大学受験の小論文の勉強法とおすすめ参考書

大学受験の小論文について徹底解説 勉強法




推薦入試や、大学によっては一般入試でも課される小論文。

学校の現代文の授業で対策をしてくれるわけでもないので、いざ小論文を書かないといけないとなっても何を書けば良いか分からないという人も多いと思います。

今回は、小論文のそもそもの概要から対策まで幅広く紹介していきます。

そもそも小論文とは何?

そもそも小論文とは何?

そもそも小論文とは何なのでしょうか?小論文の概要は、以下のように書かれています。

小論文は、「説明的文章(=説明文、論説文、論文、レポート)」の仲間です。与えられた課題に対して自分の答(=意見)を述べ、その意見がなぜ正しいのかを客観的な根拠や理由を挙げて論理的に示したものです。

さんぽう進学ネットより引用

大学では学期末にテストを受けたりレポートを受けることで成績が評価されます。このレポートも一種の小論文で、講義で得たものや、講義で得たものを使って与えられた事象を説明するというものです。

小論文においては、いかに自分の考えを説得力のある文章で書くかが大事です。

大学入試における小論文は大学に入ってからのレポートに近いです。ですので、大学受験に際に小論文の書き方を学べば大学に入ってからも役に立ちます。それでは具体的に小論文はどのようなものか見ていきましょう。

作文とは違う

小論文は作文と同じと考えている人がいますが、実は小論文と作文には大きな違いがあります。

あくまでも、作文は自分の経験を基にして自分の考えを伝えるものであり、小論文は自分の考えを倫理的に相手に伝えるものです。

作文は自分の感情を相手にわかってもらえるようにすればいいのですが、小論文は相手を説得させなければなりません。

作文は主観が全てなので、書き方もなければ何を書いても基本的には問題ありません。相手に納得してもらう必要がないので、考えや感想に根拠も必要ありません。

対して、小論文は自分の意見を納得してもらうもので、自分の主張がただの主観のものではないこと示す必要があります。自分個人の感想ではなく、論理的に正しいものだということを書かないといけないということです。

小論文には書き方がある

大学受験の小論文は大まかな書き方が決まっています。以下の型に沿って書くと初心者のうちは書きやすい上に、評価も高くなるでしょう。

結論(私は~だと考える)

理由(その理由は~だからだ。)

結論(このことから、私は~だと考える)

1番最初に結論を書き、その後に理由を述べます。そして最後に結論をもう1度書くという方法です。まずはこの型を頭に入れましょう。

この書き方をしていると、自分の主張がどういうものなのかを明確にすることが出来る上に、最初と最後で同じ内容を伝えるので論理も一貫性のあるものになりやすいです。また、仮に時間切れで途中で終わってしまっても、結論は最初に述べているのでどういう主張なのかが最低限伝えることができます。。

慣れない内は我流の凝った構成の文章にせず、この型に沿って書くことをおすすめします。

大学受験の小論文で求められているのはこの力

大学受験の小論文で求められているのはこの力

採点する人は、出願している大学・学部で学ぶために必要な理解力、分析力、表現力があるのかということを受験生の小論文から読み取ります。

小論文で求められているのは「文章表現の力」「論理的に構成する力」「課題を理解する力」です。

言い換えると、大学入試の小論文で求められているのは、「指定を守り、テーマを理解して首尾一貫した主張をする力」です。

出題される様々なテーマでこのような力を発揮できるように日頃からしっかりと対策しておく必要があります。

大学受験の小論文の対策、勉強法

大学受験の小論文の対策、勉強法

小論文では型を覚えてしまったら、問題演習あるのみです。

求められていることや、テーマを理解しても実際に練習しなければ力はつきません。小論文はとにかく回数をこなすことが必要です。小論文の参考書を1冊決めて、載っているテーマで書いていきましょう。

ただ、1つ注意すべきことがあります。書いた後に必ず先生に添削してもらうということです。自分で自分の文章をチェックするのも悪いことではありませんが、悪い点を見逃すことが多いです。学校や予備校の先生に見てもらってアドバイスをもらうことが大切です。

しかし、「どう書き始めたら良いかが中々分からない」という方も多いかと思います。そんな方はまず、参考書の模範解答を3つか4つ読んでみましょう。そうすると、書くべきポイントを掴むことが出来ます。

学部別、小論文の頻出テーマ

大学、学部によって小論文のテーマも大きく変わってきます。多くの場合、その学部の学びに関係する内容がテーマになっています。学部ごとによく出るテーマをご紹介します。

学部 出題内容
人文学系統(文学部、人文学部、外国語学部など) 言語、文化、現代社会における問題
社会科学系統(社会学部、経済学部、法学部など) 現代社会における問題、グローバル化、経済システムについて
自然科学系統(工学部、理学部、農学部など) 教科問題、科学技術の進歩、環境問題、情報科学
医療、看護系統(看護学部、保健学部など) 健康、福祉、子供、医療
医学(医学部) 患者と医療の関係、先端医療について

 

小論文の勉強におすすめの参考書

ここでは、小論文を勉強するにあたっておすすめの参考書を紹介していきます。

何を書けばいいかわからない人のための小論文のオキテ55

大学受験の小論文のおすすめの参考書『小論文のオキテ55』

癖がなくオーソドックスで読みやすい参考書です。

そもそも小論文で何を書けば良いか分からないという受験生におすすめで、小論文を書いていく上での基本的な考え方やルールを学ぶことが出来ます。

また、小論文を書いていく中で受験生が陥るであろう悩みを55個まとめていて、それに対する解決策も詳しく書かれています。

説明の文体が親しみやすく、読み進めやすいというのも魅力です。

大学入試小論文シリーズ 推薦小論文 10日間攻略

大学受験の小論文のおすすめの参考書『10日間攻略 推薦小論文』

タイトルの通り、小論文を10日間で攻略しようというテーマにおいて書かれている参考書です。小論文の傾向から書き方まで全てが書かれています。

難解で取っつきにくいテーマでも、登場人物同士の会話形式とチャート式解説によって、読み進めやすいのが魅力です。

また、推薦入試担当の大学教授へのインタビューなども搭載されていて、採点官側の考え方を学べるようになっています。

同じ小論文シリーズで、人文系小論文編と社会系小論文編と看護医療福祉系小論文編が存在します。

じっくり時間をかけたい人は自分に当てはまるシリーズのほうを使うのも良いでしょう。

まとめ

今回解説してきた内容をまとめます。

・大学入試の小論文は「自分の考え倫理的に表現する力」が問われている

・問題集で練習をしっかりする

・学部によって頻出のテーマがある

小論文は対策してきたか否かがはっきりと点数に表れます。しっかりと対策して試験に臨むようにしましょう。