勉強を習慣化するには?

勉強を習慣化するには? 勉強法




毎日勉強を継続しようと意気込んで勉強を始めてみたけれども、1週間も続かなかったという経験をしたことがある人は多いと思います。

勉強を習慣化することは難しいですし、進学校に通っている人もうまく習慣化できていないのが現状です。

しかし、勉強は正しい方法で行うことで習慣にしていくことができます。この記事では勉強を習慣化できない理由から、習慣化する方法までをまとめたので参考にしてみて下さい。

勉強の習慣ができている生徒は成績が伸びる

勉強の習慣ができている人は成績が伸びる

勉強を習慣化することが出来れば、長期間受験生活を続けていくことがかなり楽になります。毎日の勉強を無意識的に行っていくことができるからです。

勉強のモチベーションは毎日高いわけではありません。もちろんやる気が出ないときや体調が悪い時もあります。悩みや不安があるときもあるでしょう。

そんなときも勉強の習慣化が身についていると、毎日勉強を継続していけます。

勉強においては1日でたくさんの時間勉強するよりも、毎日少しずつ勉強したほうがいいので、習慣づけておくことはかなり有利なのです。

理想としては顔を洗ったり朝食を食べたりするのと同じ感覚で毎日勉強をしていくことです。「毎日勉強しないと生活リズムが崩れる」くらいまで到達することを目指しましょう。

勉強習慣をなかなか身につけられない理由

ここでは勉強習慣がうまく身につけられない理由について説明します。自分が当てはまっていないか確認しておきましょう。

毎日同じ時間に勉強しない

勉強を習慣化できない理由『毎日同じ時間に勉強しない』

勉強を習慣化できない理由の1つ目として、毎日同じ時間に勉強しないことが挙げられます。

例えば、早起きの習慣をつけるときは毎日同じ時間に起きないと習慣化できません。これと同じように勉強も、いつから始めていつ終わるかを明確に決めておいてください。

テレビを見たり漫画を読んだりしたくなる気持ちもわかりますが、継続することができれば達成感も出てくるのでまずは1週間頑張ってみましょう。

ながら勉強をしている

勉強を習慣化できな理由『ながら勉強をしている』

2つ目の理由としては、ながら勉強をしていることです。テレビを見ながら、ゲームをしながら勉強していても全く効果はありません。

特に、友達と一緒に話ながら勉強するというのは注意しましょう。教え合う程度ならいいですが、雑談になっては勉強の意味がありません。

ながら勉強をしていては1日中勉強しても何も学ぶことが出来ていません。

音楽を聴きながら勉強することは脳に良い影響を与える場合もありますが、基本的に勉強するときはしっかりと集中して一気に終わらせるよう心掛けてください。

勉強中の音楽のおすすめの活用法などについては、こちらの記事でまとめているので合わせてご覧ください。

受験勉強の音楽の活用法と勉強用BGMまとめ

2018.01.20

勉強を習慣化する方法

勉強を習慣化する方法はいくつかあります。ここでは特におすすめできる方法についてまとめたのでぜひ実践してもらえればと思います。

まずは始める

勉強を習慣にする方法『まずは始める』

勉強を習慣化できない人の最大の原因は「始められない」ということでしょう。勉強できない人の8割以上はこれが理由です。

「今日は午後から勉強しよう」と言っていて午後になってもやる気が出ないから「夜ご飯食べたら勉強しよう」と、ずるずると1日が終わってしまう経験をしたこともあるでしょう。

勉強はとにかく始めることが大事です。勉強を始めていくと「作業興奮」という効果も働いて勉強のやる気も出でくるものです。

ハードルを低くする

勉強を習慣にする方法『ハードルを低くする』

これから勉強を習慣化させたい人はハードルを低くする」ことを意識してください。いきなり「毎日10時間勉強しよう!」と考えたところで、1週間も続きません。

勉強を習慣化する為にも最初は「問題集を3ページだけ進めよう」や「英単語を10個だけ覚えよう」のような簡単に出来ることから始めていきましょう。

最初は少ししか勉強出来ないかもしれませんが、1、2ヶ月と続けていくことで最初の何倍もの量の勉強をこなしていくことが出来ます。

身近な目標を立てる

勉強を習慣にする方法『身近な目標を立てる』

受験生活は短くても半年、長い人は1年以上もあります。その間常に志望校合格という目標だけで勉強を続けるのはかなり厳しいです。

その為、勉強を習慣化させる意味でも大学受験本番までに身近な目標を立ててみましょう。例えば、「次の定期試験で8割取る」「〇月の模試で50番以内に入る」などで構いません。

