高校の勉強についていけない原因と対策

高校の勉強についていけない原因と対策 勉強法




高校の勉強についていけなくなったらどうしようと不安に思っている人は多いのではないかと思います。また、中には現在ついていけていない人もいるでしょう。

今回は、高校の勉強についていけなくなる原因から、対処法まで幅広く解説しています。

高校生なら誰しも関係ある内容ですので、是非参考にしていって下さい。

勉強についていけなくなる原因

そもそも、なぜ高校生になると勉強についていけなくなってしまうのでしょうか?ここでは、勉強についていけなくなってしまう原因について解説していきます。

勉強の難易度が上がる

高校の勉強についていけなくなる原因「勉強の難易度が上がる」

中学生までは苦手な科目でなかったのに、高校生になった途端に苦手科目になってしまったというパターンがよくあります。

これは、学習していることがより難しくなっていることが原因です。

例えば中学生までは語句の暗記だけで乗り越えていた科目も、高校生になると内容を理解しないと急に解けなくなってしまうということが考えられます。

難しくなった内容に対して暗記と理解の両方を行わないと、勉強についていくということが出来ません。

1回で進む量が増える

高校の勉強についていけない原因「1回で進む量が増える」

中学校の授業と比べて、高校の授業では一度の授業で進む分量が格段に増えています。

これは、学習しなければいけない範囲が同じ3年間でも大幅に増えているためです。

そこで、中学生まではテスト期間中の勉強で乗り越えていた人も、高校生になるとテスト範囲が増えて追いつかなくなるということがよく起こります。

このように、各授業毎に内容を理解しておかないと、気付いた時にはかなり遅れていることになってしまうのです。

高校で勉強がついていけなくならないための対策

ここでは、高校で勉強がついていけなくならない為に、事前に出来る対策を紹介していきます。

 予習、復習をしっかりする

高校で勉強がついていけなくならないための対策「予習、復習をしっかりする」

授業を受けてもよく分からなかったり、日が経ったら授業の内容を忘れてしまうことはありますよね。

その原因として、予習復習をしていないということが考えられます。

授業の前には、次の授業範囲に目を通しておくようにしておきましょう。そうすれば、自分では理解出来ない範囲が明確になり、その範囲をより重点的に聞くことで、効率を上げることが出来ます。

また、授業が終わってから、寝るまでに習ったことを復習しましょう。人の記憶は眠っている間に定着するので、習ったことを更に覚えやすくすることが出来ます。

このように、高校生の場合、予習復習の習慣をきっちりとつけることが成績を伸ばすのにかなり役立つのです。

小テストを大事にする

高校で勉強がついていけなくならないための対策「小テストを大事にする」

授業内で行われる小テストは、日々の授業の理解力が試されます。

その為、小テストを毎回しっかりと対策することで、授業についていけるようになります。

逆に、小テストを受けて点数が悪かった範囲はあなたが授業をあまり出来ていない範囲だということが出来ます。

日々の理解度をチェックする為にも、小テストは疎かにせずにきちんと対策して臨むようにしましょう。

どうしてもわからないところは早めに人に聞く

高校で勉強がついていけなくならないための対策「どうしても分からないところは早めに人に聞く」
理解できていない部分は後回しにせずに頼りになりそうな人に聞くようにしましょう。学校の先生に聞くのがベストですが、ちょっとした内容なら友達に聞いても構いません。

先生に質問をしに行くのが恥ずかしいと考えている人もいるかもしれません。ですが、質問せずにわからないところを抱えているままだと、後でその部分を一から勉強し直す羽目にあってしまいます。

しょうもないプライドは捨てて、分からないところはしっかりと質問することを徹底しましょう。

高校の勉強についていけないときの対処法

ここまでは、高校の勉強についていけなくならない為の方法について紹介してきました。しかし、今の時点でついていけていないという人もいるかと思います。

ここでは、そのような人向けに勉強についていけないと感じた時の対処法について解説していきます。

少し前の内容に戻ってみる

高校の勉強についていけないと感じたら少し前の内容に戻ってみる

授業内容が理解出来なくなった原因として、昔習った内容が理解出来ていないから芋づる式に分かっていないというのが考えられます。

勉強は積み重ねですので、土台が揺らいでいたら上に積んで行くことが出来ません。

その為、まずは関連する昔習った分野について一度見直してみるようにしてみましょう。

教師に相談する

高校の勉強についていけないと感じたら教師に相談する

少し前に戻っても分からない場合は、担当の教師に相談してみましょう。

教師はやる気のある生徒を好むので、親身になって相談に乗ってくれるはずです。

補習や課題などの提案をしてもらえたなら、また理解するチャンスが生まれます。

1対1で分からない範囲の説明をゆっくりと聞いたら理解度は大きく増します。是非、実践してみましょう。

塾や独学で勉強してみる

高校の勉強についていけないと感じたら塾や独学で勉強する

もしかしたら、勉強についていけない原因として高校の授業自体が分かりにくかったり、合わないということもあるかもしれません。

その場合は、その分野に関しては塾に行ったり、独学で勉強してみるというのも有りです。

新しい観点からわからない分野を見ることで、同じ内容を理解したということも起こります。大事なことは、最終的に身についたならそれでいいということです。

勉強のやり方を変えてみる

高校の勉強についていけないと感じたら勉強のやり方を変えてみる

高校の授業が早くてついていけないからといって、自分の進めるペースまで遅くしてしまうとどんどん授業の進度から離されることになってしまいます。

それでは、高校の範囲を最終的に全部終えることが出来なくなってしまいます。その為、勉強の進度は維持出来るようにしないといけません。

ノートの取り方や、勉強法自体を変えることで、授業についていけるようにするということを試してみるのも1つの手です。

効率的なノートの取り方や勉強法については、以下の記事で詳しくまとめています。合わせてご覧ください。

各科目の勉強法はこれで完全網羅!大学受験プロ式勉強法まとめ

2018.01.14

まとめ

今回は高校の勉強についていけない原因と、その対処法について解説してきました。

・予習復習を大事にしよう

・わからないところは人に聞こう

・一度塾や独学での勉強も試そう

より効率良く授業を受けて、内容をものにしていきましょう。