勉強中に起こる頭痛の原因や治し方

勉強中に起こる頭痛の原因や治し方 コラム




勉強している時に頭痛を感じたことがあるという人は多いのではないかと思います。

勉強中に頭痛を感じたら中々勉強に集中できません。また、普段は感じない体の痛みを感じているという事は、体が危険信号を送ってきているという事になります。

その為、放ったらかしにせずにしっかりと対応する必要があります。

今回は、勉強中に起こる頭痛の原因や治し方、対策について紹介していきます。

勉強中に起こる頭痛のタイプ

単に勉強中に起こる頭痛と言っても、そのタイプは3つに分かれます。

ここでは勉強中に起こる頭痛の3タイプについて、それぞれの症状をはじめとする特徴について紹介していきます。

片頭痛

片頭痛が起こる前には肩こりが出ることもあり、痛みとしては、こめかみから目の辺りがズキンズキンとするような痛みであるのが特徴的です。

また、片頭痛が起こると、頭痛だけでなく吐き気や嘔吐、下痢などの症状が表われたり、光や音、匂いなどの変化に敏感になることもあります。

緊張型頭痛

勉強中に感じる頭痛で最も多いのが、緊張型頭痛です。

緊張型頭痛は、後頭部から首筋を中心に頭全体がギュッと締め付けられるような痛みが走るのが特徴的です。

片頭痛の吐き気や嘔吐のような症状が現れることはなく、日常生活への支障は片頭痛ほど大きくはありませんが、数ヶ月以上続いて慢性化してしまうこともあります。

脱水型頭痛

脱水型頭痛は、重度になると頭痛と共に吐き気やめまいなどを引き起こしてしまいます。

これに関しては、下で紹介する治し方を日頃から意識していればそこまでなることはないので、しっかりと意識するようにしましょう。

片頭痛の主な原因

ここでは、片頭痛の主な原因について紹介していきます。

悩みやストレス

勉強中に起こる片頭痛の原因「悩みやストレス」

勉強しているのに成績が上がらないということに対するストレスや、友達との関係に対するちょっとした悩みなど、多感な時期である高校生には、様々な悩みやストレスがあります。

悩みやストレスは、自律神経のバランスを崩してしまい、結果的に頭痛に繋がってしまいます。

生活習慣の悪化

勉強中に起こる片頭痛の原因「生活習慣の悪化」

受験生が感じる勉強中の頭痛の原因のほとんどは、日常の生活の中に潜んでいます。その中でも以下のような行動になってしまっている時には、頭痛を起こしやすいです。

・夜更かしをしている

・寝不足である

・朝食を抜くことがある

・食事の時間がバラバラである

・運動をあまりしない

日常的にこれらに当てはまるような生活をしていると、どんどん体は疲弊していって頭痛を起こしてしまいます。

装飾品が合っていない

勉強中に起こる片頭痛の原因「装飾品が合っていない」

帽子や眼鏡などの装飾品のサイズが合っていないと、頭やこめかみが圧迫されてしまうので、頭痛を起こしてしまいます。

特に、眼鏡はサイズだけではなく度数にも注意が必要です。

眼鏡の度数が合っていないと、ピントを合わせる力が弱まってしまいます。すると、本来は眼の働きを助ける役割の眼鏡が、逆に眼の健康を損ねる原因となってしまい、結果的に頭痛や吐き気などを引き起こしてしまいます。

緊張型頭痛の主な原因

勉強中に起こる緊張型頭痛の原因「姿勢が悪い」

首や肩などの筋肉が凝ると、緊張型頭痛を引き起こしてしまいます。

特に、勉強をしている時に前のめりの姿勢になっていると、首や肩の筋肉が凝りやすいので注意が必要です。

また、しっかりと背筋を伸ばして勉強していても、同じ姿勢を長時間続けていると、肩や首、腰回りの血流が悪くなり、頭痛を引き起こしてしまいます。

その為、勉強中の姿勢には十分に注意する必要があります。長時間集中出来る勉強中の正しい姿勢については、以下の記事にまとめているので合わせてご覧下さい。

【集中力アップ】勉強時の正しい姿勢とは

2018.02.13

脱水型頭痛の主な原因

勉強中に起こる脱水型頭痛の原因

脱水型頭痛の原因は、その名の通り水分の不足です。

水分が不足してしまうと、体の血流が悪くなってしまい、脳内に十分な水分が行き渡らなくなる為に頭痛が起こってしまいます。

勉強中の頭痛の治し方

ここまでで、勉強中に起こる頭痛の3つのタイプとそれぞれの原因について紹介してきました。どのような理由で頭痛が起こるのかが分かってもらえたかと思います。

では、実際に頭痛が起こった時には、どのように治せば良いのでしょうか?

ここからは、勉強中に起こる頭痛の治し方をタイプ別に紹介していきます。

片頭痛の治し方

勉強中に起こる片頭痛の治し方

先ほどの原因を見ればわかると思いますが、片頭痛は実際に勉強している場面に原因があるのではなく、周囲の環境や生活などに原因があります。

なので、自分の生活や周りの環境を見直すのが一番の治し方なのですが、片頭痛の人は自分が片頭痛であるということに自覚がないことが多いです。

また、片頭痛だと、勉強している場面に原因が無いので、日常生活の中で頭痛が起こることが多いです。

その為、市販の鎮痛剤などの薬を飲むのが効果的な治し方です。

ただ、鎮痛剤はあくまでも痛みを和らげる役割なので、そもそもの原因を見直すことは出来ません。月に何度も鎮痛剤を飲むようになったら、一度病院に行って医師の診察を受けるようにしましょう。

緊張型頭痛の治し方

勉強中に起こる緊張型頭痛の治し方

緊張型頭痛は首や肩の筋肉が凝ることが原因で発生します。その為、治し方としては、首と肩や眼などの筋肉をほぐすような適度な運動やストレッチが効果的です。

こうすることで、頭痛の原因となっている凝った筋肉をしっかりとほぐすことが出来るので、痛みは和らいでいきます。

眼に関しては、周りの筋肉をほぐすようなマッサージをするのも良いですが、数分間遠くを見つめてみるのもおすすめです。

また、いくらマッサージなどをして筋肉をほぐしても、更に勉強で長時間同じ姿勢を続けていると頭痛が起きてしまいます。なので、長時間勉強する際には、しっかりと小まめに休憩を取るようにするのも大事です。

勉強中の休憩に関しては、以下の記事に詳しくまとめているので合わせてご覧ください。

勉強が捗る効果的な休憩とは

2018.08.27

脱水型頭痛の治し方

勉強中に起こる脱水型頭痛の治し方

脱水型頭痛の治し方としては、水をこまめに飲んで、体の水分をしっかりと維持するようにしましょう。

中には、水分をジュースなどで補っている人もいるかもしれませんが、勉強中の水分補給には水が最適です。

というのも、ジュースには糖分が多く含まれています。糖分は血糖値を急激に上げてしまうので、体にはあまり良くありません。血糖値は緩やかに上げるのが良いので、必ず水をこまめにとるようにしましょう。

まとめ

勉強中に頭痛を感じた場合には、3つのタイプの頭痛が考えられます。

それぞれの頭痛で治し方や対策は全く異なるので、その特徴からどのタイプなのかを判断したうえで、しっかりと対応するようにしましょう。

また、長期に渡って頭痛が続くようなら、他の要因も考えられるので近くの病院で診てもらうのが最善です。

頭痛がすると中々勉強に集中できない上に、大切な体の事なので我慢せずに、しっかりと対応するように心がけましょう。