鎌田の化学講義シリーズの特徴やおすすめの使い方

鎌田の化学講義シリーズの特徴やおすすめの使い方を紹介! 参考書



化学受験者から高い人気を集めている鎌田の化学講義シリーズ。

要点をまとめた別冊冊子や赤シートなど受験生にとって嬉しい工夫がいくつも施されています。

今回は、鎌田の化学講義シリーズの主な特徴やおすすめの使い方を解説していきます。

鎌田の化学講義の概要

鎌田の講義シリーズは、理論・無機・有機の3冊から成っています。無機だけ著者が違いますが、参考書内の構成などは同じです。

鎌田の理論化学の講義

鎌田の理論化学の講義の概要

 

まずは、鎌田の理論化学の講義です。

定価 1,404円
出版社 旺文社
サイズ A5判
問題数 91問
ページ数 ・本冊320ページ

・別冊47ページ

福間の無機化学の講義

福間の無機化学の講義の概要

次に、福間の無機化学の講義です。

価格 1,188ページ
出版社 旺文社
サイズ A5判
問題数 28問
ページ数 ・本冊224ページ

・別冊45ページ

鎌田の有機化学の講義

鎌田の有機化学の講義の概要

 

最後に、鎌田の有機化学の講義です。

価格 1,404円
出版社 旺文社
サイズ A5判
問題数 88問
ページ数 ・本冊312ページ

・別冊39ページ

鎌田の化学講義のレベル

鎌田の化学講義シリーズの到達可能レベルは、センター試験で8~9割をとり二次試験へのベースを作れるくらいです。

何より基本的な問題が多く収録されているので、センター試験の対策にはおすすめです。

解説がかなり丁寧に書かれているので、鎌田の化学講義シリーズに取り組む上で必要なレベルは特にありません。

鎌田の化学講義の特徴

ここからは、鎌田の化学講義シリーズの特徴を紹介していきます。

網羅性が高い

鎌田の化学講義シリーズの特徴『網羅性が高い』

 

鎌田の化学講義シリーズは非常に網羅性が高い参考書です。

化学の各分野がしっかりと収録されていて、特に内容や解説が薄い分野も見当たりません。

また、レベルも基礎固めから入試対策までとても幅広いレベルに対応しています。なので、定期テスト対策をしている人や難関大対策で化学の基礎固めをしている人まで様々な人が使用することが出来ます。

見やすいデザインとレイアウト

鎌田の化学講義シリーズの特徴『見やすいデザインとレイアウト』

鎌田の化学講義シリーズはデザイン性とレイアウトが優れています。

なので、重要な部分が一目で分かります。また、絶対に覚えるべき部分や覚える必要のない所も分かるので、自分のレベルに合った内容のみを学習することが出来ます。

入試問題から選んでいるので実践的な演習が出来る

鎌田の化学講義シリーズの特徴『入試問題から選んでいるので実践的な演習が出来る』

鎌田の化学講義シリーズでは、各分野で解説の後に難関大学の入試問題が収録されています。なので、勉強した内容をすぐに確認することが出来ます。

また、入試問題なので常に実践を意識した学習をすることが出来ます。

中には、東大や京大などの超難関大学の入試問題なども含まれていますが、学んだ知識を使えばしっかりと解ける問題なので心配はありません。

式に至るまでの経緯が説明されている

鎌田の化学講義シリーズの特徴『式に至るまでの経緯が説明されている』

化学の参考書でよくあるのが、公式などがそれ単体で書かれているということです。それでは、公式の使い方が分かっても、どうしてその公式が成り立つのかが分かりませんよね。

鎌田の化学講義シリーズでは、単に公式が書かれているだけでなく至るまでの経緯が詳しく書かれているので、単なる暗記ではなく理解したうえで暗記していくことが出来ます。

また、公式を導出する過程を覚えていると、受験本番で公式を忘れてしまっても導けるので強いです。

付属の冊子が優秀

鎌田の化学講義シリーズの特徴『付属の冊子が優秀』

 