身近な目標は現実味があり、モチベーションも維持しやすい傾向があります。小さな目標を一つずつ達成していくことで最終的な目標を達成できるのです。

自分にご褒美をあげる

勉強を習慣にする方法『自分にご褒美をあげる』

勉強を習慣化させて、ある程度継続させることが出来たら、自分に対してご褒美を上げてみましょう。

自分に対して何もしてあげないと「何のために頑張っているんだろう」という気持ちになってしまい、続けることへの意味を感じなくなってしまいます。

1週間続いたら1日は休みの日を作ってゆっくり映画を見たり、カラオケに行ったりして疲れを取るのも良いかもしれません。

常に勉強できる環境に身を置いておく

勉強を習慣にする方法『常に勉強できる環境に身を置く』

勉強を始めようと思った時に、机の上がぐちゃぐちゃだとやる気もなくなってしまいます。

そうならないように机の上は常に勉強ができるようにしておきましょう。特に机の上の環境で意識すべき点は以下の通りです。

辞書は常に目に見える場所に置いておく

ゲームなどの誘惑は机だけでなく部屋自体に持ち込まない

毎日机の上は軽く掃除をする

小さいことですが、意識するだけで勉強の習慣化のスピードは格段に速くなってくるのでぜひ実践してみてください。

中途半端なところでやめる

勉強を習慣にする方法『中途半端なところでやめる』

勉強の休憩をする際は、中途半端なところでやめるということを行ってみて下さい。これによって次に勉強を始めるときも取り掛かりやすくなり、勉強を習慣化しやすくなります。

これは「ツァイガルニク効果」と言われています。

ツァイガルニク効果の説明

いくつかの課題を学習するに際して,それらの課題を完全に学習した場合よりも未完了の場合のほうがその課題の種類がよく想起されるという現象

引用元 コトバンク

問題集をする際も「あと少しで問題の答えが出そう!」というところで休憩をすることでついつい気になってしまいます。この効果をうまく活用していきましょう。

勉強内容や勉強時間を記録する

勉強を習慣にする方法『勉強時間や内容を記録する』

勉強が習慣化する為に毎日の勉強を記録していくことを行ってみてください。毎日漠然と勉強していてもやる気は出ないですし、続けることも難しいです。

記録していくことのメリットとしては「自分の頑張りを可視化できる」という点にあります。どのくらい勉強したのかを一目で確認することで、頑張りの原動力にしていくことができるのです。

具体的には、メモ帳やカレンダーに「今日は何をしたか」「何時間勉強したか」を書いていきましょう。勉強できなかった日は、なぜできなかったかも考えて同じ失敗をしないことも大切です。

メモ帳を持っていないという人は「studyplus』というアプリをインストールしてみて下さい。毎日の勉強をSNSで発信することもできますし友達と競い合うこともできるのでおすすめです。
勉強を習慣にするためのアプリ『studyplus』
勉強習慣を身に着けるのにおすすめのアプリ「Study plus(App Store)」
勉強習慣を身に着けるのにおすすめのアプリ「Study plus(Google Play)」

1日のスケジュールを細かく立てておく

勉強を習慣にする方法『1日のスケジュールを細かく立てる』

勉強が始められない、習慣化できない人は毎日「今日は何の勉強をしよう?」とその日ごとに考えいている傾向が強いです。

やるべきことを明確化していないまま1日が始まると勉強を始めるまでに時間がかかりますし、勉強の方針を間違えてしまう可能性もあります。

その為、細かく1日のスケジュールを立てておくようにしてください。朝起きた瞬間に何をするか理解している状態にすることで時間を有効に使うことが出来ます。

下にスケジュールの例を挙げておくので参考にしてください。

8:30 起床

8:30~9:00 朝食

9:00~9:30 英語の教科書27ページの音読

9:30~11:30 数学のチャートの68ページの問題演習5番

11:30~12:00 昼食

23:00 就寝

朝起きたら軽めの数学の問題を解く

勉強を習慣にする方法『』

朝起きてダラダラしていて気づいたら午後になっていたというのは誰しも一回は経験したことがあるでしょう。午前の時間を無駄にしてしまうのは、とてももったいないです。

起きてすぐに勉強するのを習慣化するためにも、朝起きたら1,2問軽めの数学の問題を解くことをしてみてください。これによって脳が活性化し勉強を始める前の準備運動になります。

また、朝起きる際に二度寝はしないようにして下さい。二度寝は体も疲れてしまい、脳もうまく働かないので勉強する日は一回で起きてしまいましょう。

勉強を習慣化するアプリを利用する

勉強を習慣化させることは案外難しいです。そこで、アプリの力を借りて強制的に習慣づけてしまうこともおすすめです。勉強の助けるアプリは様々な会社で作られています。

以下の記事で勉強を習慣化するのにおすすめのアプリを紹介しているので、興味のある方は是非読んでみてください。

【2018年版】勉強に集中するための厳選アプリ!

2018.02.11

まとめ

この記事で挙げた勉強を習慣化するための方法をもう1度おさらいします。

まずは始める

ハードルを低くする

身近な目標を立てる

自分にご褒美をあげる

常に勉強できる環境に身を置いておく

中途半端なところでやめる

勉強内容や勉強時間を記録する

1日のスケジュールを細かく立てておく

朝起きたら軽めの数学の問題を解く

全てを行う必要はありませんが、自分に合った習慣化の仕方が必ずあるのでまずは実践してもらえればと思います。