受験勉強に最適な照明とは?

受験勉強に最適な照明とは? 集中力アップ




勉強する時の照明はどんなものが良いのか疑問に思っている人は多いかと思います。

実際、照明が勉強に与える影響は大きく、照明を上手く活用することで勉強の効率を大きく上げることが出来ます。

今回は、受験勉強に最適な照明の使い方から選び方まで幅広く紹介してきます。

照明の光や色で勉強の集中力が大きく変わる

勉強の集中力は照明で大きく変わる

照明の光や色によって勉強中の集中力が変わるのをご存知ですか?

まず光の種類です。光の種類には大きく次の3つがあります。

・白熱灯

・蛍光灯

・LED

蛍光灯とLEDは大丈夫なのですが、白熱灯を使っている人は要注意です。白熱灯を使って勉強しているとボーっとしてくることがよくあります。これは、白熱灯は大量の熱を発して頭周辺の温度を上げてしまっていることが原因です。

「頭寒足熱」という言葉通り、頭の上の温度が高くては集中力が続きません。現在、白熱灯を使っている方は蛍光灯かLEDに変えてみましょう。

また、照明の色も集中力に関係します。集中するのに良いのは青気持ちを盛り上げるなら赤、黄、オレンジだと言われています。

勉強と色の関係について詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧下さい。

勉強と色の関係について

2018.02.12

勉強に集中しやすい照明の使い方

ここからは、勉強に集中しやすい照明の使い方について解説していきます。

勉強では手元だけ照らすべき?全体を照らすべき?

勉強中の照明は手元を照らす

机を照らすためにデスクライトを使っているけど、手元を照らせばいいのか机全体を照らせば良いのかと疑問に思っている人は多いのではないかと思います。

手元を照らすのと、全体を照らすのでは勉強の効率は大きく変わってきます。

実際は、手元を照らす方が勉強に集中できると言われています。というのも、人間の集中力は視覚から大きな影響を受けています。手元だけを照らすと、他の部分は少し暗くなります。そうすると、手元にあるもの以外の存在感が薄れます。

これによって、勉強する時には使わないものや机の周りにあるものに気をとられなくなるので集中力が大幅に上がります。なので、照明は手元を照らしましょう。

照明は明るければ明るいほど良いの?

勉強中の照明は適度な明るさにする

照明が暗いと見にくいから照明は明るいに越したことはないというイメージがあると思いますが、実は明るすぎても集中しにくくなります。

明るすぎると目がチカチカして落ち着きません。それだけでなく、明るいということは部屋にある様々なものがはっきりと見えてしまいます。視界に様々なものが入ってくると集中力は落ちてしまうのです。

逆に、照明が暗すぎると文字が見にくくなってしまいますよね。照明は適度な明るさにすることを心がけましょう。

勉強に集中しやすい照明の選び方

ここでは、勉強に集中しやすい照明の選び方を紹介していきます。

蛍光灯とLEDを効果的に使おう

まず、蛍光灯とLEDの光の違いについて説明します。

勉強に集中しやすい照明の選び方「LEDと蛍光灯を使い分ける」株式会社ラ・ポルタより引用

蛍光灯とLEDの光を比べてみると、蛍光灯の方が広い範囲を照らしていることが分かります。しかし、LEDは光の範囲が狭いから使えないということではありません。

机の上の照明にLEDを使えば必要な部分だけピンポイントで照らすことが出来て、集中力を上げることが出来ます。部屋全体の照明を蛍光灯にし、机の上の照明をLEDにするのが最も効果的だと言えます。

蛍光灯の色にも種類がある

蛍光灯の色にも種類があって、それぞれ効果が異なります。暖かい色はリラックス効果がある、青白い色は集中力を上げるなどです。

勉強に集中しやすい照明の選び方「蛍光灯の色に気を配る」

Panasonicより引用

電球色はリラックス出来そうですが、勉強していると眠くなってしまいます。その為、勉強する部屋の蛍光灯は、昼光色か昼白色にするのが良さそうです。実は、多くの予備校や塾のの自習室には昼光色の電球が使われています。

家の電気がもしリモコンで色を調節できるタイプなら勉強中は昼光色にして、寝る前に電球色に変えると、それぞれの効果を実感できるので尚良いでしょう。

まとめ

勉強する時に最適な照明について紹介してきました。

照明は全体を照らすより勉強道具の周りを照らすほうが集中出来ます。また、暖色系の照明はリラックス効果、青っぽい照明は集中力を上げる効果があります。

今回紹介してきた照明や色の効果を知って勉強の効率をアップさせましょう。