鎌田の化学講義シリーズには別冊冊子で、最重要Point総整理が付属しています。

冊子には、特に大事な化学の公式や用語などがまとめられています。なので、テスト直前に見直したい時の為に、自分でまとめノートを作る必要がありません。

また、特に覚えるべき重要な部分は、赤シートを当てると隠れます。

なので、単語帳のような感覚で空き時間に学習出来るので優秀です。

鎌田の化学講義の後に取り組むべき問題集

鎌田の化学講義シリーズは、本格的に化学の勉強をする人におすすですが、1冊で実際の大学入試に太刀打ちは出来ません。

鎌田の化学講義の後に取り組むべき問題集としておすすめなのが、『化学重要問題集』です。

鎌田の化学講義シリーズの後に取り組むべき問題集『化学重要問題集』

化学重要問題集は、問題集では王様とも言えるほどの定番です。

難関大学にも対応できる力を付けれる上に、解説も詳細に書かれているので理解しながら進めていけます。

鎌田の化学講義で付けた知識を生かして問題演習を出来るので、是非取り組んでみましょう。

化学重要問題集の詳細な特徴や使い方は以下の記事を見てください。

化学重要問題集の特徴や効果的な使い方

2018.06.14

鎌田の化学講義はこんな人におすすめ

ここからは、鎌田の化学講義シリーズがおすすめな人を紹介していきます。

初めて本格的に化学の勉強をする人

鎌田の化学講義シリーズはこんな人におすすめ『初めて本格的に化学の勉強をするという人』

鎌田の化学講義シリーズは、基礎的な内容から書かれています。

なので、初めて本格的に化学の勉強をするというような人にもってこいです。

ただ、完全な初学者だと少し難易度が高く感じてしまうでしょう。化学の基礎を知っていて、これから本格的に勉強をする人に特におすすめです。

必要事項の確認と知識の整理をしたい人

鎌田の化学講義シリーズはこんな人におすすめ『必要事項の確認と知識の整理をしたい人』

鎌田の化学講義シリーズの作りは、とにかくシンプルです。

なので、ある程度化学の勉強をして、もう1度必要事項の確認や知識の整理をしたい人におすすめです。

上記のような曖昧になっていた知識を再度確認出来たり、バラバラになっていた知識を整理することが出来ます。

鎌田の化学講義のおすすめの使い方

ここからは、鎌田の化学講義シリーズのおすすめの使い方を紹介していきます。

前から順に進めていく

鎌田の化学講義シリーズは定期試験対策などで一部の範囲しか学習しない時以外は、前から順に進めていくようにしましょう。

というのも、「テーマの解説を読む⇨問題演習で定着させる」という流れを想定して作られているので、従うだけで化学の力を付けていくことが出来ます。

なので、各分野に設けられている解説は、問題を解く上で重要な内容も多く書かれているので、読んだ上で問題演習に進みましょう。

別冊冊子を使って、知識の確認をする

鎌田の化学講義シリーズの各テーマの学習が終わったら、別冊冊子でもう1度知識の確認をしましょう。

というのも、別冊冊子は重要事項が単語帳のように網羅されているので、問題集の中の解説で理解した事を暗記項目と結びつけて覚えていけます。

また、勉強した直後に暗記事項を確認する事でより頭に残りやすくなります。

分からなくても気にしない

鎌田の化学講義シリーズで問題演習をする際のポイントですが、問題は入試問題から出題されています。なので、分からなくてもあまり気にしないようにしましょう。

分からないなと思ったら何分間も考えるのではなく、すぐに解説を見ても構いません。

ただ、単に解答を見るだけだと記憶に残らないので、問題を解く上でのコツなどは解説を見て、理解してから次に進むようにしましょう。

鎌田の化学講義の評判

ここでは、鎌田の化学講義シリーズに寄せられたamazonのレビューや評判を紹介していきます。

カラフルで図が多く、とてもわかりやすい参考書だと感じました。
センター試験や基礎の内容を学ぶのにピッタリだと思います。

レイアウトやデザインが優れていて見やすいという意見です。鎌田の化学講義シリーズは、内容だけでなくデザインも優秀です。

初心者から難関志望受験生まで使える参考書として定評のある参考書です。
いくつかのテーマでは十分な解説ではある中、理解度や難易度が高く、必須問題でもボチボチセンターレベルを超えてくるのでちゃっちゃと整理したい人向けではありません。
私は物理学系に進学しましたが、この参考書を基盤としたおかげで化学が一番の得意科目となりました。

化学の初心者から難関大学志望の人まで幅広いレベルで使える参考書だという意見です。ただ、中には難易度が高い問題も収録されています。先ほども書いたように、たとえ分からなくても気にしないようにしましょう。

問題集で分からなかった痒いところに手が届く。
重要問題集の解説で分かりずらかった所はほとんど詳しく書いてあり、とても良く出来た参考書だと思う。
文字も大きく、平易な文で書いてありサクサク進む。とても助かっています。

解説の丁寧さに満足しているようですね。他の問題集の中で分からなかった部分を補うのにも活用できます。

ネット上では鎌田の化学講義シリーズに関して様々なレビューが寄せられていましたが、素晴らしい問題集だという意見が多く見られました。 

まとめ

鎌田の化学講義シリーズの特徴や使い方を解説してきました。

シンプルな作りの参考書ですが、網羅性の高さや実用性の高い別冊冊子などから化学受験者から高い人気を誇っています。上手く活用して、化学の力を伸ばしていきましょう。

化学の他のおすすめ参考書や問題集が知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

【2019年版】化学のおすすめ参考書・問題集31選

2018.01.18

【広告掲載】無料相談のご案内

広告掲載