がしっかりと覚えている確認してみましょう。

また、日本語の意味から英単語を当てることができるか試してみたり、いろいろな使い方ができます。完璧に覚えていくために工夫してみましょう。

 

CD

 

CDも英単語ターゲット1900のみにしか対応していませんが販売されています。1900語すべてに対して『英単語(1回目)→ポーズ(2秒)→英単語(2回目)→例文』という流れで音声が収録されています。

ポーズの2秒を利用して日本語の意味を確認したり、例文を使ったリスニングの練習もできます。約2400円と割高ですが、買ってみる価値はあるでしょう。

 

専用アプリ

 

英単語ターゲットにおいてはすべての種類において無料の専用アプリもリリースされています。英単語のスペルを確認したり、英単語を聞いて意味を答えたりするなど使い方は様々となっています。

また、毎日朝と夜に5問のミニテストを作成してくれたり、全国の受験生とランキングで競い合う機能もついているのでモチベーションを保ちながら覚えていくことができるでしょう。

 

英単語ターゲット専用アプリ『ターゲットの友』

 

ダウンロードはこちらから(iPone,Androidどちらにも対応しています)

 

最低3回は繰り返す

 

英単語ターゲットの効果的な使い方『最低3回は繰り返す』

 

英単語だけに限らず、人間は覚えたことを復習しないとすぐに忘れてしまうようになっています。科学的には1時間後には56%、1日後には74%も覚えたことを忘れてしまっています。

なので、英単語は1回覚えただけで満足せずに最低3回は復習をしてしっかりと記憶に定着させるように心がけましょう。最初に覚える際は半分くらい忘れてしまっても仕方ありません。

具体的には覚えたときの『1時間後』『1日後』『3日後』に覚えなおすようにしてください。カレンダーなどに復習する日をメモしておくといいでしょう。

 

まとめ

今回の記事のまとめとしては次の2点です。

英単語ターゲットは1つの英単語に対して1つの中心的な意味が収録されている

付属教材が充実しているので使うことで効果的に英単語暗記を行える

 

英単語ターゲットはとても有名な英単語帳で、どのレベルの人に対してもおすすめできるものに仕上がっています。なのでこの記事を参考にして効果的に使っていってもらえればと思います。